5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > 2014年1月アーカイブ

社長ブログ お墓の情報満載!! 2014年1月アーカイブ

兵庫県内独占販売・シンプルなラインで構成された気品あふれるデザイン墓石

デザイナーズブランド墓石「カーサ メモリア」/YUKA ユウカ

画像1.jpg

 

ロー&ワイドで安定感のあるシルエット。
美しさ&機能性が合わさったベンチが印象的。
シンプルなラインで構成された気品あふれるデザインに仕上がっています。

 


画像2.JPG

 

この「YUKA」のデザインを基本ベースにし、
墓園の施工規定に合わせて、一部デザインを変更いたしました。

最近では、過剰な装飾を施したデザイン墓石が多い中、
長く使うものだけに「Simple is best」を追求いたしました。

 

 

画像3.JPG

 

周囲の風景が写るほど磨きこんだ墓碑銘に、
墓石デザイナー・福田和哉氏制作の「心」の文字を、
香川県、「庵治・牟礼」の碑銘彫刻師・宮本力夫氏の匠の技にて彫り上げました。

 


画像4.JPG

 

段差が少なくお参りのしやすいバリアフリーの外柵フロア部には、
緩やかな曲線の重なりで表現された、日本伝統の模様「美弦」を彫刻いたしました。

外柵の左側には、手荷物置きとしても利用できるベンチを設置し、
右側に配置した墓誌(霊標)は安全性を考慮しホゾ組み式台座仕様にしてあります。

 

 

作品データ

■相生市立東部墓園(兵庫県相生市)

■区画面積 4.0㎡(間口200cm×奥行200cm)

■石碑:幅104cm×奥行87cm×高さ84cm

【使用石種】YKD(インド・タミルナドゥ州産)
      213(中国・湖南省産)
    
■外柵:幅198cm×奥行198cm×高さ15cm

【使用石種】YKD(インド・タミルナドゥ州産)
      213(中国・湖南省産)

 

 

「カーサ メモリア」は兵庫県では㈱第一石材だけでの取扱です。

「カーサ メモリア」の墓石について詳しくはコチラまで



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

第25回「墓石大賞」に選出されました![神戸市立鵯越墓園]

弊社にて建立させていただきましたオリジナルデザイン墓石「佐藤家墓碑」が、
2013年(平成25年)8月に東京で行われた『霊園ガイド』(株式会社六月書房発行)主催の、
「第25回墓石大賞」において、“墓石大賞”に選出されました。

 

2013.jpg

 

 

第19回(2007年)、第20回(2008年)の2年連続受賞、
第23回(平成23年)、第24回(平成24年)の受賞に続き、
今回で3年連続、計5度目の“墓石大賞”を頂くこととなりました。

 

 

選考委員

村上 恵一氏(公益社団法人 全日本墓園協会事務局長)
小谷 みどり氏(第一生命経済研究所主任研究員)
酒本 幸祐氏(株式会社六月書房 代表取締役)

 

 

選評

2.JPG

 

究極のシンプルさを求めた、洗練されたデザインの墓石だ。

施主自体が基本デザインを考えたということだが、
ともすると装飾過多に陥りがちなオリジナルデザインの墓石で、
花立・香炉・水鉢を全て排した潔さは見事である。

石材の配色も良い。

どこか茶道に通じるものを感じる。

 

 

第25回「墓石大賞」受賞作品紹介

とにかくシンプルでローワイドのデザイン墓石でということで、
先ずは、お施主様自身がお好みのイメージの形をラフスケッチにて描かれ、
それをもとに、構造面・機能面等を考慮しながら、当社にてアレンジさせていただきました。

墓所が公営墓地につき、枯れたお花の処分や自身の墓所内の掃除は自らがする必要があるため、
汚れの原因となる花立・香炉・水鉢を一切排除したデザインを希望されました。

 

3.JPG

 

総御影石張りの墓所内フロア部分は、お参りのしやすいバリアフリータイプにて設計し、
墓参の際には、故人とゆっくり語り合っていただくためのベンチを向い合せに設けました。

通常、デザイン墓石への家紋彫刻はあまり似合わないケースが多いのですが、
外柵中央に彫り入れた「源氏車」の家紋はワンポイントとして墓石のデザインに上手くマッチしました。

墓碑銘には、有名書道家が数点揮毫した中から選んだ「和」の文字を、
香川県「庵治・牟礼」の碑銘彫刻師・宮本力夫氏の匠の技にて深く美しく彫刻いたしました。

ペイントを施さずとも文字がくっきり浮き上がって見えます。

最近では、多くの石材店がパソコンのフォント文字を使用し、
全自動字彫り機や安価な中国での字彫りで仕上げた墓石が数多く流通しています。

一般消費者の方々に石の良し悪しや加工精度を見分けるのは至難の業ですが、
彫り上がった文字の良し悪しは、誰が見ても一目で違いが分かるほどの差があります。

書には『こころ』が込められています。

人が描いて、熟練職人が丹精込めて彫り入れてこそ想いが伝わるのでは思うのですが…


 

作品データ

■神戸市立鵯越墓園(兵庫県神戸市)

■区画面積 4.0㎡(間口cm200×奥行200cm)

■石碑:幅116cm×奥行82cm×高さ37cm

【使用石種】G354/中国マホガニー(中国・山東省産)
      G623(中国・福建省産)
    
■外柵:幅200cm×奥行200cm×高さ30cm

【使用石種】G354/中国マホガニー(中国・山東省産)
      G623(中国・福建省産)

■基本デザイン:佐藤 顯一 様

■設計・製作:株式会社 第一石材


top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

1

« 2013年9月 | メインページ | アーカイブ | 2014年6月 »

このページのトップへ