5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > 2015年7月アーカイブ

社長ブログ お墓の情報満載!! 2015年7月アーカイブ

お墓には当たり外れがある?(8)文字の当たり外れ(神戸・兵庫の墓石編)

文字の彫刻方法の移り変り

墓石に使用する石材の質や加工精度、構造、施工の良し悪しは、
一般消費者にとっては、極めて分かりにくいものだと思います。


しかし、墓石に彫刻する文字の良し悪しは誰でも分かります。


ひと昔前までの、墓石への文字彫刻と言えば、
書家直筆の文字を、字彫り職人がノミで彫り上げていく、
いわゆる「手彫り」という手法がごく当たり前でした。


731a.jpg

ところが、この彫刻方法を大きく変えたのが、
コンプレッサーによる圧縮空気に研磨材を混ぜて吹き付け、
文字を彫刻する「サンドブラスト」という工法です。


731b.jpg

近年の文字彫刻においては、「手彫り」はほとんどなくなり、
サンドブラスト工法にて墓石文字を彫るのが一般的となりました。

手彫りにしても、サンドブラスト工法にしても、
仕上りの良し悪しは、やはり、職人の技術力によって大きく差が出ます。


書家直筆文字かコンピュータ文字か

墓石に彫刻する文字が、どのような文字かというのも、
字彫り職人の技術力以前の問題として大きく影響してきます。

...と言いますのは、最近では、コストや手間の問題で、
書家直筆の文字を使用する石材店はだんだん少なくなっています。

おそらく、半分以上の石材店が、墓石彫刻文字専用ソフトで制作した、
コンピュータ文字を使用して墓石に彫刻をしているでしょう。

年賀状や暑中見舞いの宛名印刷ならまだしも、
墓石に彫刻する文字は、50年、100年とそこにあり続け、
代々受け継がれていくものだけに、なんかもの悲しい気持ちになります。


731c.jpg

全自動字彫りロボット


コンピュータ文字だけでも、どうかと思うのですが、
それに加え、最近では、文字の彫刻も中国で行われたり、
全自動字彫りロボットによる墓石文字彫刻も行われています。

墓石に彫刻する文字も、石と同様に「素人が見ても違いが分からない」
...と思っている人のために、どれほどの違うのかをご紹介しましょう!


731d.JPG

先ずは、当社がお願いしております、書家・千葉正幸氏直筆の文字を、
日本三大石材加工地の一つである、香川県高松市「庵治・牟礼」の中でも、
卓越した技術を誇る碑銘彫刻師・宮本力夫氏が彫刻した墓石です。


731e.JPG

これは、中国の字彫り工場で見かけた「南無阿彌陀佛」を彫刻した墓石。
文字は、もちろんコンピュータ文字です。

さすがに、この違いなら分かりますでしょう!
この文字で、お施主様に納品できるのが不思議なくらいです?

文字は、一般消費者の方が見ても違いが分かるのです。


これだけの差があるのを石材店は分かっているはずなのに、
なぜ、コンピュータ文字を使い、中国で文字彫りを行うのでしょう?


それは、ただ単に安いからです!それ以外に何もありません。


いくら良い石を選んでも、文字彫りが悪ければ墓石は映えません。

文字彫刻の当たり外れにも十分な注意が必要です!


  ~つづく~



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

お墓には当たり外れがある?(7)国産墓石のハズレ!(神戸・兵庫の墓石編)

「お墓もやっぱり国産!」それで安心?

お墓は自然素材を材料とし、人の手でつくり上げていくものだけに、
当たり外れがあることは、これまでのブログでご理解頂けたかと思います。

しかし、消費者側からすれば、お墓は食べ物や日用品とは違い、
一生に一回買うかどうかのもので、買い替えがきくものではありません。


ましてや、安い買い物ではなく高価な買い物なのです。


それだけに、「大当たり」は望まないとしても、
「ハズレ」だけは絶対に避けたいと考えるのも当然です。

ならば、少しでも「ハズレ」のリスクを少なくするため、
「中国産の墓石よりも国産墓石!」と考える人も少なくありません。


07171.png

最近、中国から日本に数多くやって来て「爆買い」をする、
中国人の富裕層の人たちだって「made in China」は買わないんだから…


「やっぱり、日本のモノが安心よねぇ」と考える人は結構います。


ところが、お墓は国産墓石を選べば絶対安心とは言えません!


その理由は、日本に流通している「国産墓石」呼ばれるものの多くは、
実は、中国の石材加工工場で製品加工されているのです。


つまり、材料の石材は国産だが、加工は中国なのです。


そうなると、これまでのブログに書かせて頂いた、
様々な「当たり外れ」の要因が国産墓石にも当てはまるという事です。


中国加工の国産墓石の「ハズレ」はひどい!

中国やインドの石を中国で加工し外国産墓石として輸入されるものより、
日本の石を中国に送り、中国でつくられる国産墓石の方がハズレが多い。


その理由をいくつか挙げてみましょう。


①精神的にショック!

消費者は「なぜ」国産墓石を購入したのかが問題です。

国産墓石を購入される多くの方は、安心感を求めてのものでしょう。

その国産墓石が中国で加工されていると聞かされていたとしたら、
はたして、その国産墓石を購入していたかどうかです。

日本の現行法律では、素材が国産ならば、加工地が中国であっても、
「国産墓石」と表示して販売することは全く問題はありません。


つまり、業者はあえて中国で加工したと言う必要がないのです。


多くの消費者は、これら中国加工の国産墓石を日本でつくられているものと、
勝手に思っているだけに、後で分かれば精神面ではかなりショックでしょう!


07172.jpg

電化製品や衣料品などは、日本のメーカーのものであっても、
「made in ○○」と、きちんと生産地が表示されているんですがねぇ…


②とりあえず「国産」ではある!


近年では、大量の日本の石が中国に送られています。

それらは、中国に送られていない石種を探す方が難しいくらい、
ほとんどと言っていいくらいの日本の石が中国に送られています。


ただ、本当に良い石は中国には送られません。


どちらかというと、同じ石種での中でも中間から下のランクの石、
時には、明らかに「問題あり」という状態の石も送られているのです。

日本の加工業者が、採石業者から原石を仕入れる場合、
品質に問題があった場合には、ほとんどの場合は取り替えてもらえます。

ところが、中国の石材加工工場に原石を輸出する際には、
原石に問題があっても、基本的には取り替えはいたしません。


07173.JPG

中国の工場側としては、それが粗悪な原石であると分かっていても、
墓石等に製品化して、お金に換えないと仕方がないというのが言い分です。

そのような粗悪な原石は墓石として使用せず、良い石だけを使うとなると、
歩留まりが悪く単価が高くなり、中国で加工する意味がなくなるのです。

そして、結果的として「国産墓石なら安心だと思って買ったはずなのに」
ということに気が付いた時には、すでに購入後なのでどうにもできません。


③はたしてお買い得なのか?

消費者は安心を求めて国産墓石の購入を検討するのですが、
やはり、それでも値段は安いにこしたことはありません。


そのため、複数の石材店、墓石店に見積もりを依頼します。


日本国内で全てを加工する「純国産墓石」を扱う業者の見積りと、
中国加工の国産墓石を扱う業者の見積りとは、当然価格に差が生じます。


また、ほとんどの見積書には「中国加工の国産墓石」とは書いていません。


多くの消費者が、見積書の中で先ず目が行くのは値段です!


そうなると、「純国産墓石」と比較すると、明らかに値段が安い、
中国加工の国産墓石を選んでも何ら不思議なことではありません。


07174.jpg

結果として消費者にとっては、「安かろう悪かろう」になるのですが、
安かろうと言っても、国産の石だけに極端に安いわけではありません。


これって、はたしてお買い得なのでしょうか?

 

中国加工の国産墓石の存在意義?

このように、国産墓石と言えども必ずしも安心はできないのです。

現在の私たちの身の回りのモノは「made in China」であふれています。

日用品や消耗品など、買い替えのきく商品や使い捨てのものなら、
中国産でも問題はないでしょうし、生活面ではありがたい存在です。


07175.jpg

しかも、品質面でも何の問題もない中国産商品も数多くあります。


しかし、日本の石を中国で加工する国産墓石に関しては、
「良い製品をより安く!」というような考え方は存在しません。


日本で加工するより安ければそれでいいのです!

そして、消費者に安く提供できればいいのです!


つまり、売る側が商売として成り立てば良いという事です。


そこには、消費者は不在なのです。


私ども第一石材では、中国で加工する国産墓石は一切取り扱っておりません。


第一石材がお薦めするベストな選択!

予算が十分にあるのならば、国内の石材産地の一流工場でつくる、
 「純国産墓石」がなによりもベストでしょう。

値段の安い国産墓石を求めるとリスクを伴います。
 すなわち、中国加工の国産墓石となるでしょう。

国内加工ならば全て良しというわけではありません。
 国内加工でも加工工場の技術力が低ければ全然ダメ!

中国産やインド産など、外国産の石でも良いものは多くある。
 中国内でも、技術力の高い加工工場を選ぶことが重要です。

素材選びも大切ですが、部材の結合の仕方や、
 カロート(納骨室)内に水が入らないなど、
 構造面を考慮した設計の墓石を考える事の方が最も重要です。

結果、中国加工の国産墓石を購入するより値段も安く、
 品質もデザインも、構造面でも優れた墓石ができるのです。



           ~つづく~




top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

お墓には当たり外れがある?(6)「加工の旬」による当たり外れ(神戸・兵庫の墓石編)

文化の違いによる当たり外れ?

加工の旬とは、中国の石材加工工場で墓石製品をつくる場合には、
加工をする時期によって「当たり外れ」があることです。

この「当たり外れ」が生じる背景には、中国の文化と、
中国の石材加工工場で従事する、石職人の雇用形態に起因します。


先ずは、中国の「旧正月」を重んじる特有の文化があります。


日本の近年のお正月と言えば、通常より休みが多いという程度の事ですが、
中国における「旧正月(毎年節分あたり)」は、一家の特別行事なのです。


071.jpg

旧正月における大晦日から元旦を迎え、15日間の全てが旧正月なのです。

中国の旧正月は、家族全員が一同に集まり年越しをお祝いするのです。


中国の石材加工工場に従事する石職人の多くは、
中国内陸部の貧しい地域から出て来た出稼ぎ労働者が中心です。

そのため、旧正月の時期には郷里に帰って家族と過ごすため、
1カ月近くの休みを取るのが当たり前となっています。


その期間はもちろん工場も休んでいるところが大半です。

072.JPG

旧正月が近くなると、石職人たちの多くは「心ここにあらず」で、
どうしても、加工ミスなど製品精度に影響が多く出てくるのです。

加工ミスと言うよりは「こんなもんでいいんじゃない!」
...と言う方が適切な表現かも分かりません。


すなわち、1月中旬以降に中国で墓石の加工をすると、
「当たり外れ」に遭う確率がかなり高くなるのです。



日本では考えられない事かも分かりませんが、
これは、文化の違いなのでいたしかたありません。


雇用形態による当たり外れ

日本の石材加工工場に従事する石職人の雇用形態は、
その他一般の職種と同様に固定給制度というのが基本です。

しかし、中国の石材加工工場の場合はこれとは異なり、
完全歩合給で、なおかつ一年間の雇用契約とういう特殊な形態です。

例えば、9寸サイズの墓石の棹石を加工して検品に合格すれば○○元、
8寸型の花立て1対を加工して検品に合格すれば○○元という具合です。

原石を切り、手間暇かけて部材を磨き上げていき、
最後の行程で比較的大きなタマ(アザの様なもの)が出たとしましょう。


073.jpg

この場合、日本の工場では、当然、別の原石を使ってつくり直します。


そして、そこに至るまでにかかった手間暇に関しても、
固定給制度なので、石職人にも当然賃金が支払われます。

しかし、中国の石材加工工場の場合は完全歩合制のため、
製品が検品に合格してはじめて賃金となるのです。

つまり、加工途中にタマなどが出て、検品に不合格となった場合には、
それまでにかかった時間は賃金として見てもらえず無給となるのです。


これが、中国の石材加工でゴマカシが頻繁におこる原因なのです!


なんとかごまかして、検品にクリアすれば賃金になるからなのです。


家族から遠く離れた地から単身赴任で、工場の汚い宿舎で暮らし、
旧正月から次の旧正月までの1年間が工場との雇用契約期間です。

ひと昔前の、貧しい中国の時代なら我慢ができたかも知れませんが、
誰でもがスマホを持っているくらい裕福になった現在の中国においては、
わざわざ家族から離れ、完全歩合制という不安な賃金形態で、
「きつい」「汚い」「危険」という『3K』の職種を選ぶ必要もなく、
家族の居る郷里で、建設・土木などの作業員として働く方を選ぶ者も多く、
近年では、旧正月が明けても工場に戻って来ない石職人が数多くいます。


074.JPG

工場としても、これでは困るので、石職人の賃金を上げたり、
工場や宿舎の環境整備をはかったりと企業努力に努めていますが、
日本と同じく石職人の仕事を選ぶ人は少なくなりつつあります。

そうは言っても、工場としても他の工場から石職人の引き抜きをしたり、
新たな石職人の養成など、いろいろと策を講じていく必要があります。


それが、ちょうど旧正月明けの時期にあたるのです。


毎年、旧正月明けの3月から4月頃の人の入れ替わり時期は、
製品精度に大きく影響が生じ、当たり外れが出るのです。


私が思うには、当たりより「ハズレ」の方が多いのですが...


私どもでは、毎年1月中旬から4月あたりまでは現状の把握に徹し、
中国での墓石加工は行わないようにして「ハズレ」を回避しています。

消費者の方々は、このあたりの中国事情も踏まえて、
お墓づくりを依頼をする石材店と時期を考える必要があります。


お墓は「ハズレ」が当たってしまうと次はありませんよ!


         ~つづく~



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

お墓には当たり外れがある?(5)「石材の旬」による当たり外れ(神戸・兵庫の墓石編)

お墓づくりには「旬」がある?

食べ物にも「旬」があるように、お墓づくりにも「旬」があります。


701.jpg

「旬」と言えばとても聞こえが良いですが、お墓づくりの時期によって、
製品の良し悪し、すなわち「当たり外れ」があるという事です。

とは言っても、日本国内での加工の場合にはさほど影響はなく、
旬があるのは、中国の石材加工工場で加工される墓石製品の場合です。

日本国内のお墓づくりの場合は「製品の旬」というより、
寒冷地の地域などでは「施工の旬」があります。

雪の多い地域の冬場では、工場内で墓石の加工は出来ても、
墓所での基礎工事や、墓石の設置工事を行うことが出来ません。

「施工の旬」の場合は、冬の寒い季節が過ぎ、春が訪れ、
雪が解けてから工事を行えば問題はありませんが、
「製品の旬」の場合は、墓石自体の精度に影響が出ますので大問題です。

この、中国加工の「製品の旬」には素材の旬、いわゆる"石材の旬"と、
墓石製品の製品精度、すなわち"加工の旬"との二つがあります。

どうして国内加工の墓石には「旬」がそれほどなくて、
中国で加工される墓石には「旬」があるのでしょうか?


では、ここでは、「石材の旬」についてご説明させて頂きます。


「石材の旬」による当たり外れ

日本の石材産地の中で、最も寒い地方と言えば東北産地です。


しかし、東北地方がいくら寒いと言っても、
石材の採掘作業ができない時期はごくわずか期間かと思います。


702.jpg

また、その他の国内の石材産地である茨城県や愛知県、
そして、庵治石や大島石が採掘される四国の産地、
内垣石や天山石が採掘される九州の産地などは、
雪の影響で採石丁場が閉鎖となることはほとんどないでしょう。

しかし、中国の場合は日本と違って国土が広いため、
大島石によく似た石目で、西日本で人気の高い、
通称「黒龍石」が採掘される中国北部の黒龍江省は、
冬場には、氷点下20℃以下にも気温が下がる極寒の地です。

したがって、この地では毎年6月ごろから原石の採掘が始まり、
10月中旬くらいには、その年の採掘が終わってしまうのです。

ここ数年は、円安の影響で「黒龍石」の単価が高騰したため、
以前と比べると需要が少ないので、品薄の心配はそうありませんが、
仮に大量需要があった場合には、やはり原石を採掘中の夏場の方が、
丁場閉鎖の冬場と比べると、良い原石を選べる確率が高くなります。

また、季節に関係なく、中国政府の政策で採石中止になっている丁場や、
原石の採掘量に制限を掛けられている丁場などもあります。


その他、採石される地層によって良い石が採れない時期があります。


これに関しては、何も中国産の石材だけという事ではなく、
国産石材も含め、世界中のあらゆる石材に当てはまります。

「今年の○○石は、あまり良くない」というような事は、
石は自然界の産物だけに当然あり得ることです。


703.jpg

また、同じ石でも色目が大きく異なる石種もありますので、
石材店にあったサンプルと実際の墓石とが極端に違う場合もあります。

したがって、最新の石材情報に精通した石材店に相談することが、
「石材の旬」による当たり外れの被害に遭わないための最良の方法です。


              ~つづく~



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

1

« 2015年6月 | メインページ | アーカイブ | 2015年8月 »

このページのトップへ