5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > 2017年4月アーカイブ

社長ブログ お墓の情報満載!! 2017年4月アーカイブ

納骨室に絶対雨水が入らないお墓「信頼棺®」ってどんな墓石?(2)和墓・洋墓など、あらゆる墓石に対応可能です! 

「信頼棺®」はどんな形の墓石にも対応可能です!

前回のブログ「(1)お墓の中に水や虫が入ることをご存知ですか?」では
一般的に知られていない、お墓の中に水や虫が入る事実をお伝えしました。

現在、日本全国で建てられるほとんどのお墓の構造は、
富山県の一部の地域の墓石以外は水が入ってしまいます。


170428_1.jpg

それも、大切なお骨を納めているカロート(納骨室)へ入り、
雨水がたまり、お骨がプカプカ浮いていることもあるのです。

この「お墓の水対策」を何とかできないものかと新開発したのが、
当社、㈱第一石材の特許出願墓石である「信頼棺®」なのです。

170428_2.jpg

2016年(平成28年)2月に特許出願(特願2016-025944)、
同年2月「信頼棺®(しんらいかん)」という名称にて、
商標登録(第5905643号)をさせて頂いた当社の独自技術です。

最近のお問い合わせで、「水が入らないお墓にしたいのだけれど、
「信頼棺®」は特殊なカタチなのでは?」と言うご質問を頂きました。


「信頼棺®」は、見た目には従来の墓石となんら変わりません。


170428_3.jpg

関西の和型墓石である「神戸型」「大阪型」「京都型」をはじめ、
中国地方の「岡山型」「広島型」、中部地方の「名古屋型」、
そして、東京を中心とする関東方面や東北地方ぼ墓石など、
ほぼ全国の墓石の形にて"水が入らないお墓"への対応が可能です。


また、「信頼棺®」は和型墓石だけではなく、
洋型墓石やデザイン墓石にも対応できます。



170428_4.jpg

もちろん、芝生型の墓石にも対応可能です。


「信頼棺®」はこれまでの墓石と全く違った構造ですが、
「見た目に違和感があるのでは?」という心配は一切無用です!


「信頼棺®」は読んで字のごとく"信頼できる棺"です。


外側からは見えない部分に独自構造を施していますので、
お施主様のお好みに合わせた形状の墓石に対応できるのです。

だた、墓地の形状・面積や霊園規定などにより、
まれに、対応できない場合がありますので、
詳しくは当社まで直接お問い合わせください。

当社では、電話によるセールスや後追い訪問営業は、
一切致しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。


お客様の声

神戸市にお住いのMY様は、これまでのお墓を改葬されるにあたり、
「納骨室に水が入らない構造の洋墓」をご希望されておられました。


170509.jpg

MY様が想定内のご予算にて、オリジナルデザイン墓石仕様にて、
「信頼棺®」構造の墓石をおつくりさせて頂くことが出来たようです。

MY様の「お客様の声」はコチラをご覧ください。

お知らせ

"防水構造を備えたお墓"「信頼棺®」は、特許出願(特願2016-025944)、
商標登録済み(第5905643号)の第一石材だけの独自技術です。

「信頼棺®」に関しましては、当社の地元、兵庫県はもとより、
全国各地の方々から数多くのお問い合わせを頂いておりますので、
当社と交友のある他府県の優良石材店様にご協力を頂きながら、
可能な限り、全国各地のエリアに対応させて頂いております。


詳しくは、当社、㈱第一石材までお問い合わせください。


                          ~つづく~


納骨室に水が入らないお墓「信頼棺®」について詳しくはコチラまで!                                     

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

納骨室に絶対雨水が入らないお墓「信頼棺®」ってどんな墓石?(1)お墓の中に水や虫が入ることをご存知ですか?

お墓の中に「水が入る」「水がたまる」って本当!?

大切な家族やご先祖様のお骨を納めているお墓。


納骨後に「お墓の中を覗いてみたことがある」という人は、
いったいどのくらいの割合でいるのでしょうか?


おそらく、ほとんどの人は経験がないと思います。


実は、「お墓の納骨室中が水浸し」
...ということがあるのをご存知ですか?



「そんなはずはない!」と多くの方は思われるでしょう!


納骨をした際には石材店に立ち会ってもらったし、
納骨後にはきちんと目地止めをしてもらっているので、
「そんなはずはない!」と思われることでしょう。


でも、実際に水が入るのです。


たまった水にお骨が浮いていることもあります。


170424_1.jpg

これは、神戸型を含む関西方面の墓石はもちろんのこと、
富山県のごく一部の地域でつくられる墓石を除き、
日本全国でつくられる墓石のほとんどが、
水が入っても仕方がない構造になっているのです。

この事実は、お墓の仕事に長く携わっている者ならば、
知らない人はいないくらいの周知の事実なのですが、
なぜか「入るのは仕方がない」程度に思われてきたか、
長年の慣習で、それすらも意識をしていないかも分かりません。


事実、私も数年前まではそのように思っておりました。


170424_2.jpg

170424_3.jpg

また、水が入るだけではなく、ムカデやゲジゲジが居たり、
クモやハチが巣を作ったりすることも珍しくありません。


中には、ヘビが住みついていたという話も耳にしました。


カロート(納骨室)に水が入らないお墓を新開発

良い石を使い、見た目には豪華で立派なお墓であっても、
大切なご先祖様のお骨を納めてあるカロート(納骨室)の中は、
このような状態になっていることはあまり知られていないのです。

「お骨が土に還るためにはある程度の水分が必要!」
...という解釈をされる石材店もあるようですが、
ある程度の水分と、水が溜まるのとは意味が違いますし、

水だけにとどまらず、虫が住みついていたりしても、
大切なお骨を納める場所としてふさわしいと言えるのでしょうか?

このような悩みを抱えていたお客様からのご相談を受け、
新しく開発したのが、当社独自の特許出願構造の墓石、
"防水構造を備えたお墓"「信頼棺®(しんらいかん)」です。


「信頼棺®」は全く水が入らない新構造の墓石です。


もちろん、クモやハチなどの虫が入ることもありませんので、
ご先祖様が安心して眠って頂ける空間をご提供いたします。


お客様の声

2013年11月、兵庫県在住の富士山万歳さん(仮名)は、墓碑建立にあたり、
お母様のご実家のお墓の納骨室(カロート)内に水が溜まり、
お墓の中のお骨が水浸しになっているのを目の当たりにされてから、
カロートに絶対に水が入らない構造を希望され当社がご相談を受けました。

とは言いましても、関西ではこれまで前例のない構造なので、
多少の水が入ることは止むを得ないのではと私も思っておりました。


おそらく、他にご相談をされていた石材店も同じ考えなのでは...?


ところが、富士山万歳さんは「絶対にイヤ!」と言われます。


それがきっかけで、色々と知恵を絞りおつくりさせて頂いたお墓が、
今の「信頼棺®」の原型となった、水が入らない構造の墓石なのです。


富士山万歳さんは、ご自身のお墓づくりの経緯をブログにしておられます。

富士山万歳さんの建墓記録はコチラまで

まとめ

お墓参りのたびに、お墓の中を開けて見る人は少ないだけに、
カロート(納骨室)の中の状態を知る由もありません。


ましてや、亡くなられたご先祖様は何も言ってくれません。
でも、現実は、雨漏りのする家で寝かされているようなものです。


おまけに、いろんな虫まで入ってくるのです。


皆さんなら耐えられますか?


お墓選びの際に、良い石を選ぶことはもちろん大切なことですが、
大切なお骨を納める場所が水浸しではどうしようもありません。


今一度、お墓の構造についても考えてみるべきでは...


お知らせ

"防水構造を備えたお墓"「信頼棺®」は、特許出願(特願2016-025944)、
商標登録済み(第5905643号)の第一石材だけの独自技術です。

「信頼棺®」に関しましては、当社の地元、兵庫県はもとより、
全国各地の方々から数多くのお問い合わせを頂いておりますので、
当社と交友のある他府県の優良石材店様にご協力を頂きながら、
可能な限り、全国各地のエリアに対応させて頂いております。


詳しくは、当社、㈱第一石材までお問い合わせください。



納骨室に水が入らないお墓「信頼棺®」について詳しくはコチラまで!                                     

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

良いお墓づくりのための基礎知識(7・最終話)良いお墓づくりは良い石材店選びしかない!

これまで、「良いお墓づくりのための基礎知識」として、
6回のシリーズブログで様々なことを説明してまいりました。

(1)「自社加工の墓石なら安心か!?」
お墓を注文した石材店が自社でつくる墓石が良いのか?
墓石に使う石が採れる地域である産地加工の墓石が良いのか?
中国でつくられる墓石は製品的に問題はないのか?

(2)「中国産墓石の流通経路」
市場に流通している80%を超える墓石が中国加工である今日、
契約後どのような経緯を経て注文者のお墓となるのか?
中国の石材加工工場にもピンからキリまであるという実態。

(3)「国産墓石は全体の20%しかないのか?」
円安と安心性で、食品などを中心に国産回帰の消費志向の中、
墓石は全体の80%以上を中国で加工されているとするならば、
国産の墓石を選ぶ日本人は本当に20%しかいないのか?

(4)「石材産地の加工専門工場でつくる墓石」
石材産地の加工工場でつくられる墓石がなぜ良いのか?
その要因と良い石を手に入れるには人間関係が起因する?
産地加工の墓石といっても、中国の工場と同様にピンキリ。

(5)「自社施工の墓石なら安心か?」
お墓を購入した石材店が自社で工事を行う自社施工。
自社施工でなければダメなような風潮がある墓石業界だが、
本当に自社施工で建てた墓石なら安心できるのか?

(6)「吸水率の低い石でも、お墓の中に水が入るのをご存知ですか?」
お墓購入の際に水を吸いやすい石を嫌う人は多いのですが、
カロート(納骨室)に水が入ることはご存じありません。
全国のほぼ全ての墓石が、水が入ってしまう構造であることや、
当社独自の特許構造"防水構造を備えたお墓"「信頼棺®」を紹介。


そして、今回は、良いお墓づくりための基礎知識の最終話、
「良いお墓づくりは良い石材店選びしかない!」となります。


お墓を購入する人はほぼ誰もが初心者である

「良い石」や「良い加工」「良い文字」「良い施工」
「良い構造」「良い設計」などと様々な条件を並べてみても、
自然の素材を人間の手でつくり上げていく墓石という製品は、
最終的には"石材店選び"で全てが決まるというのが実情です。


これは、何も墓石だけに限ったことではありません。


天然素材を材料として、人の手でつくられるものの大半は、
良いものを得るためには"お店選び"しかないのです。


美味しいラーメンを食べたければ、
美味しいラーメン屋に行くしかありません。



これしか方法はありません。


170418.jpg

ただ、ラーメンなら、仮にまずい店に当たったとしても、
二度とそのラーメン屋に行かなければ済むことです。


しかし、お墓の場合はそういうわけにはいきません。


それだけに、「石材店選び」が最も重要なことは分かっていても、
どこの石材店を選ぶかが大きな問題となってくるのです。


また、ラーメンならば誰しもが過去に食べた経験値があります。


だから...


「麺は...△」


「スープは...×」


「チャーシューは...○」


などと、店ごとに評価や判断ができるのです。


けれども、お墓の購入を考えておられる方のほぼ全員の人が、
初めての経験、もしくは過去に一回買ったことがある程度です。


170418_2.jpg

「お墓の購入経験なし」「数十年前に建てた墓石の建て替え」
いずれにしても、お墓購入に関しては初心者と言えるでしょう。


葬祭関連で最も多いのがお墓のトラブル!

お墓の購入が難しいのは、誰しもがお墓に関する知識がない上に、
お家やクルマと同様に、値段の高い商品であるということです。

ただ、お家の場合は、誰しもが普段から家で暮らしているので、
現在の家の不便な箇所、気に入らない箇所とかを考えつつ、
新しい家を建てたり、購入する際に活かしていくことが出来ます。


クルマの場合も全く同様のことが言えるでしょう!


でも、お墓に関しては全くと言っていいほど経験値がありません。


そして、チラシや広告、本家の紹介など、安易な石材店選びで、
全てお任せで、お墓を建てておられるケースが大半かと思います。


石材店を信じて全てを任すことが決して悪いとは言いません。


重要なのは「全てを信用して任すまでのプロセス」です。


実際に、全国で数多くのお墓に関するトラブルが起こっています。


170418_3.jpg


国民生活センターへのお墓のトラブル相談件数は1,192件、
ちなみに、葬儀は617件、仏壇は608件となっています。
(いずれも、2015年度/国民生活センター)


お墓のトラブル相談件数は、葬儀、仏壇の約2倍なのです。


しかし、この1,192件には泣き寝入りの数は含まれていません。


なぜ、このような数多くのトラブル相談が起こるのか?


これらは、全て、間違った石材店選びの結果なのです。


本当に満足のできるお墓を建てるには?

では、お墓に関する初心者の方々がいかにすれば、
信頼できる石材店に出会うことが出来るのでしょうか?

クルマの運転やスポーツ、将棋や囲碁、書道や手芸など、
最初に始める時は誰しもがみんな初心者のはずです。


そして、練習や経験を積み重ね上手くなっていくのです。


お墓の購入も同じで、先ずは知識を身につけることです。


では、どこでお墓に関する知識を得れば良いのかと言うと、
やはり、何と言ってもインターネットによる情報収集です。


インターネットで調べる際ですが、ポータルサイトには注意が必要です。


では、お墓のポータルサイトとは、どんなサイトかと言いますと、
「お墓 神戸(地域名)」「霊園 兵庫県」などで検索すると、
上位に出てくる一括見積サイトや霊園・石材店紹介サイトです。


170418_4.jpg

どれもが、優良石材店紹介や優良霊園紹介とのうたい文句ですが、
これらのサイトは、運営側がきちんと精査したをしたうえで、
良い石材店や良い霊園を紹介してくれるシステムではありません。

サイト運営会社が取り決める定額費用や成約手数料に納得すれば、
とくに審査もなく、どんな石材店でも簡単に登録してもらえます。


以下、お墓のポータルサイトの仕組みと流れです。


1.消費者は、墓石の一括見積りや墓地・霊園の資料請求を、
ポータルサイト運営会社に依頼します。(もちろん無料)

2.墓石の見積依頼や資料請求を受けたポータルサイト運営会社は、
提携・契約している石材店・墓石店にその旨を通知します。

3.石材店は消費者に墓地・霊園資料の送付や墓石の見積りを行う。

4.その後、契約に至ると、石材店はポータルサイト運営会社に、
紹介料として一定額(多くは契約金額の10%程度)を支払う。

ポータルサイト運営会社は消費者に対し、霊園の資料請求や、
墓石の見積りに関して「全て無料」とうたっていますが、
紹介を受けた石材店からは10%程度の手数料を取ります。


ポータルサイト運営会社も商売ですからこれは当然のことです。


石材店もお客様を紹介してもらっているわけですから、
ポータルサイト運営会社に紹介手数料を支払うのも当然です。

しかし、現実は、この石材店が支払うべく10%程度の手数料は、
消費者のお墓の見積り金額に上乗せしてある場合もあるのです。

石材店が自社で広告を出すのに費用が掛かるのと同じなのですが、
何故か、リアルに発生する手数料は痛く感じるものなのかもしれません。

もしくは、安い石を使うか、同じ石種でもランクを下げるか、
工期を短縮するかなど、様々な方法で掛かるコストを下げ、
手数料を支払う分、製品の質が低下してしまう恐れもあります。

自分でコツコツと色々調べるのは大変だし分からないから、
便利で無料だからと依頼をしたつもりのポータルサイトが、
結局は自分自身で手数料を払っていたということになりかねません。

インターネットでお墓・墓石の情報を収集するのなら、
面倒でもポータルサイトに頼らず自分でコツコツと調べるのが賢明です。


170418_5.JPG

それが面倒な方は当社にお問い合わせください。


これは、本当に無料ですからご安心ください(笑)


また、しつこい売り込みや営業行為も一切いたしておりません。


お墓の無料相談をご希望の方はコチラからお申し込み下さい。


まとめ

本当に満足できるお墓づくりための要素は数多くあります。


しかし、お墓・墓石は人の手でつくり上げらるものです。


それだけに、注文する石材店・墓石店の経営方針や、
経営者の考え方、会社の規模等による掛かる経費の違いなどで、
つくられる墓石がどのようなものなのかが決まります。


「とことん儲けてやろう」と考えている石材店もありますし、
「喜んで頂けることがなにより」という考え方の店もあります。


また、消費者が何で満足されるかによっても変わってきます。


✓値段が高くてもどこよりも良いお墓が欲しい!

✓そこそこの値段でお値打ち感があるお墓が欲しい!

✓デザイン性に優れた墓石を建てたい!

✓とにかく安ければ安いほど良い!


...など、人それぞれ望むお墓が異なります。


それぞれ自分の希望に合った石材店探しが必要です。


それゆえ、「お墓選びは石材店選び」という結論になってしまいます。


お墓は買ってしまってからではどうにもなりません。


少々面倒でも、自分自身が知識を蓄えるべきです。



           ~おわり~



納骨室に水が入らないお墓「信頼棺®」について詳しくはコチラまで!                                     

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

1

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年5月 »

このページのトップへ