5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > 2015年11月アーカイブ

社長ブログ お墓の情報満載!! 2015年11月アーカイブ

これでいいのか!?墓石業界!(2)施工基準がない業界

2015年3月に、建築用免震ゴムの大規模なデータ改ざん発覚、
2015年11月には、横浜市のマンションが杭打ちの手抜きによる傾き、
…と、今年は建築業界の不正が社会的に大きな問題となっています。


1124a.jpg

 


では、墓石業界は大丈夫なのでしょうか?


答えは、墓石業界ではこのような問題は起こりません。
なぜなら、「建築基準法」のような規制法律がないからです。


つまり、どんな工事をしようが法的には問題ないのです。

 

1.地面を十分な深さまで掘り下げ、割栗石や砕石を入れて転圧をし、
  鉄筋を組み上げ、コンクリートを流し込み基礎工事を行う基礎工事。
2.地面の表面の土を3㎝ほど取り、モルタルを敷くだけの基礎工事。
3.基礎工事など全く行わない業者。



1124b.JPG

この他にも、軟弱地盤などの場合には、地盤沈下を防ぐために、
特殊工法を用いた基礎工事を行う場合もあります。


これらは、すべて、それぞれの石材店が決める事なのです。


では、仮に法的に問題はないとしても、地震が起きたら大丈夫なのか?
また、年数が経つと共に墓石が傾いたりはしないのか?


全然、大丈夫ではありません!


事実、20年前の阪神・淡路大震災では数多くの墓石が倒壊しました。


1124c.jpg

この地震を機に、被災地・神戸にて開業することになった当社では、
基礎工事の重要性を再認識し、建墓に関する工法を根本的に見直しました。

また、全国的にも、お墓に関する地震対策への関心が高まり、
現在では、さまざまな墓石用地震対策製品が販売されています。

けれども、地震に関しては地震対策製品により性能が異なるのと、
いくら優れた性能の地震対策を施したとしても、
基礎工事が万全でなければ何の意味もありません。

ただ、家やビルなど、建物の倒壊に関しては大きな話題になり、
建築に関わる法改正や工法の見直しがされていくのですが、
お墓に関しては、それほど大きく変わることはありません。


火山国日本では、今後もいつ大きな地震が起きても不思議ではありません。


それがもし、お盆やお彼岸など、お墓参りの多い時期に起こったとしたら、
1基数百kgもある墓石が墓参者の上に倒れてくるかも知れないのです。


想像するだけでも恐ろしいことです。 


現状において、規制法律がある無しはともかくとして、
「墓参者を守る」そして「ご先祖様も守る」ためにも、
一定基準の施工を行うことが石材店としての務めではないかと考えます。


今の時代、基礎工事を行わない墓石工事なんて論外です。


       
                                      ~つづく~




top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

これでいいのか!?墓石業界!(1)商売は面倒くさくて当たり前

このところ、と言っても、ずいぶん以前からの話ですが、
同業他社の人たちから「最近のお客は面倒くさい」、
「いろいろと注文が多い」などと言う声をよく耳にします。

確かに、近年お墓の購入を考えておられる消費者の方たちは、
いろいろなご注文やご要望をおっしゃられるのは事実です。

しかし、他の業界ではずいぶん前からそれが当たり前なのです。

例えば、クルマを購入する際に、メーカーや車種を選ばず、
すべてを営業マンにお任せで注文する人がどれだけいるでしょう?

家を建てるときに、住宅メーカーや工務店に見積りも依頼せず、
ポンとお金を払って建てる人がどれだけいるでしょう?


そんな人はほとんどいないはずです。


ところが、私たちの業界では、ほんの十数年前まで、
「何も分からないから石材店におまかせ」というのが大半だったのです。
(地域によっては、今でもあるかも・・・)


私がこの業界に入って一番ビックリしたのがこの部分でした。


30年近く前には、まだ「デザイン墓石」なるものは世になく、
キリスト教徒の方のお墓以外は大半が「和墓」の時代でした。

そして、詳細を記した見積書や墓石の設計図もなく、
お墓に使用する石の種類は「松」「竹」「梅」の3ランク、
カタチは「A」「B」「C」の3種類位の中から選んで頂くというものでした。


これで、一式150万円、200万円、300万円、てな具合になるわけです。


「途中は無いんか!」と言いたいくらいキリのいい数字です。


お墓という高額商品を、こんな売り方をする業者にも問題がありますが、
これで、すんなりと買う消費者も如何なものかと思います。


商売というものは「面倒くさくて当たり前」ではないでしょうか。


131.jpg

家庭でつくる料理より、割烹で出される料理の方が、
何倍も手間も時間もかかり、何倍も面倒くさいはずです。


132.jpg


しかし、プロの料理人は「面倒くさい」なんて言いません。


133.jpg

私たち石材業界も、ずいぶん以前には、切り出された石をノミで削り、
一つ一つの墓石を、すべて人の手で手間暇かけてつくっていました。

その後、機械化が進み、今では、市場に流通している約80%の墓石が、
中国の石材加工工場でつくられ、完全な製品として輸入されています。


134.JPG

つまり、ほとんどの墓石小売店は、お施主様が要望される墓石を、
石材商社等を通じて仕入れ、墓所での施工をしているだけにすぎません。


それで「面倒くさい」なんて・・・

供養産業から単なる「モノ売り」になってしまったのか・・・


これでいいのか!?墓石業界!


今一度、私たち墓石業界は「商いとは何か?」を考える必要があります。



         ~つづく~



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

1

« 2015年8月 | メインページ | アーカイブ | 2015年12月 »

このページのトップへ