5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > あなたが買う予定のアーバングレーの墓石は大丈夫ですか?

社長ブログ お墓の情報満載!!

< 良い石を選べば、良い墓石が出来るのか?  |  一覧へ戻る  |  「お墓の中も水浸し」だが、「骨壺の中も水浸し」ってご存じですか? >

あなたが買う予定のアーバングレーの墓石は大丈夫ですか?

外国産の墓石の中でも、インド産の石は人気があります。


その中でも、安定した人気を誇るのが「アーバングレー」です。


ヨモギ色のような少し緑がった透明感のあるグレーの色目が特徴で、
若干石目は粗い方だが、「0.056%」という極めて低い吸水率のため、
水を含みにくく、経年劣化がしにくい耐久性に優れた石です。

値段もそこそこお求めやすく、品質と価格とが見合った、
コスパに優れた墓石材の"ベスト3"に入ると言ってもいいでしょう。


ここまで、読まれた方は...


「決めた!○○石材店で見積もりしてもらったアーバングレーにしよう!」


と思われたかも分かりませんが...


ちょっと待ってください! 


アーバングレーの全てが良い石ではないのです。


過去に「アーバングレー最新情報/2014年秋」と題して、
アーバングレーの品質に異変が起きたことを書きました。

当時は、円安による為替相場の影響やインド材の高騰、
原油の高騰による輸送コスト増、中国の職人の人件費賃上げなど、
さまざまな要因で品質の悪いアーバングレーが登場しました。


では、もう一度おさらいです!


アーバングレーの色もさまざま、品質もさまざま!



180410_1.JPG

上の写真の①~⑥は、どれもアーバングレーなのですが、
色目や石目が違うのに気が付きますでしょうか?


①~④は、いずれも色の濃いアーバングレーですが、
③と④は、石英の結晶が大きいので石目が粗く見えます。


元々アーバングレーは石目が粗い方なので、より粗く見えます。


①と②は、色が濃く、石目も細かいのですが、
①と②では、取り扱っている石材加工工場が違うのです。

①のアーバングレーを使っている工場のほうが値段は高いが、
製品の加工精度が、②を取り扱っている工場より優れています。


さすがに値段だけの差は十分あります!


少々予算をアップしても、本当にきれいなアーバングレーで、
丁寧な加工の墓石が欲しい方には絶対①の石がお勧めです。


赤いアーバングレーや、白っぽいアーバングレー

特に問題があるのは、⑤⑥のアーバングレーです。


⑤は白っぽい石で、⑥は赤いと言うか茶色っぽい石です。


...と言っても、この画像ではちょっと分かりにくいかと思いますので、
最もきれいな①のアーバングレーと⑤⑥を並べてみますね。


180410_2.JPG

これで少しは分かりやすくなりましたでしょうか?


①(左側)が、最もきれいなアーバングレー、
⑤(右側)が、白っぽいアーバングレーです。


180410_3.JPG

①(左側)が、最もきれいなアーバングレー、
⑥(右側)が、赤い最悪のアーバングレーです。

実際のお墓は、サンプルと違って面積が広いので、
赤身を帯びた汚さがより一層際立って分かります。

今から3年半ほど前の2014年には、さまざまな要因で、
これらの粗悪なアーバングレーが使われるようになりましたが、
長く続くデフレの影響化で、多くの消費者が安価なものを求める中、
最近では、これらのアーバングレーが当たり前に流通しています。


あなたのお墓が、赤いアーバングレーに当たるかも分かりませんよ!


赤いアーバングレーに当たらないようにするには?

ぼやっとした白っぽいアーバングレーや、
赤い汚いアーバングレーに当たらないようにするには、
中国に直接パイプのある石材店に依頼することです。

全国のおおよそ99%の石材店は、
石材商社を通じて外国産墓石を仕入れます。

石材店からアーバングレーの墓石の注文を受けた石材商社は、
中国のどこかの工場に製作の発注をするのですが、
それがどこの工場なのかは石材店も分かりません。


当然、消費者も分かりません。


中国の石材加工工場の中でも、値段の安い工場ほど、
これら粗悪なアーバングレーを使っている可能性が高いですね。

そこそこの値段の石材加工工場でつくっても、
時々これらの粗悪品に当たることもあります。


180410_4.JPG

当社では、石材商社を通じて中国製品を仕入れるのではなく、
私自らが中国に足を運び、入念なチェックを行うことにより、
常に良質のアーバングレー墓石の提供を可能にしています。


どこの石材店の見積書にも「アーバングレー」としか書かれていませんよ。


本当にきれいなアーバングレー墓石を適正価格で求めたいとお考えで、
お墓選びで絶対に失敗したくない方は当社にご相談ください。


180410_5.jpg

(一社)日本石材産業協会認定「お墓ディレクター1級」資格を有する、
私、能島孝志が「お墓・墓石の無料相談」をさせていただいております。


お墓の悩みを解決したい方はおられませんか?


180410_6.jpg

なお、「お墓・墓石の無料相談」のご対応につきましては、
個別相談につき、完全予約制とさせていただいております。


ご予約は、コチラの「予約カレンダー」をご参照ください。

相談は何回でも全て無料でございます。


また、当社では、しつこい売り込みや後追い営業や、
電話によるセールスも一切いたしませんので、
どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。




第一石材はこんな会社→「3分間・会社紹介映像」

たくさんの方から頂いた「お客様の声・口コミ」

さまざまなメディアに取り上げていただきました。

お墓選びは、まずは墓石ショールームを見てから!

納骨室に水が入らない特許出願墓石「信頼棺®」

官公庁、大手企業様など計24団体様と指定店・特約店契約

お墓・墓石の無料相談のご予約はコチラから!


top_img_1604_520x265.png


< 良い石を選べば、良い墓石が出来るのか?  |  一覧へ戻る  |  「お墓の中も水浸し」だが、「骨壺の中も水浸し」ってご存じですか? >

このページのトップへ