5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > 中国・外国産墓石 > ほとんどの墓石は、中国に丸投げでつくられているのです!?

社長ブログ お墓の情報満載!!

< 良い石でつくった墓石なら「良いお墓」と言えるのでしょうか?  |  一覧へ戻る  |  最高品質墓石材「天山石」のすべて(1)"硬い""水を吸わない""変色しない"理想の墓石材 >

ほとんどの墓石は、中国に丸投げでつくられているのです!?

2017年(平成29年)9月5日に、東京羽田発ニューヨーク行きの、
乗客乗員あわせて251人を乗せた旅客機、日本航空6便が、
離陸の際に左エンジンから火が出て羽田空港に緊急着陸しました。


170908_1.jpg

幸い乗客乗員にケガはありませんでしたが、
一つ間違えば大惨事になっていた可能性もあります。

このトラブルは、エンジンに鳥が吸い込まれたのが原因ではなく、
エンジン内部に何らかの不具合があった可能性が高まり、
日本航空が調査をした結果、左エンジンの後方にある、
タービンの羽根200枚近くが損傷していたほか、
内部に穴や亀裂が見つかったとのことです。

あるニュース番組にゲスト出演されていた、
元日航パイロットで航空評論家の杉江弘氏からは、
「コスト削減からエンジンのオーバーホール(分解点検修理)を、
中国に丸投げしているところに問題がある」という厳しい指摘があった。


170908_2.JPG

さて、お墓・墓石の加工・製作に関しても中国への依存度が高く、
日本国内に流通している、約8割の墓石が中国でつくられています。

そして、注文を受けた石材店が直接、中国側に発注するのではなく、
石材商社を通じて中国のどこかの工場でつくられるというのが、
中国で加工・製作される墓石の一般的な流通経路です。

お施主様から依頼を受けた石材店は、中国のどこの工場で、
どの程度の技術レベルの職人の手によってつくられるかなど、
知る由もないというのが、中国加工の墓石の怖さです。


これは、前述の航空機のエンジンのオーバーホールを、
中国へ丸投げするのと同じくコスト削減だけが目的なのです。



墓石の場合、例え製品が悪くても人の命に影響がないため、
大きな話題にもならず、一般消費者には知られていないのです。

コスト削減に関しては、たしかに重要かも分かりませんが、
やはり「丸投げ」では、かなりの不安が残ります。


当社、第一石材が出した答えは「自ら中国へ行くこと」です。


私どもがご提供する中国加工の墓石は、石材商社を通さず、
数ある中国の工場の中から技術力の高い工場を厳選し、
私、能島孝志が中国に出向き、一点一点検品をさせていたさきます。


170908_3.JPG

ひと昔前から中国は急速に発展し、墓石加工だけにとどまらず、
あらゆる分野において技術力が高くなっていることは事実ですが、
「すべてを任せておいて安心」というレベルではありません。


中国へ「丸投げ」なんて論外です!


世の中のどんなモノでも当たり外れがありますが、
お墓は特に当たり外れが多い商品かも分かりません。


「お墓には当たり外れがある?」


中国加工の墓石は、特に当たり外れが激しいので、
お墓・墓石購入の際には十分な注意が必要です。



第一石材はこんな会社→「3分間・会社紹介映像」

たくさんの方から頂いた「お客様の声・口コミ」

さまざまなメディアに取り上げていただきました。

お墓選びは、まずは墓石ショールームを見てから!

納骨室に水が入らない特許出願墓石「信頼棺®」

官公庁、大手企業様など計24団体様と指定店・特約店契約

お墓・墓石の無料相談のご予約はコチラから!

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

カテゴリ:

< 良い石でつくった墓石なら「良いお墓」と言えるのでしょうか?  |  一覧へ戻る  |  最高品質墓石材「天山石」のすべて(1)"硬い""水を吸わない""変色しない"理想の墓石材 >

同じカテゴリの記事

お墓には当たり外れがある?(6)「加工の旬」による当たり外れ(神戸・兵庫の墓石編)

文化の違いによる当たり外れ?

加工の旬とは、中国の石材加工工場で墓石製品をつくる場合には、
加工をする時期によって「当たり外れ」があることです。

この「当たり外れ」が生じる背景には、中国の文化と、
中国の石材加工工場で従事する、石職人の雇用形態に起因します。


先ずは、中国の「旧正月」を重んじる特有の文化があります。


日本の近年のお正月と言えば、通常より休みが多いという程度の事ですが、
中国における「旧正月(毎年節分あたり)」は、一家の特別行事なのです。


071.jpg

旧正月における大晦日から元旦を迎え、15日間の全てが旧正月なのです。

中国の旧正月は、家族全員が一同に集まり年越しをお祝いするのです。


中国の石材加工工場に従事する石職人の多くは、
中国内陸部の貧しい地域から出て来た出稼ぎ労働者が中心です。

そのため、旧正月の時期には郷里に帰って家族と過ごすため、
1カ月近くの休みを取るのが当たり前となっています。


その期間はもちろん工場も休んでいるところが大半です。

072.JPG

旧正月が近くなると、石職人たちの多くは「心ここにあらず」で、
どうしても、加工ミスなど製品精度に影響が多く出てくるのです。

加工ミスと言うよりは「こんなもんでいいんじゃない!」
...と言う方が適切な表現かも分かりません。


すなわち、1月中旬以降に中国で墓石の加工をすると、
「当たり外れ」に遭う確率がかなり高くなるのです。



日本では考えられない事かも分かりませんが、
これは、文化の違いなのでいたしかたありません。


雇用形態による当たり外れ

日本の石材加工工場に従事する石職人の雇用形態は、
その他一般の職種と同様に固定給制度というのが基本です。

しかし、中国の石材加工工場の場合はこれとは異なり、
完全歩合給で、なおかつ一年間の雇用契約とういう特殊な形態です。

例えば、9寸サイズの墓石の棹石を加工して検品に合格すれば○○元、
8寸型の花立て1対を加工して検品に合格すれば○○元という具合です。

原石を切り、手間暇かけて部材を磨き上げていき、
最後の行程で比較的大きなタマ(アザの様なもの)が出たとしましょう。


073.jpg

この場合、日本の工場では、当然、別の原石を使ってつくり直します。


そして、そこに至るまでにかかった手間暇に関しても、
固定給制度なので、石職人にも当然賃金が支払われます。

しかし、中国の石材加工工場の場合は完全歩合制のため、
製品が検品に合格してはじめて賃金となるのです。

つまり、加工途中にタマなどが出て、検品に不合格となった場合には、
それまでにかかった時間は賃金として見てもらえず無給となるのです。


これが、中国の石材加工でゴマカシが頻繁におこる原因なのです!


なんとかごまかして、検品にクリアすれば賃金になるからなのです。


家族から遠く離れた地から単身赴任で、工場の汚い宿舎で暮らし、
旧正月から次の旧正月までの1年間が工場との雇用契約期間です。

ひと昔前の、貧しい中国の時代なら我慢ができたかも知れませんが、
誰でもがスマホを持っているくらい裕福になった現在の中国においては、
わざわざ家族から離れ、完全歩合制という不安な賃金形態で、
「きつい」「汚い」「危険」という『3K』の職種を選ぶ必要もなく、
家族の居る郷里で、建設・土木などの作業員として働く方を選ぶ者も多く、
近年では、旧正月が明けても工場に戻って来ない石職人が数多くいます。


074.JPG

工場としても、これでは困るので、石職人の賃金を上げたり、
工場や宿舎の環境整備をはかったりと企業努力に努めていますが、
日本と同じく石職人の仕事を選ぶ人は少なくなりつつあります。

そうは言っても、工場としても他の工場から石職人の引き抜きをしたり、
新たな石職人の養成など、いろいろと策を講じていく必要があります。


それが、ちょうど旧正月明けの時期にあたるのです。


毎年、旧正月明けの3月から4月頃の人の入れ替わり時期は、
製品精度に大きく影響が生じ、当たり外れが出るのです。


私が思うには、当たりより「ハズレ」の方が多いのですが...


私どもでは、毎年1月中旬から4月あたりまでは現状の把握に徹し、
中国での墓石加工は行わないようにして「ハズレ」を回避しています。

消費者の方々は、このあたりの中国事情も踏まえて、
お墓づくりを依頼をする石材店と時期を考える必要があります。


お墓は「ハズレ」が当たってしまうと次はありませんよ!


         ~つづく~



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

お墓には当たり外れがある?(5)「石材の旬」による当たり外れ(神戸・兵庫の墓石編)

お墓づくりには「旬」がある?

食べ物にも「旬」があるように、お墓づくりにも「旬」があります。


701.jpg

「旬」と言えばとても聞こえが良いですが、お墓づくりの時期によって、
製品の良し悪し、すなわち「当たり外れ」があるという事です。

とは言っても、日本国内での加工の場合にはさほど影響はなく、
旬があるのは、中国の石材加工工場で加工される墓石製品の場合です。

日本国内のお墓づくりの場合は「製品の旬」というより、
寒冷地の地域などでは「施工の旬」があります。

雪の多い地域の冬場では、工場内で墓石の加工は出来ても、
墓所での基礎工事や、墓石の設置工事を行うことが出来ません。

「施工の旬」の場合は、冬の寒い季節が過ぎ、春が訪れ、
雪が解けてから工事を行えば問題はありませんが、
「製品の旬」の場合は、墓石自体の精度に影響が出ますので大問題です。

この、中国加工の「製品の旬」には素材の旬、いわゆる"石材の旬"と、
墓石製品の製品精度、すなわち"加工の旬"との二つがあります。

どうして国内加工の墓石には「旬」がそれほどなくて、
中国で加工される墓石には「旬」があるのでしょうか?


では、ここでは、「石材の旬」についてご説明させて頂きます。


「石材の旬」による当たり外れ

日本の石材産地の中で、最も寒い地方と言えば東北産地です。


しかし、東北地方がいくら寒いと言っても、
石材の採掘作業ができない時期はごくわずか期間かと思います。


702.jpg

また、その他の国内の石材産地である茨城県や愛知県、
そして、庵治石や大島石が採掘される四国の産地、
内垣石や天山石が採掘される九州の産地などは、
雪の影響で採石丁場が閉鎖となることはほとんどないでしょう。

しかし、中国の場合は日本と違って国土が広いため、
大島石によく似た石目で、西日本で人気の高い、
通称「黒龍石」が採掘される中国北部の黒龍江省は、
冬場には、氷点下20℃以下にも気温が下がる極寒の地です。

したがって、この地では毎年6月ごろから原石の採掘が始まり、
10月中旬くらいには、その年の採掘が終わってしまうのです。

ここ数年は、円安の影響で「黒龍石」の単価が高騰したため、
以前と比べると需要が少ないので、品薄の心配はそうありませんが、
仮に大量需要があった場合には、やはり原石を採掘中の夏場の方が、
丁場閉鎖の冬場と比べると、良い原石を選べる確率が高くなります。

また、季節に関係なく、中国政府の政策で採石中止になっている丁場や、
原石の採掘量に制限を掛けられている丁場などもあります。


その他、採石される地層によって良い石が採れない時期があります。


これに関しては、何も中国産の石材だけという事ではなく、
国産石材も含め、世界中のあらゆる石材に当てはまります。

「今年の○○石は、あまり良くない」というような事は、
石は自然界の産物だけに当然あり得ることです。


703.jpg

また、同じ石でも色目が大きく異なる石種もありますので、
石材店にあったサンプルと実際の墓石とが極端に違う場合もあります。

したがって、最新の石材情報に精通した石材店に相談することが、
「石材の旬」による当たり外れの被害に遭わないための最良の方法です。


              ~つづく~



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

お墓には当たり外れがある?(3)意外と知られていない墓石の流通経路(神戸・兵庫の墓石編)

お墓はどこでつくられるのでしょう?

さて、あなたがどこかの石材店に注文したお墓は、
いったい、どこでつくられているのでしょうか?

では、一般消費者にはあまり知られていない、
お墓の流通経路について、ちょっと触れてみましょう。

今でも、お墓は「注文した石材店内の工場でつくっている」
...と思っている消費者は意外と多いのではではないでしょうか?

確かに、無いことはありませんが、最近では極めて少なく、
都心部の石材店では、ほとんど無いと言っていいくらいです。


91.jpg

石材店が直に原石を仕入れ加工する、いわゆる「自社加工」ですが、
ほとんどが国産の石に限られ、加工の技術は石材店により様々です。


自社加工だからと言って、必ずしも良い製品とは限りません。


自家製麺のラーメン屋が絶対美味しいかというと、
必ずしも、そうとは言えないお店もあるのと同じです。


墓石の自社加工も全く同様です。


ただ、このケースで「外れ」に当たった場合が最も難しいのです。


この場合、ほとんどが地元の地域密着の石材店のため、
本家や親戚もみんな知っているため、なかなか文句が言えません。


墓石の加工・製作も分業化の時代

その昔、墓石加工の全てを手作業で行っていた時代には、
石材店、いわゆる「石屋」の石工が自社で加工していました。


92.jpg

しかし、切削から研磨まで、加工の機械化が進むにつれ、
墓石の加工・製作も他の製品と同様、分業化されてきました。


山から石を切り出し、原石を販売する「採石丁場」。


採石丁場から原石を仕入れ、墓石製品に加工する「加工工場」。


加工工場の多くは、原石を入手しやすく、
取り替えもしやすい、原石産地の周辺に多く集まっています。


93.jpg

加工工場には、日本の加工工場と中国の加工工場があります。
(その他、インドやベトナムなどもありますが...)


そして、文字彫刻を専門に扱う「字彫り工場」。


その他、蓮華加工などを行う「やくもの専門工場」、
「地蔵・仏像工場」「燈籠工場」など、様々な石材加工関連工場があります。


94.jpg

こうして出来上がった墓石製品を、石材店に販売する、
仲買業務を専門とする、「石材商社」や「仲卸問屋」。


この、出来上がった墓石を消費者に販売する「石材店」「墓石店」など。


今では、このような流通経路を経て墓石がつくられています。


そして、多くの石材店は、消費者からのお墓の注文を、
「石材商社」を通じて、どこかの加工工場でつくってもらうのです。


これらの工場には、技術力の高い工場も、そうでないところもあります。


どこの工場を選ぶのかは、石材商社の取引範囲や、
石材店と石材商社とで取り決められている石材の単価にもよります。


ただ、ほとんどの場合、消費者はどこでつくられているのかは知りません。


また、石材商社側が、どの技術レベルの加工工場と、
親密な関係にあるかによっても、使う工場が異なってきます。


特に中国加工の場合に、その差は顕著に表れます。


そうなると、石材店が中国事情に精通しているかどうかが、
消費者のお墓の品質に大きく影響してくるのです。


95.jpg

テレビCMで有名な大手の石材店、老舗の石材店だからと言って、
必ずしも良いお墓が出来上がるとは限らない時代なのです。


これらの流通経路が、お墓の当たり外れに影響するのです。


お墓づくりとは、それほど難しいものなのです。


           ~つづく~



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

アーバングレー最新情報/2014年秋

アーバングレーは良質安価な墓石材だったはず?

少し緑がかった濃い目のグレーの色目とガラスのような透明感が特徴の、
和型、洋型、どちらの墓石にもマッチするインド産みかげ石「アーバングレー」。

 

 

a1.JPG

 

 

硬い石質と、0.056%という極めて低い吸水率を誇り、
以前は価格も手ごろであったため、全国的に人気の広がった石です。


しかし、今年に入ってからこのアーバングレーに異変が起きています。


それは、価格の高騰と品質の低下です。


今年、2014年の旧正月明けにアーバングレーの原石価格は、
これまでの価格のなんと2.75倍に跳ね上ったのです。


これは為替の影響や原油の高騰による輸送コストなど様々な要因があります。


それに加え、中国の石材加工に従事する工員(職人)たちの賃金の高騰などもあり、
「アーバングレー」はこれまでの様に単に“良質安価な墓石材”ではなくなりました。
 

 

 

品質の悪いアーバングレーを製品化

 

1.インドから中国に輸出される原石価格の大幅に値上げ。
2.人件費や原油価格高騰のによる中国の石材加工賃の値上げ
3.円安による為替相場の影響

まさに、トリプルパンチです。


ちなみに、為替相場だけを捉えてみても、
2012年あたりは、1ドル80円前後で推移していたものが、
2014年9月25日現在の円ドル相場では、1ドル109円となっています。

中国へ石材製品を発注する際にはドル建てで行いますので、
為替相場だけで考えても、1ドル80円と109円とでは、
2012年頃と比べると、約36%仕入れ価格が上がっていることになります。


つまり、100万円で仕入れていたものが136万円になったということです。


ここには、原石の値上げや加工賃の値上げは含まれておりません。


しかし、これまで良質安価で通ってきたアーバングレーの墓石を、
いきなり、大幅アップの値段ではなかなか販売できません。


そこで、これまででは墓石としてあまり使用されることがなかった、
色目の悪いアーバングレーを使用し、値上げを最小限に抑えることにしたのです。


それでも、以前と比べるとやはり値段は上がっています。

 

 

赤いアーバングレーや、白っぽいアーバングレー

透明感のある濃いグレーの色目が特徴のはずのアーバングレーに、
赤いものや、白っぽいものがあるはずないなんて思われる方もいるでしょう。


でも、実際に存在し、数多くの墓石として流通しています。


先日、中国へ恒例の製品検品のため出張に行った際に、
今現在、日本に流通しているアーバングレーのサンプルを持ち帰りました。


以下の画像の6種類(左から①~⑥)の石はどれもアーバングレーです。

 

a2.JPG

 

 

①~④のアーバングレーはいずれも青みが強く色の濃い石です。

その中でも、最も値段が高いのが①のアーバングレーです。


次に、⑤のアーバングレーをちょっと見てください。


①~④の石と比べると、白っぽくボヤーッとしているのが分かりますでしょうか?

画像なのと、石の大きさが小さいので分かりにくいかと思いますが、
実際のお墓の大きさになると、白っぽいのがよく分かります。


さらに、⑥の石が最近業界内で話題になっている「赤いアーバングレー」です。
(消費者には、ほとんど知らされてはおりませんが…)

さすがに、これなら画像でも綺麗か汚いかの区別がつくと思います。


もう少し分かりやすくするために、①と⑥だけを並べてみました。
 

 

a3.JPG

 

 

如何ですか?

これが、いわゆる「赤いアーバングレー」ですが、
やはり画像では、はっきりとは分かりにくいですね。

グレーの石目の中に、赤茶色の粒子が混ざっています。

⑤や⑥のアーバングレーの墓石であなたは納得できますか?

 

 

 

小売市場では、どれも「アーバングレー」で販売

①のアーバングレーは特に青みが強く色が濃いのが特徴であると共に、
この原石を取り扱っている工場の技術力が極めて高い事も安心の理由です。


ただ、値段が高いことだけが難点ですが良い製品づくりのためには止むをえません。


また、弊社の場合はオリジナルデザイン墓石の依頼が多いため、
機械で磨けない、手加工・手磨きの部分が多いので、
さらに割り増し加工賃を支払って、特別の工程で加工してもらっております。

 

 

a4.JPG

 

 

 

でも、弊社ではそんなに高い価格設定をしておりませんのでご安心を!(笑)


②~④のアーバングレーの原石を取り扱っている工場の技術レベルは普通くらい。

ごく一般的な形の和型墓石なら、比較的問題はないかと思います。


逆に、⑤の白っぽいアーバングレーや、⑥の赤いアーバングレーなどは、
極端に安い原石を取り扱っている加工工場は技術力も低いため、
出来上がってくる墓石の製品精度に大きな差が生じます。

しかし、一般の市場ではこれらをランク分けすることなく、
ただ単に「アーバングレー」として販売されているケースがほとんどです。


今後は、アーバングレーで墓石をお考えの方は十分な注意が必要です。
 



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

中国産墓石の価格上昇・2012年/⑦最終話:情報交換をし、中国との信頼関係を深める必要あり!

中国石材加工工場.JPGのサムネール画像

■中国産墓石の価格上昇・2012年/①WBSにて放送
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27145/

※上記のコラムからのつづきです

 

2011年11月の日本の石材業者の倒産は中国でも話題になりました。

中国・福建省内の工場数社に対して代金の未払いがあり、
今後も回収のめどは立たないと言います。

その結果、代金回収に関する日本との取引を不安視する声が上がっており、
「日本の取引先によっては、契約条件の見直しを検討したい」
という中国側の石材加工工場の意見も聞かれます。

日本側の中国に対する代金未払い問題は、
これまでも中国側を悩ませてきました。

製品の精度や納期の問題など、日本側にも様々な理由があるでしょうが、
理不尽な代金の未払いは許されることではありません。


まっとうな両国の商取引が早急に求められます。


また今後、中国製品の価格がどこまで上昇するのか予測不可能ですが、
現在の日本国内の生産能力やインドをはじめとする他国製品が増えたとしても、
中国における石材加工は現時点ではなくてはならない存在です。

中国側の石材加工工場の中には、日本市場を諦めることなく、
今後も中心市場として考えている工場も少なくありません。

それならば、両国で情報交換を積極的に行ない、
今ある問題を業界全体で解決すべきものと、
個々の会社単位で解決すべきものとに分けて、
両国が共に前進する道を探していくことが望まれます。



何よりも信頼関係をより深めることが重要です。



        ~おわり~



※参考・引用文献 「月刊石材」(第32巻第5号・株式会社 石文社発行)



【墓石建立可能地域】

・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方全域
・中国・四国地方の一部

 


このページのトップへ