5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > ニュース・報道情報の最近のブログ記事

社長ブログ お墓の情報満載!! ニュース・報道情報の最近のブログ記事

アーバングレー最新情報/2014年秋

アーバングレーは良質安価な墓石材だったはず?

少し緑がかった濃い目のグレーの色目とガラスのような透明感が特徴の、
和型、洋型、どちらの墓石にもマッチするインド産みかげ石「アーバングレー」。

 

 

a1.JPG

 

 

硬い石質と、0.056%という極めて低い吸水率を誇り、
以前は価格も手ごろであったため、全国的に人気の広がった石です。


しかし、今年に入ってからこのアーバングレーに異変が起きています。


それは、価格の高騰と品質の低下です。


今年、2014年の旧正月明けにアーバングレーの原石価格は、
これまでの価格のなんと2.75倍に跳ね上ったのです。


これは為替の影響や原油の高騰による輸送コストなど様々な要因があります。


それに加え、中国の石材加工に従事する工員(職人)たちの賃金の高騰などもあり、
「アーバングレー」はこれまでの様に単に“良質安価な墓石材”ではなくなりました。
 

 

 

品質の悪いアーバングレーを製品化

 

1.インドから中国に輸出される原石価格の大幅に値上げ。
2.人件費や原油価格高騰のによる中国の石材加工賃の値上げ
3.円安による為替相場の影響

まさに、トリプルパンチです。


ちなみに、為替相場だけを捉えてみても、
2012年あたりは、1ドル80円前後で推移していたものが、
2014年9月25日現在の円ドル相場では、1ドル109円となっています。

中国へ石材製品を発注する際にはドル建てで行いますので、
為替相場だけで考えても、1ドル80円と109円とでは、
2012年頃と比べると、約36%仕入れ価格が上がっていることになります。


つまり、100万円で仕入れていたものが136万円になったということです。


ここには、原石の値上げや加工賃の値上げは含まれておりません。


しかし、これまで良質安価で通ってきたアーバングレーの墓石を、
いきなり、大幅アップの値段ではなかなか販売できません。


そこで、これまででは墓石としてあまり使用されることがなかった、
色目の悪いアーバングレーを使用し、値上げを最小限に抑えることにしたのです。


それでも、以前と比べるとやはり値段は上がっています。

 

 

赤いアーバングレーや、白っぽいアーバングレー

透明感のある濃いグレーの色目が特徴のはずのアーバングレーに、
赤いものや、白っぽいものがあるはずないなんて思われる方もいるでしょう。


でも、実際に存在し、数多くの墓石として流通しています。


先日、中国へ恒例の製品検品のため出張に行った際に、
今現在、日本に流通しているアーバングレーのサンプルを持ち帰りました。


以下の画像の6種類(左から①~⑥)の石はどれもアーバングレーです。

 

a2.JPG

 

 

①~④のアーバングレーはいずれも青みが強く色の濃い石です。

その中でも、最も値段が高いのが①のアーバングレーです。


次に、⑤のアーバングレーをちょっと見てください。


①~④の石と比べると、白っぽくボヤーッとしているのが分かりますでしょうか?

画像なのと、石の大きさが小さいので分かりにくいかと思いますが、
実際のお墓の大きさになると、白っぽいのがよく分かります。


さらに、⑥の石が最近業界内で話題になっている「赤いアーバングレー」です。
(消費者には、ほとんど知らされてはおりませんが…)

さすがに、これなら画像でも綺麗か汚いかの区別がつくと思います。


もう少し分かりやすくするために、①と⑥だけを並べてみました。
 

 

a3.JPG

 

 

如何ですか?

これが、いわゆる「赤いアーバングレー」ですが、
やはり画像では、はっきりとは分かりにくいですね。

グレーの石目の中に、赤茶色の粒子が混ざっています。

⑤や⑥のアーバングレーの墓石であなたは納得できますか?

 

 

 

小売市場では、どれも「アーバングレー」で販売

①のアーバングレーは特に青みが強く色が濃いのが特徴であると共に、
この原石を取り扱っている工場の技術力が極めて高い事も安心の理由です。


ただ、値段が高いことだけが難点ですが良い製品づくりのためには止むをえません。


また、弊社の場合はオリジナルデザイン墓石の依頼が多いため、
機械で磨けない、手加工・手磨きの部分が多いので、
さらに割り増し加工賃を支払って、特別の工程で加工してもらっております。

 

 

a4.JPG

 

 

 

でも、弊社ではそんなに高い価格設定をしておりませんのでご安心を!(笑)


②~④のアーバングレーの原石を取り扱っている工場の技術レベルは普通くらい。

ごく一般的な形の和型墓石なら、比較的問題はないかと思います。


逆に、⑤の白っぽいアーバングレーや、⑥の赤いアーバングレーなどは、
極端に安い原石を取り扱っている加工工場は技術力も低いため、
出来上がってくる墓石の製品精度に大きな差が生じます。

しかし、一般の市場ではこれらをランク分けすることなく、
ただ単に「アーバングレー」として販売されているケースがほとんどです。


今後は、アーバングレーで墓石をお考えの方は十分な注意が必要です。
 



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

『先祖の話』解説講演会/平成26年9月23日(参加無料)

「先祖の話」解説講演会/日本石材産業協会・兵庫県支部主催

18.jpg

 

お盆が終わると、すぐにお彼岸の時期がやってきます。


亡きものを手厚く祀るという行為は、地球上で、唯一人間だけが行う行動です。


大切な家族が亡くなれば、お葬式を挙げ、日々お仏壇に手を合わせ、
ご遺骨はお墓に納め、事あるごとにお墓参りを行う。

日本では、ごく普通の出来事であったはずのことが、
最近では、亡き人の扱い方に大きく変化が表れています。


「葬儀は費用がかかるので行わない」


「仏壇は邪魔になるので買わない」


「残されたものに迷惑が掛かるので、お墓は要らない」…などなど。


こうした、現代社会で見失われた「生と死の尊厳」について、
今一度、見つめ直して欲しいとの想いを込めて、
一般社団法人 日本石材産業協会・兵庫県支部では、
平成26年9月23日(火・祝)に、『先祖の話』解説講演会を開催いたします。
 



柳田國男著「先祖の話」を小畠宏允氏が解説

画像2「先祖の話」.JPG

 

兵庫県出身の民族学者、柳田國男の名著「先祖の話」(初版1946年)の、
仮名遣いや漢字を読みやすく改めた改訂版の監修を務めた、
小畠宏允氏が分かりやすく解説する講演会です(参加無料)。


「ご先祖様」とはどんな存在?


「ご先祖様」とは誰のこと?


ご先祖様は「神様」?「仏様」?


お墓参り・何か良いことがあるの?


こんな素朴な疑問や、本当は聞いてみたかったお墓とご先祖の話を、
この機会に、ぜひ大切な人と一緒に聞いてください。


 

「先祖の話」解説講演会(無料)/参加申し込み方法

 

■開催日時:平成26年9月23日(火・祝)

■場   所:神戸国際会館 大会場(9階)

■時   間:13:30(開演:13:00)~15:30

■定   員:250名(抽選)…事前申し込み

■講   師:小畠宏允(おばた・ひろのぶ)氏


【お申し込みはハガキまたはFAXで】

住所・氏名・電話番号・参加人数(2名まで)と、
「第一石材ホームページ」を見たとご記入の上、
以下に、ハガキまたはFAXにてお申し込みください。

★抽選の上、当選者の方には「聴講券」の発送をもってお知らせいたします。


【住所】
〒662-0857 西宮市中前田町3-14
一般社団法人 日本石材産業協会・兵庫県支部
         「先祖の話」解説講演会係

【FAX】0798-38-0345(24時間受付中)


この講演会で、日本固有の祖霊信仰や命の大切さを理解していただきたいと考えております。
https://www.youtube.com/watch?v=PVtzojFakIc



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

神戸新聞「マイベストプロ神戸」主催無料セミナー/現代社会のお墓事情

現代社会のお墓事情.jpg

ひょうごの専門家・プロを探せるWebガイド、
神戸新聞社主催の「マイベストプロ神戸」では、
来る、平成25年3月2日(土)に神戸国際会館セミナーハウスにて、
無料特別セミナーを開催し、くらしに役立つノウハウをお教えします。

今回のセミナーは「マイベストプロ神戸」登録の6名の講師が担当し、
"くらし""健康""住宅""お金""冠婚葬祭"と多岐にわたります。

その中で、私の担当は"冠婚葬祭"で『現代社会のお墓事情』と題し、
誰もが避けては通れない「終の棲家」についてお話をさせていただく予定です。


■現代社会のお墓事情

核家族化や少子・高齢化社会を迎えた現代社会においては、
代々受け継がれることを前提とした従来からのお墓に加え、
さまざまな供養の形態が注目をあびています。

特に、子どもがいない、息子が結婚しない、子どもが娘だけ、
子どもに負担をかけたくない、身寄りがない、といった方々にとって、
お墓をどうするかという悩みは切実です。

こうした時代背景の中、承継問題をはじめとする、
さまざまなお墓の悩みを抱えている方々に、
お墓にまつわる問題を5つの観点から細かく解説いたします。


・お墓は自分たちのためだけではない

・安心できる納骨堂の選び方

・「永代供養墓」とは、どんなお墓なのか?

・他人さまの遺骨と一緒に埋葬されても抵抗はないのか?

・お墓参りは、子どもたちにとってそれほど負担なものなのか?

最近では散骨といって、お骨を粉にして自然に帰し、
お墓を建てない人も出てきています。

しかし実際に散骨をしたご遺族の方の中には、
「お骨を残しておくべきだった」と
後悔するケースも少なくないといわれています。

お墓には亡き人の生きた証を残すという以外に、
故人をしのぶ供養という2つの意味合いがあります。


自分の家族の死を悼まない人はいません。


肉親の死を悼み、供養するためのお墓のあり方について考えてみませんか?



■【特典】セミナー参加の方にもれなくプレゼント

先祖の話・石材店に行く前に読む本.JPGのサムネール画像 

◎柳田國男著 「新訂 先祖の話」(株式会社 石文社発行)
◎「石材店に行く前に読む本」(一般社団法人 日本石材産業協会発行:非売品)




参加費は無料で、先着順による受け付けとなっております。



どうぞ、お気軽にご参加ください。



【主 催】 神戸新聞マイベストプロ神戸事務局
【開催日】 平成25年3月2日(土)
【場 所】 神戸国際会館セミナーハウス901、902
神戸市中央区御幸通8-1-6
【定 員】 20名(先着順)※他のセミナーと複数お申込み可。
【費 用】 無料(事前申し込み登録が必要になります)



セミナーの内容について詳しくはこちらまで
http://mbp-kobe.com/information/seminar20130302.html#a03



お申込み・お問い合わせは神戸新聞マイベストプロ神戸事務局にて受付中!
0800-888-3600まで(受付時間:土・日・祝を除く10:00~17:00)




 

【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・関東地方
・東海地方
・近畿地方
・中国・四国地方



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

「お墓が突然消えた?」スーパーニュースアンカー『金曜日のギモン!?』に出演!

お墓が消えた.jpg

 

大切なご先祖様が眠るお墓。


年に5回は亡き父のお墓参りに来ていたAさん。


そんなAさんのお墓がある日突然消えた!



毎週月~金の午後4:48~午後7:00に、
KTV・関西テレビで放送の「スーパーニュースアンカー」。

アンカーマン山本浩之さんが、個性豊かなコメンテーターとともに、
ニュースをいち早く、分かりやすくお伝えする、2時間の大型ニュース番組です


番組内で、アンカーの名物コーナーに成長した『金曜日のギモン!?』。

ギモン隊(記者)が体当たり取材する"異色"のリポート。

食品や住宅などにまつわる身近な疑問から、
社会に潜む矛盾までギモン隊が徹底調査をするコーナーです。


その中で、先日、8月24日(金)に放送された、「お墓はなぜなくなった?」に、
私、能島孝志が「お墓の改葬(お引っ越し)」の解説で出演させていただきました。


"ある日突然お墓が消えた?"

いったいどういうことでしょう。

憤りをあらわにする所有者の男性Aさんと
霊園を管理する業者の言い分は真っ向から対立しています。


お墓を巡るトラブルをギモン調査しました。




■8月24日(金)放送の「スーパーニュースアンカー」、
『金曜日のギモン!?』について詳しくはコチラまで
http://www.ktv.co.jp/anchor/question/2012_08_24.html



「お墓の改葬(お引っ越し)」について詳しくはコチラまで
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/21554/



 

【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・関東地方
・中部地方
・北陸地方
・近畿地方
・中国・四国地方
・九州地方(沖縄、離島を除く)



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

「スーパーニュースアンカー」(関西テレビ)に出演!

スーパーニュースアンカー.jpgのサムネール画像

8月24日(金)放送、

「スーパーニュースアンカー」(午後4:48~午後7:00)に出演!

KTV 関西テレビ放送の「スーパーニュースアンカー」。
アンカーマン山本浩之さんが、個性豊かなコメンテーターとともに、
ニュースをいち早く、分かりやすくお伝えする、関西初の2時間の大型ニュース番組です。

その中で、アンカーの名物コーナーに成長した「金曜日のギモン??」に、
私、能島孝志が「お墓の改葬(お引っ越し)」の解説で出演させていただきます。

ギモン隊(記者)が体当たり取材する"異色"のリポート。

食品や住宅などにまつわる身近な疑問から、
社会に潜む矛盾までギモン隊が徹底調査をするコーナーです。


近年増えているお墓の「改葬」。


生まれ育った郷里から現在の住まいの近くにお墓を移される方が年々増えています。

その理由と、市町村役場等への書類上の手続きにも迫ります。



「スーパーニュースアンカー」について詳しくはコチラまで
http://www.ktv.co.jp/anchor/index.html

「お墓の改葬(お引っ越し)」について詳しくはコチラまで
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/21554/

 

【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方
・中国・四国地方の一部



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

毎日新聞(2012年8月13日・夕刊)に当社の墓石免震施工技術が取材掲載!

毎日新聞2012.08.13.墓石免震施工.jpgのサムネール画像

第一石材が取り扱う墓石免震システム「安震はかもり®」についての内容が、
本日、2012年8月13日(月)の毎日新聞・夕刊に、取材記事として掲載されました。

以下にて、掲載内容を紹介させていただきます。


■免震 あの世の家も

墓を地震による倒壊から防ぐため、
耐震・免震工事が施された墓石が注目されている。

墓石と墓石の間に樹脂製の免震マットを挟むなど安価な方法が増え、
その傾向は東日本大震災後に顕著になっているという。

「長く守っていくものだから免震を決めた」。
神戸市北区の渡部憲一さん(68)は、
鳥取県米子市に先祖代々の墓を持っていたが、
2000年の同県西部地震で一部が倒壊。

2010年に居住地の神戸市内に改葬した際、免震マットの工事もした。


■墓の倒壊防止 マットや接着剤人気

一般的な3段重ねの墓石は全体で重さが約1トンあり、
対策を取らないと震度4~5程度で倒れてしまうという。

渡部さんの墓を手がけた第一石材(神戸市)は、
愛知県岡崎市のメーカー「安震」が開発した免震マットを使用。

5センチ四方の樹脂製マットを墓石のつなぎ目の四隅に取り付ける。

石の加工は必要なく、震度7程度にも耐えられ、施工費用は3万円程度だ。

「安震」によると、マットは2005年以降、全国で約9万基に施工。

東日本大震災以降は例年の2倍を超えるペースで注文がある。

※毎日新聞Webニュース「毎日jp」にも掲載!
http://mainichi.jp/select/news/20120813k0000e040274000c.html

墓石用免震システム『安震はかもり®』について詳しくはコチラまでhttp://www.anshinsystem.com/


㈱第一石材は主要官公庁、企業様、労働組合様等、
計24団体様との提携をさせていただいております。


指定店・特約店 主要契約先(五十音順・敬称略)

・カトリック大阪大司教区
・川崎重工労働組合
・神戸個人タクシー事業協同組合
・神戸市職員共済組合
・神戸税関労働組合
・住友ゴム労働組合
・全労災・兵庫県本部
・株式会社TASAKI(田崎真珠)
・電友会・兵庫支部
・兵庫県勤労福祉協会(ファミリーパック)
・兵庫県警友会
・兵庫県職員互助会
・兵庫県弁護士協同組合
・フジッコ株式会社
・富士通テン労働組合
・三菱重工労働組合・神戸造船支部
・三菱電機労働組合
・三ツ星ベルト労働組合
・株式会社八木研(現代仏壇)
・株式会社ユーハイム
・JA共済連兵庫
・JFEスチール労働組合
・SDカード優遇店
・TOA株式会社


【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方
・中国・四国地方の一部

 



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

本日、8/12(日)に日本テレビ「ここ掘れ!ワンワン」に出演!

墓石石種鑑定.jpgのサムネール画像 

本日、平成24年8月12日(日)から日本テレビの
関東ローカルで放送される新番組「ここ掘れ!ワンワン」がはじまります。

世間で話題の出来事や気になる疑問を個性豊かなディレクターが
掘って掘って掘りまくる作り手の顔が見える新型情報バラエティー番組です。


そこで、第1回目のテーマは「お盆」。


お盆といえば「お墓」。


...ということで、私が出演させてただくことになりました。

 

司会は有吉弘行さんと森麻季アナウンサー、
ゲストには三遊亭円楽さん、土田晃之さん、光浦靖子さん、
ラフルアー宮澤エマさん、といった方々が出演される予定です。

私は、といえば、全国の石材関連業者、1,200社以上が加盟する団体、
(一社)日本石材産業協会が認定する「1級お墓ディレクター」資格者としての出演です。

番組内では、「お墓ディレクター」とは、どのような資格なのかを解説し、
実際に霊園内において、お墓に使用されている石種の識別等も行います。


関西エリアで放送されないのが残念ですが、
関東方面にお住まいの方は、ぜひご覧になってください。


※日本テレビ、新番組「ここ掘れ!ワンワン」について詳しくはこちらまで
http://www.ntv.co.jp/program/detail/21812461.html


㈱第一石材は主要官公庁、企業様、労働組合様等、
計24団体様との提携をさせていただいております。

■指定店・特約店 主要契約先(五十音順・敬称略)
・カトリック大阪大司教区
・川崎重工労働組合
・神戸個人タクシー事業協同組合
・神戸市職員共済組合
・神戸税関労働組合
・住友ゴム労働組合
・全労災・兵庫県本部
・株式会社TASAKI(田崎真珠)
・電友会・兵庫支部
・兵庫県勤労福祉協会(ファミリーパック)
・兵庫県警友会
・兵庫県職員互助会
・兵庫県弁護士協同組合
・フジッコ株式会社
・富士通テン労働組合
・三菱重工労働組合・神戸造船支部
・三菱電機労働組合
・三ツ星ベルト労働組合
・株式会社八木研(現代仏壇)
・株式会社ユーハイム
・JA共済連兵庫
・JFEスチール労働組合
・SDカード優遇店
・TOA株式会社


墓石用免震システム『安震はかもり®』について詳しくはコチラまでhttp://www.anshinsystem.com/

【墓石建立可能地域】

・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方
・中国・四国地方の一部

 



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

墓石体感ショールーム/神戸新聞「HYOGO TOPIC」に掲載! [神戸市・第一石材]

 

神戸新聞・6月「HYOGO TOPIC」.jpg 

 

お墓のすべてが分かる㈱第一石材「墓石ショールーム」が平成24年6月19日(火)の神戸新聞「HYOGO TOPIC」に掲載されました。

 

墓石体感ショールーム!

「1級お墓ディレクター」が提案!
「墓石大賞」受賞3回!㈱第一石材



「お墓はどこで建てても同じ、違うのは値段だけ」と思っていませんか?

ところが建てた後に「注文した形と違う!」「数年でお墓が傾いた!」
などのクレームが消費者センターに数多く寄せられています。

「こんなはずではなかった...」と、後悔しないためにお薦めなのが、
「墓石大賞」受賞3度の第一石材「墓石ショールーム」。

ショールーム内には伝統的な「和のお墓」から最新の「デザイン墓石」まで多数展示。

 
また、墓石ショールームには、知りたい情報が満載!


墓石の価格、石の特性、地震対策等々、お墓に関するすべての情報を全面公開しています。
 
案内は、神戸新聞社「マイベストプロ神戸」"お墓のプロ"認定、
1級お墓ディレクター・能島孝志がお墓づくりのあらゆる質問に答えます(要予約・相談無料)。
 
来場者にはもれなく豊富な資料とDVDを無料進呈!

電話での勧誘や押しかけ営業一切なしの第一石材「墓石ショールーム」へ一度訪ねてみては。


【問い合わせ】㈱第一石材  0120-756-148

 神戸市兵庫区永沢町2-1-21 
 午前10時~午後5時半 第2・4木曜定休

詳しくはWeb「マイベスト神戸 第一石材」で検索


【墓石建立可能地域】

・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方全域
・中国・四国地方の一部

 


中国産墓石の価格上昇・2012年/①WBSにて放送

中国工場・墓石加工風景.JPG


日本ではその昔から、墓石はすべて国内で造られてきましたが、
高度経済成長期になると人件費の高騰により、
当時はまだ人件費の安かった韓国で造られるようになりました。

しかし、韓国もソウルオリンピックを機に人件費が高騰したため、
1980年代になると、その生産拠点は中国に移行しました。

中国南部、福建省の経済特区・アモイ周辺は世界最大の石材加工地で、
現在、日本の墓石の約8割がこの地域で生産されています。

80年代、日本の石材業界が技術を供与した結果、
国産より安価に墓石を生産できるようになりました。

しかし、近年は中国での人件費の上昇により、
中国で造られる墓石の価格が値上がりしています。

それに加え、インドや東欧など新興国のバイヤーが石材の買い付けを増やした結果、
中国では"石"の争奪戦が起こっているのです。


【墓石建立可能地域】

・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方全域
・中国・四国地方の一部

 


こだわりのそば膳と抹茶

楠寺・そば膳記事.jpgのサムネール画像

神戸新聞夕刊(2012年1月28日)「Happy Navi.Infomation on kobe」に掲載!


お一人ずつの永代供養墓「個人供養墓」を展開し、
当社が墓石を制作させて頂いております「楠寺」が
1月28日の神戸新聞に紹介されました。


~大倉山散策後は「楠寺」へ~

 

だれかを誘って、リフレッシュに出かけたいときのお勧めのスポット。

神戸なら大倉山にある「楠寺」だ。

山門を入れば、街なかにあるのがウソのような静けさ。

手入れの行き届いた庭園が静かに時を刻んでいる。


周辺は天下の名将・楠木正成公にゆかりが深い土地柄で、
「楠光さん」の愛称で親しまれている湊川神社が有名だが、楠寺もゆかりが深い。

開山は1329年(元徳元)年。

明極楚俊禅師が後醍醐天皇の命を受けて創建。

その後、湊川合戦で敗れた楠木正成公と
その菩提寺となったことから「楠寺」の通称が付いた。

正式名は醫王山廣嚴寺(いおうさん・こうごんじ)だ。


寺内には楠光さんの石碑のほか、
薬師如来像た楠光菩提600年を記念した十三重塔、
松尾芭蕉の句碑や鐘楼がある。


散策したあとは抹茶で一服。

瑠璃光庵(庵主・悠晃和尚)では、
こだわりのつゆが自慢のそば膳が楽しめる。

松、竹二種の「持鉢五膳(じはつごぜん)」と
軽めの「持鉢三膳」があり、昼限定で料金は2,000円前後。

事前に予約を。

☎078・366・5000

 

※神戸新聞に掲載の内容をそのまま紹介させていただきました。

 


12

« イベント案内 | メインページ | アーカイブ | 社長の独り言 »

このページのトップへ