5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > 社長の独り言の最近のブログ記事

社長ブログ お墓の情報満載!! 社長の独り言の最近のブログ記事

石材店は何故こんなウソを言うのでしょう?

「日本では、もう石が採れないと」石材店に言われた?

最近、当社にご来店されるお客様から時々妙なことを耳にします。


「日本ではもう石が採れないんでしょ!」


「最近のお墓は全部中国産ですってね!」


いったい、誰からそんなことを聞いたのかを尋ねると、
どこかの石材店の営業マンから聞いたとのことです。

 

 

全くのウソです!

 

 

その昔から、日本でずっと使われている国産の石のほとんどが、
今でも日々採掘され、墓石として加工されています。


もちろん、庵治石も、大島石も、本小松石もそうです。
 

 

b1.jpg

 

 

現在採れないのは、御影石の名前の由来にもなった、
兵庫県産の「本御影石」を含め、ほんのごく僅かの石種だけでしょう。

本御影石が、現在採掘できなくなった理由は、
採石場のある六甲山が国立公園の一部に指定されたからです。

もしかしたら、その営業マンは、この本御影石のことを指して、
「日本ではもう“みかげ石”は採れませんからねぇ」と言ったのでしょうか?

日本の石よりも、むしろ中国産の石の方が、
採掘中止に追い込まれている丁場がたくさんあります。

中国・福建省産の「G623」「G603」「G663」など多くの丁場がすで閉山となり、
2017年までに福建省の丁場の全てが、中国政府の強制政策で全面閉鎖となる予定です。




「庵治石でお墓を建てたい」と言ったら執拗に大島石を薦められた。

当社の墓石ショールームにお越し頂いたお客様とのやりとりです。

 

 

お客様:「庵治石はもう取れないんですか?」
私:「いいえ、ここにも展示してありますが…」
お客様:「でも、知人に紹介された石材店の店主から、庵治石はもう採れないし、
庵治石の採石場付近の工場も、もう2~3件しかない”と言われました」



このお客様は、その石材店から執拗に大島石の墓石を薦められたとか…。


庵治石が採れない?

現在では、庵治地方には稼働している工場が2~3件しかない?

 

 

これらも全くのウソです。

 

 

庵治石の採石丁場は全部合わせると40件近くあります。

 

 

b2.jpg

 

 

 

また、日本石材三大加工地の一つである、香川県・高松市の「庵治・牟礼」には、
200件近くの石材加工に関連する様々な工場が現在でも操業を続けています。

そして、庵治石は日々採掘され、これらの工場で製品として加工されています。
 

 

しかし、どうして石材店はこのようなウソを言うのでしょう?

 

 

その石材店が、庵治石の墓石を入手するルートがなかったのでしょうか?

それとも、その店主が庵治石が嫌いだったのでしょうか?


真意は分かりませんが、いずれにしてもウソはダメでしょう。

 

 

 

※“日本一の銘石「庵治石」”について詳しくはコチラまで

 



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

心温まる字彫り職人志望の好青年

 

ひと月くらい前の出来事ですが、
「字彫りを覚えたいのですが、求人をしていませんか?」
...と、20才代の青年が突然弊社に来られました。

その青年は、以前には墓所での施工工事の仕事をされていたとのことですが、
今度は墓石への文字彫りの技術を覚えたいとのことです。

しかし、あいにく弊社では、自社での文字彫を行っていないため、
残念ながら雇用させていただくことは不可能なので、
取引先の字彫り業者さんに、職人見習いの募集をやっていないか、
電話で尋ねてみましたが、そこも今は人は要らないとのことでした。

しかたなく、神戸市内で書家直筆の文字を使用し、
自社で墓石文字の彫刻を行っていそうな石材店を、
何軒かリストアップしてメモに書いて渡してあげたのです。

好青年.gif

それから、一か月ほど経った数日前に、その青年が再び弊社にやって来ました。


あいにく、私は外出中で会社には居なかったのですが、
「就職先が決まりました」との報告に来てくれたそうです。

最近の世の中では、年始の挨拶ですら年賀状も書かず、
メールで「あけおめ!」で済ましてしまう希薄なご時世に、
わざわざ、手土産を提げてまで、報告に来てくれるなんて、
なんと律儀な青年がいるものだと感心させられました。


結局、神戸市内で職は見つからず、
小豆島にて字彫りの勉強をされるそうです。

ほんのちょっとした人の好意に対してでも、
これほどまでの行動ができる彼ならば、
きっと、墓石に文字を彫刻する時でも、
一人一人のお施主様と亡くなられた仏様のことを、
思い浮かべながら彫り上げていくことでしょう。


これから字彫りを覚えて一人前の職人になった際には、
彼が彫り上げた作品をぜひとも見てみたいものです。

わざわざ、報告をしにきていただき、有難うございました。



新天地で技術習得に向かって頑張ってください。

かげながら、応援させていただきます。
 



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

手間ひまをかけてこそ喜んでいただけるお墓が出来上がるのです。

最近では何もかもが早くて簡単にという傾向にありがちです。

忙しさに追われている時の食事ならそれも仕方ありません。

しかし、お墓というものは一生に一度建てるかどうかのもので、
そこには、大切な方が眠る場所であるという特別な商品です。

そんな大切であるお墓も最近では手間ひまをかけず、
早く簡単に消費者に提供されている傾向にあります。

庵治・牟礼加-蓮華加工.jpg

香川県/庵治・牟礼のやくもの加工工場による蓮華加工


元来、お墓づくりというものは、
石工が切り出された原石をノミでかたちを整え、
砥石の番手を変えながら磨き上げていくという、
気の遠くなるような作業を繰り返しつくられてきました。

その後、切削機や自動研磨機など機械工具の発達で、
お墓の加工工程も随分と変わってきました。

別に機械化されたことが悪いことではありません。

逆に機械化されたことによって製品精度や
研磨の仕上がり具合が格段に進歩いたしました。

 

庵治・牟礼加工-自動研磨.jpg

 

香川県/庵治・牟礼の加工工場での自動研磨加工


研磨工程においては、石の表面を7~8種類のダイヤモンド砥石を使い
光沢が出るまで丁寧に時間をかけて磨き上げていきます。

しかし、日本の市場に流通している墓石の8割以上が中国でつくられているという現状で、
すべての墓石がこのような丁寧な工程でつくられているでしょうか?


私の知り得る限りでは、極めてごく僅かでしょう。

 

中国での研磨工程.JPG

 

中国の加工工場での手動研磨加工


中国の石材加工工場では日本のような高度な加工機械を導入している工場は少なく、
多くの工場では人海戦術にて製品加工を行っています。

自動研磨機を導入している工場であっても、
実際には稼働しておらず、手動研磨による加工をしているといった工場もあります。

なぜならば、加工機械の導入よりも、明らかに人件費の方が安かったのと、
自動研磨機で磨くよりも人力で加工・研磨をした方が早く仕上がるからです。

もちろん、その各加工の工程において薬品処理や着色などの
様々な「ごまかし加工」を行い、より一層手早く製品加工をしている工場もあります。


しかし、それらの事実は消費者の方々が知るよしもありません。

 

3次元CAD図面.jpgのサムネール画像

 

墓石完成イメージの3次元CAD図面

 

また、墓石や外柵の形状についても設計の仕方によって、
墓地での施工が簡単だったり難しかったりします。

たとえば、デザイン的に見て格好は良いが、施工に手間取る形状と、
デザイン的にもごく普通で、墓地での施工もしやすい形状の2種類があるとしましょう。

さて、お施主様から特別なご要望がない場合、提供する側の石材店としては、
同じ価格で販売するとすれば、どちらの形状にてデザイン・設計をするでしょう。

このような問題は、単に外観上だけの部分だけではなく、
ご遺骨を納めるカロートなどの見えない部分の構造においても言えることです。

こういった際にも、最近の風潮である早くて簡単な方法を石材店が選択するとしたならば、
お施主様に満足していただけるものとはほど遠いお墓が出来上がってしまうのですが、
残念なことに、一般消費者の方々でお墓に精通してらっしゃる方はほとんどいないため、
「まあ、こんなものか...」というかたちでお施主様も納得してしまうのです。

彫刻文字・図案レイアウト図面.jpgのサムネール画像 

墓石の形状に合わせて彫刻文字や図柄をレイアウト

これは、墓石の加工・施工といった部分だけではなく、
墓石に彫刻を施す文字等についても同様のことが言えるでしょう。

かつては、お墓に刻む文字といえば、書家が描いた直筆の文字を、
字彫り職人が彫り上げる、というのがごく当たり前の工程でした。

ところが、最近では墓石に彫刻する文字の業界専用ソフトもあり、
全自動字彫ロボットによる文字彫刻なるものも登場したり、
中国にて文字まで彫り上げて輸入されてくる墓石もごく当たり前の時代となりました。

いずれの文字を使用しているかは、
それぞれの石材店によって異なりますが、
出来上がったお墓をお施主様がご覧になられた際に、


「こんな文字だとは思わなかった...」


「もう少し文字を大きくして欲しかった...」


「文字と図柄のレイアウトが気に入らない...」


...などのトラブル事例を近ごろよく耳にします。


近年、洋型墓石やデザイン墓石などのオリジナル形状のお墓が増えるにつき、
墓石に彫刻する文字の大きさや位置などのレイアウトについても好みは千差万別です。

ましてや、グラフィックデザイナーなどのプロが行っているのではなく、
大半が石材店内部にて営業担当などが行うわけですからなおさらのことです。

こういった文字彫刻などのトラブルの要因は、
原寸大にてレイアウトを施した文字や図柄の原稿を
コピーしてお施主様にご提示するか、しないかだけの問題です。

しかし、原寸大にコピーをするとなると、
通常のコピー機ではA3サイズまでしか対応できないため、
当然コピーサービスのお店に足を運ぶ必要があります。

そうするとなれば確かに手間はかかるでしょうが、
この段階ならば少なくとも前述のようなトラブルは、
事前に回避でき、いくらでも修正が可能なはずです。


日本経済はデフレ社会からなかなか脱却できず、
価格競争ばかりが先行しているとは言え、
お墓は代々にわたり長く使っていただくものだけに、
売り手側の都合だけを優先したデザインや設計をしたり、
加工・施工工程をすすめていくのではなく、
常に消費者側にたったお墓づくりが石材店には求められていると思います。


プロの料理人はお客様に料理を提供する際には
食材選びから器の選定、味はもちろんのこと、
盛り付けやもてなしなど、あらゆる面に細心の注意をはらっています。

石材店もお墓づくりもお墓づくりのプロのはずです。
手間ひまをかけてこそ喜んでいただけるお墓ができあがるのです。


【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方
・中国・四国地方の一部
 



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

「心をカタチに...」本物だけを追い求めてとことんこだわりたい。[神戸・兵庫のお墓・墓石]

能島孝志「心をカタチに」.jpgのサムネール画像

阪神・淡路大震災の年、平成7年に神戸のこの地に産声を上げ、
今日まで「心をカタチに...」をモットーに、
お客様の感性に響くお墓を造り続けてきました。

売り込みの電話や、自宅への押し掛け営業等をせず、
お問い合わせやご来社いただけるお客様だけで、
ここまでやってこれたのは、当社の確かな技術力に対して、
お客様が高い評価をくださったからではないかと自負しております。

おかげさまで、現在では神戸市内をはじめ、
中国、四国地方や関東方面にいたるまで、
多くのお墓づくりをさせていただきました。


故人の人生を振り返り、思い出の場所・言葉・趣味・仕事・生き方など、
自分らしさを形に残す、記念碑的な意味合いを表現できる「デザイン墓石」は、
私が、独立開業前の勤務時代の約20年前に始めたものです。

今でこそ多くの石材店が「デザイン墓石」に取り組むようになってきましたが、
その当時は、洋型墓石といっても"オルガン型"と呼ばれる、
単純な直方体の画一的なデザインのものが大半で、
「デザイン墓石」なんて呼び方すら存在しませんでした。

 

「デザイン墓石写真集Ⅱ」.JPGのサムネール画像

当社の墓石は、全国書店で発売中の『デザイン墓石写真集Ⅱ』、
『美しい墓』(六月書房発行)に50基以上掲載されました。

 

庵治ストーンフェア「高松市長賞」受賞.jpg

さらに、日本三大石材加工地の一つ、四国・香川県の庵治(あじ)で行われた、
「庵治ストーンフェア2008」では"高松市長賞"をいただきました。

 

 

                                                                                                                                    

「墓石大賞」受賞3度の実績.jpgのサムネール画像

他にも、『仏事ガイド』(六月書房発行)主催の「墓石大賞」を、
2007年、2008年、2011年と、3度受賞し、作品としても高い評価をいただきました。



「お客様に正直」であること......。

 

社会のルールとして当然と思われていたことが、
今、どれだけ実践されているでしょうか?

ニュースなどで様々な偽装事件や情報の隠匿が問題になる度に、
商いを営む一人としては本当に悲しくなりますが、
そんな時だからこそ、本物の技術、本物の製品へのこだわりを、
持ち続けなければならないと思っております。

そして、当社が新たに取り組むのは、和みの心を持ち、
モダンでありながらも何処か懐かしさを感じさせる
デザイナーズブランド墓石『カーサ メモリア』です。


一生に一度買うかどうかの大切なお墓づくり。
 

是非とも、ご自身の目でお確かめいただきますようお願い申し上げます。


【墓石建立可能地域】

・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方全域
・中国・四国地方の一部

 


お客様の嘆きの声!「自分の想ったお墓を造れない石材店に頼むしかない霊園」

 

山下家墓碑-1.jpg 

昨年末、当社に若い男性(以下Aさん)の方からお問い合わせの電話をいただきました。

墓地はすでにとある民営霊園に確保をされており、
お墓のデザインについてのお問い合わせでした。

Aさんはお父様を亡くされデザイン墓石の建立を考えておられるとの事です。

Aさんが当社にお問い合わせをいただいたのは、
全国の個性的なデザイン墓石を100点以上掲載の書籍、
『思いのこもる美しい墓』(六月書房発行・1,680円)に掲載されている
当社設計・製作の墓石の写真をご覧になられ気に入っていただいたからです。

使用石種や写真だけでは判りにくい部分についてなど、
かなり詳しく内容をお知りになりたいご様子でした。


私どもが製作した墓石に高い評価をいただき有り難い限りです。


Aさんの墓地だと当社の商圏エリアでもあったので、
「よろしければAさんの墓地の大きさに合せて設計・お見積りをさせて頂きますが」

......と尋ねたところ、Aさんが購入した民営霊園には「指定石材店制度」があり、
霊園が指定する石材店以外ではお墓を建てることができないとのことです。
(ここ最近ではもっとも多く聞く相談内容の一つです)

なるほど!それなら仕方ないと、色々説明させてもらった後に、
「このような特殊なオリジナルデザイン墓石の製作に精通している石材店でないと、
失敗につながるケースも少なくないですよ!」とアドバイスをさせていただきました。

後は、Aさんの希望どおりのお墓が出来ることを陰ながら願うしかありません。

 

山下家墓碑-2.jpg


その後、年が明け今度はAさんの奥様からの電話です。

霊園指定の石材店にAさん夫婦の要望を伝え、
設計・見積りをしてもらったとの事ですが、
Aさん夫婦が想っていた形とイメージが違っていて、
このままだと「想っているものからどんどん遠ざかっていくような気がする」との事です。
 


神戸新聞マイベストプロ神戸主催無料セミナー「お墓選びで知っておきたい5つのポイント」を終えて

神戸新聞マイベストプロ神戸セミナー.JPGのサムネール画像


昨日は、JR三宮駅前のミント神戸17Fにある、
神戸新聞文化センターにて開催されました、
神戸新聞マイベストプロ神戸事務局主催無料セミナー
「お墓選びで知っておきたい5つのポイント」にご来場いただき、
誠にありがとうございました。

ほとんどの方にとって、お墓を建てるのは一生に一度あるかないかのこと。
まして、決して安い買い物ではありません。

必要なものとはいえ、日用品をポンと買うのとはわけが違います。

お墓を立てるのは家を買うのとよく似ています。
家も一生に幾度とない大きな買い物。
難しいことやわからないことばかりです。
けれど、だからといって、あなたは大切な家を建てるとき、
誰かにすすめられるがまま簡単に決めて買ってしまいますか?
住宅会社にまかせっきりにして、ポンとお金を支払いますか。

いいえ、そんなことはきっとしないでしょう。

お墓も同じです。お墓は何十年、何百年の間、ずっとそこにあり続けるのです。
その場しのぎで、とりあえず間に合えばいいというものではありません。
お墓はどこで建てても同じではありません。
設計、構造、デザイン、施工、そして石の善し悪しや
職人の技術などにより大きく異なります。

この度のセミナーは、皆様方がお墓を建てたあと、
深い満足感や幸福感に包まれることを願って行いました。

ただ、一時間という短い時間の中ですべてを伝えるには難しく、
駆け足での説明になってしまった部分も数多くありました。

そこで、詳しくお話が出来なかった部分については、
次回より、このブログにてお伝えさせていただきたいと考えております。

少しでもご参考にしていただき、
満足できるお墓が出来上がることを心から願っております。

また、弊社にお越し頂いての直接のご相談も承っております。
弊社では相談後の電話勧誘や営業行為も一切致しておりませんので、
お気軽にご相談ください。もちろん無料です(笑)。

 


1

« ニュース・報道情報 | メインページ | アーカイブ | お墓エピソード »

このページのトップへ