5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > 2011年12月アーカイブ

社長ブログ お墓の情報満載!! 2011年12月アーカイブ

大晦日は大倉山「楠寺」の"年越しそば振る舞い(無料)"で新年を!

 

年越しそば.jpg  

 

いよいよ2011年も今日一日となりました。

自然災害や深刻な円高など暗いニュースが多かったこの一年。

大晦日には来る年の幸運を願いながら「年越しそば」を楽しみたいものです。

「年越しそば」の由来としては色々ありますが、
「人生はそばのように細く長く生きられるように」がよく知られています。

年越しそばの風習が広まったのは、江戸時代中頃と言われています。

その他の「年越しそば」の由来としての説は以下のようなものがあります。


「門松」「しめ飾り」「鏡餅」のいわれ?

もういくつ寝ると...そんな歌が聞こえてくる季節になりました。

皆様はお正月をどう過ごされますか?

家族で過ごされる方、親戚が集まるお家、お友達と過ごされる方、
それぞれ過ごし方があると思います。


今回はお正月に飾る「門松」や「しめ飾り」などの
いわれについてご紹介したいと思います。

皆様はもうお正月の準備はお済ですか?
代表的な準備では次のようなものがあげられます。
 

門松.jpgのサムネール画像 

【門松(かどまつ)】


お正月に家の入り口に立てられる一対になった
松や竹の飾りのことで「松飾り」ともいわれます。

お正月は本来、神様(年神)が地上におりてくる日です。
門松は、神様が私たちの家におりてくるときの目印なのです。
 

しめ飾り.jpgのサムネール画像  

【しめ飾り】


正月を迎える家庭の玄関につける「しめ飾り」です。

「しめ縄」は、一名を「しめ飾り」ともいわれ、
内外の境界または出入禁止のしるしに引き渡す縄で、
神前や神事を行う場所にこれを張るときは清浄な区域であることを示します。

新年に戸口にこれを張るときには災いをもたらす神や
不浄なものが内に入らないようにとの意味がこめられているとのこと。
 

鏡餅.jpgのサムネール画像 

【鏡餅(かがみもち)】


室町時代に始まった風習で、鏡餅は神様と人を仲介するものであり、
一年間の幸せを願うおめでたい日に神前にささげた餅を
みんなで分け合って食べることで、神様の祝福を受けようとする風習の名残です。


今年も残すところあと二日です。


おわすれの準備があればお早めに!

 


年越しは、楠光さんゆかりのお寺「楠寺」で!

 

廣嚴寺・楠寺.jpg

「除夜の鐘」と「年越しそば」で新年を! 23時30分頃から。


神戸の大倉山にある「楠寺(くすのきでら)」。

神戸市営地下鉄「大倉山」駅から徒歩約2分という街なかにあるのが
ウソのような閑静な佇まいの庭園が静かに時を刻んでいます。

この界隈は天下の名将、楠木正成公にゆかりが深い土地柄で、
「楠光さん」の愛称で親しまれている「湊川神社」が有名ですが、
このお寺も楠木正成公とゆかりが深い。

開山は元徳元年(1329年)、明極楚俊(みんきそしゅん)禅師が
後醍醐天皇の命を受けて創建したというから、700年近くの歴史があります。

その後、湊川合戦で敗れた楠木正成公とその一族の
菩提寺となったことから「楠寺」の通称名が付いたのです。


正式には「醫王山 廣嚴寺(いおうざん こうごんじ)」といいます。


「楠寺」では、茶会や落語会など年間行事を随時開催しておりますが、
年越しは無病息災と家内安全を祈願して、除夜の鐘をつくことができます。

煩悩を払ったあとは、本堂の座敷や境内で年越しそばの振る舞い(無料)も。

良き一年の始まりにあたたかいお蕎麦で身体を温めて、
初詣に出かけてみてはいかがですか。


【除夜の鐘・そば振る舞い】

12月31日(土)23:30分頃から(無料)


 


信頼できる会社、信頼出来る社長です。(神戸市須磨区/松村浩孝様)

松村家1.JPGのサムネール画像


この度、平成23年11月に弊社にて墓碑建立をさせていただいた
松村浩孝様から大変光栄な「お客様の声」を頂戴いたしました。

ここに、原文にて掲載させていただきます。

 

私は2月に実父をなくし何処の石材店にお願いしようかと迷ってました。

2軒目に第一石材の能島社長と出会い、
この社長にお任せすれば間違いないと直感しました。

結果100%満足出来るお墓を建てていただきました。 

予算の都合で外国産の石材で建てましたが、 
こちらの要望を全て受け入れて頂き、
質問に対して何でも親切に丁寧に応対してくれました。 

強引な営業や契約をせかすことが全くなく、
大変失礼ですが頑固そうなイメージがありましたが、 
全く逆の温厚な社長です。 

他にも石材店廻る予定ですと返事しても、
嫌な顔せずどうぞ他も廻って下さいと返事頂きましたが、 
結局第一石材さんのあとは廻りませんでした。  

取り敢えず民間墓地でお墓を探す方は、 
安易に訪問すると初めに会った業者に
自動的に契約するシステムになる民間墓地が多いので、

まずは第一石材に行って相談することをお勧めします。 

直接外国に行って買い付けもされてる様です。 
第一石材に1番に行って、2軒、3軒目を行けば良いと思います。

職人さんも親切でマナーも大変よく、
今回嫌な思いは一切ありませんでした。

信頼できる会社、信頼出来る社長です。  


神戸市須磨区  松村浩孝



松村様


身に余るお褒めの言葉を頂き、有難うございます。

これからも、確かな製品を確かな技術でお届けできるよう、
社員一同、頑張ってまいりたいと思います。




 


1

« 2011年11月 | メインページ | アーカイブ | 2012年1月 »

このページのトップへ