5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > オリジナルデザイン墓石の最近のブログ記事

社長ブログ お墓の情報満載!! オリジナルデザイン墓石の最近のブログ記事

「第20回墓石大賞」受賞モデルをリデザインしたお墓【神戸市立鵯越墓園:TH家】

ご提案から設計・御見積りまで

2015年(平成27年)6月に奥様を亡くされたTH様。

御年90才を過ぎておらるTH様はとてもお元気で、
モダンなオリジナルデザインのお墓を希望されました。

お嬢様とお婿様が選んだ神戸市立鵯越墓園の希望区画が確保でき、
TH様が選んだのは当社墓石ショールームに展示の「第20回墓石大賞」受賞モデル。
                                          

160513a.jpg

「第20回墓石大賞」受賞モデル



墓石本体の基本デザインはこの形で石種のみ一部変更を希望されました。

メイン部分には、インド・アンドラプラディッシュ州産で産出される、
黒に近い濃い緑色で重厚な雰囲気を持つ「M1-H」をお選びになられました。

墓石のアクセントと外柵の主要部分には、インド・カルナタカ州で産出される、
上品なグレーの色調が特徴の「アーバングレー」をご提案させて頂きました。

これら、いずれの石も硬い石質と極めて低い吸水率を誇るため、
降雨後の水シミなども出ない耐久性に優れた石と言えるでしょう。


2.3次元カラーCAD図面 .bmp

3次元カラーCAD図面



ベンチを設け、柔らかなシンプルなラインが特徴のシンプルな外柵は、
お参りのしやすいバリアフリー仕様にて設計させて頂きました。


墓所基礎工事:その1「鉄筋コンクリートべた基礎工事」

さて、いよいよ墓所での基礎工事開始です。


3.基礎工事(墓所掘り方).jpg

ユンボを使って墓所全体を30㎝くらい掘り下げます。


4.採石敷設、転圧.JPG

割栗石を入れて砕石を敷き詰めジャンピングランマーで転圧します。


5.鉄筋配筋.JPG

D10(直径10㎜)の鉄筋を20㎝ピッチで配筋いたします。
丸い筒は、水抜き穴を確保するためのものです。


6.鉄筋コンクリートべた基礎.JPG

型枠を組み、コンクリートを流し込んで「べた基礎」の完成です。
外柵の構造に合わせて、コンクリートの高さ位置を変えてあります。


十分に硬化させるまで、このままの状態で約1カ月間養生いたします。
家もお墓も同じで、やはり「基礎工事」が大切です。


その間に、私は中国・福建省の弊社指定工場に製品検品に出向きます。


中国・福建省、弊社指定工場にて製品検品



7.棹石修正.JPG

墓石棹石上部のアール加工の形状が思っているイメージと違ったので、
工場の職人さんにお願いして、その場で削って修正してもらいました。


製品の制作を石材商社に頼らず自ら中国に出向くからこそできるのです。


8.外柵部材検品.JPG

外柵(巻石)部材も中国の加工工場で仮組みして各部分のサイズ等を検品。


9.ベンチ検品.JPG

ベンチと外柵との結合用穴あけなど、細かい部分もしっかりチェック。


10.霊標検品.JPG

霊標(墓誌)の研磨精度や文字彫刻スペースを確認します。


この検品と先ほど加工修正を依頼した墓石棹石の磨きが終わり次第、
すべての部材を梱包して、日本へ向けて船積み出荷の段取りです。


墓所基礎工事:その2「エフロ防止下地工事」

基礎工事の養生期間も終わり、続いて第二段階の基礎工事です。


外柵(巻石)のバリアフリー部分の石張り施工をする際には、
一般的には、鉄筋コンクリート基礎工事の上にモルタルを敷き、
その上に、石を貼っていくという工法を用います。

しかし、このモルタルを使った工法による石張り工事は、
石の表面がボロボロになる「エフロレッセンス」の危険性があります。

「エフロレッセンス」については、羽黒石材工業㈱の中野さんが、
画像付きで詳しく解説してくれていますのでこちらをご覧ください。
「石の表面がボロボロになる?怖いエフロレッセンスの恐怖!!」


そのため、弊社では、石との相性が悪いモルタルを使用せず、
コンクリート基礎の上にみかげ石を用いた下地工事を行った上に、
石材用ボンドを使用して石張り施工をさせて頂いております。


11.エフロ防止下地基礎工事①.JPG

12.エフロ防止下地基礎工事②.JPG

13.石張り施工.JPG

外柵(巻石)据え付け工事

中国の指定工場で検品を終えた各部材が日本に到着後、
墓石の周囲を囲む外柵(巻石)の据え付け工事です。
お家の工事で言うところの「外構工事」のようなものです。


14.巻石の各コーナーをL字金具で結合.JPG

巻石部材の各コーナー部分を、ステンレス製L字金具を用いて、
内側からアンカーボルトでしっかりと固定することにより、
土圧等により、巻石が開いたり外れたりすることを防ぎます。


もちろん、モルタルを使わず石材用ボンドを使用します。


15.カロート(納骨室).jpg

外柵の中央には、大切なご遺骨を納めるカロート(納骨室)を設置します。

外柵工事完成後、またしばらくの間このままの状態にしておきます。


墓石、霊標への文字・模様の彫刻

弊社の場合、墓石本体、霊標、そして模様彫刻を施す外柵部材に関しては、
中国・福建省、厦門(アモイ)の港から、神戸に運ぶのではなく、
一旦、香川県、高松市の「庵治・牟礼(あじ・むれ)」に運びます。

「庵治・牟礼」といえば、日本石材三大加工地の一つで、
200軒ほどの石材加工関連工場が集まる日本最大の石材加工地です。


そこには、最高の技術力を誇る様々な分野の石職人さん達がいます。


弊社がここに彫刻部材を搬入するわけは、卓越した技術を誇る、
宮本力夫文字彫石材さんに、文字や模様を彫ってもらうためです。


16.墓碑文字彫刻レイアウト.jpg

文字や模様を彫刻する前に、原寸大原稿や墓石の型紙をつくり、
ミリ単位の調整をし、慎重に文字や模様の彫刻位置を決めていきます。


墓石据付(設置)工事


いよいよ工事も最終段階、墓石本体や霊標の設置工事です。


17.墓石据付工事.jpg

石材用ボンドを用いて、花立や香炉などを固定します。


18.墓石免震施行.JPG

震度7に対応した墓石免震システム「安震はかもり®」を装着します。
                                    
1919.jpg

お墓の最も大切な部分である棹石(仏石)を慎重に設置します。


20.霊標(墓誌).jpg

故人の名前を刻んだ霊標(墓誌)を設置して工事完了です。


21.TH家墓碑完成.jpg

墓石棹石の正面と外柵のバリアフリー部分にはアクセントとして、
新進気鋭の墓石デザイナー・福田和哉氏がデザインした、
墓石用彫刻模様「Add」の中から「桜」を選んで彫刻させて頂きました。

耐久性に優れた2種類のインド産みかげ石を使用した、
流れるような優しいラインが特徴のバリアフリー墓石の完成です。


作品データ

■石碑:幅840×奥行980×高さ975

<使用石種>

・M1-H(インド・アンドラプラディッシュ州産)
・アーバングレー(インド・カルナタカ州産)

■外柵

<使用石種>

・M1-H(インド・アンドラプラディッシュ州産)
・アーバングレー(インド・カルナタカ州産)

■墓所:神戸市立鵯越墓園

■設計・制作・施工:株式会社 第一石材




top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

第25回「墓石大賞」に選出されました![神戸市立鵯越墓園]

弊社にて建立させていただきましたオリジナルデザイン墓石「佐藤家墓碑」が、
2013年(平成25年)8月に東京で行われた『霊園ガイド』(株式会社六月書房発行)主催の、
「第25回墓石大賞」において、“墓石大賞”に選出されました。

 

2013.jpg

 

 

第19回(2007年)、第20回(2008年)の2年連続受賞、
第23回(平成23年)、第24回(平成24年)の受賞に続き、
今回で3年連続、計5度目の“墓石大賞”を頂くこととなりました。

 

 

選考委員

村上 恵一氏(公益社団法人 全日本墓園協会事務局長)
小谷 みどり氏(第一生命経済研究所主任研究員)
酒本 幸祐氏(株式会社六月書房 代表取締役)

 

 

選評

2.JPG

 

究極のシンプルさを求めた、洗練されたデザインの墓石だ。

施主自体が基本デザインを考えたということだが、
ともすると装飾過多に陥りがちなオリジナルデザインの墓石で、
花立・香炉・水鉢を全て排した潔さは見事である。

石材の配色も良い。

どこか茶道に通じるものを感じる。

 

 

第25回「墓石大賞」受賞作品紹介

とにかくシンプルでローワイドのデザイン墓石でということで、
先ずは、お施主様自身がお好みのイメージの形をラフスケッチにて描かれ、
それをもとに、構造面・機能面等を考慮しながら、当社にてアレンジさせていただきました。

墓所が公営墓地につき、枯れたお花の処分や自身の墓所内の掃除は自らがする必要があるため、
汚れの原因となる花立・香炉・水鉢を一切排除したデザインを希望されました。

 

3.JPG

 

総御影石張りの墓所内フロア部分は、お参りのしやすいバリアフリータイプにて設計し、
墓参の際には、故人とゆっくり語り合っていただくためのベンチを向い合せに設けました。

通常、デザイン墓石への家紋彫刻はあまり似合わないケースが多いのですが、
外柵中央に彫り入れた「源氏車」の家紋はワンポイントとして墓石のデザインに上手くマッチしました。

墓碑銘には、有名書道家が数点揮毫した中から選んだ「和」の文字を、
香川県「庵治・牟礼」の碑銘彫刻師・宮本力夫氏の匠の技にて深く美しく彫刻いたしました。

ペイントを施さずとも文字がくっきり浮き上がって見えます。

最近では、多くの石材店がパソコンのフォント文字を使用し、
全自動字彫り機や安価な中国での字彫りで仕上げた墓石が数多く流通しています。

一般消費者の方々に石の良し悪しや加工精度を見分けるのは至難の業ですが、
彫り上がった文字の良し悪しは、誰が見ても一目で違いが分かるほどの差があります。

書には『こころ』が込められています。

人が描いて、熟練職人が丹精込めて彫り入れてこそ想いが伝わるのでは思うのですが…


 

作品データ

■神戸市立鵯越墓園(兵庫県神戸市)

■区画面積 4.0㎡(間口cm200×奥行200cm)

■石碑:幅116cm×奥行82cm×高さ37cm

【使用石種】G354/中国マホガニー(中国・山東省産)
      G623(中国・福建省産)
    
■外柵:幅200cm×奥行200cm×高さ30cm

【使用石種】G354/中国マホガニー(中国・山東省産)
      G623(中国・福建省産)

■基本デザイン:佐藤 顯一 様

■設計・製作:株式会社 第一石材


top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

第24回「墓石大賞」に選出されました![神戸市立鵯越墓園]

弊社にて建立させていただきましたオリジナルデザイン墓石の「金本家墓碑」が、
2012年(平成24年)8月に行われた『霊園ガイド』(株式会社六月書房発行)主催の、
「第24回墓石大賞」において、“墓石大賞”に選出されました。

 

霊園ガイド2012(下).JPG

第19回(2007年)、第20回(2008年)、第23回(平成23年)の受賞に続き、
今回で計4度目の“墓石大賞”を頂くこととなりました。



選考委員からの選評

第24回「墓石大賞」-1.JPG

 

藤井 正雄氏(大正大学文学部名誉教授

村上 恵一氏(公益社団法人 全日本墓園協会事務局長)

小谷 みどり氏(第一生命経済研究所主任研究員)

 

選評

「ニューインペリアルレッド」の花立がポイントになっている、デザイン性に優れた墓石である。

濃いグリーンの色味を持つ「M1-H」と、透明感のあるグレーが特徴の、

「アーバングレー」を用いた美しい色調が秀逸。

様々な石材を組み合わせて使用しているのにも関わらず、 見る者にすっきりとした印象を与える、

モダンな雰囲気の和型墓石である。

 

 

第24回「墓石大賞」受賞作品紹介

第24回「墓石大賞」-2.JPG

 

 

フラワーアレンジメントをイメージして設計した花立台座の下部には、線香を寝かせて置くタイプの、

ステンレス製香炉皿を設置し、その手前の納骨口ふた板の上部には、

ステンレス製水皿を組み込んでおります。

背面と底面以外のすべてにアール加工等の細工を用いた墓石竿石は、 左右の窪み部分の大きさや位置が、なかなか左右対称に仕上がらず、 3つの原石を無駄にし、4つ目の原石にてようやく出来上がったのが今回の作品です。


第24回「墓石大賞」-3.JPG

 

 

総御影石張りの墓所内フロア部分は、お参りのしやすいバリアフリータイプにて設計し、

京友禅デザイナー・小野雅男氏デザインの「薔薇」の花の図案を彫刻することで、

単に足元の滑り止めとしての機能性だけではなく、美観性をも考えた設計です。




第24回「墓石大賞」-4.JPG

 

 

外柵のラインに合わせ、アール加工を施した墓誌(法名碑)上部の表題文字の左右にも、

フロア部に彫刻を施したものと同じデザインの「薔薇」の花をアクセントとして彫刻いたしました。

 

 

作品データ

■石碑:幅85cm×奥行71cm×高さ95cm

使用石種

M-1H(インド・アンドラプラディッシュ産)

アーバングレー(インド・カルナタカ州産)

ニューインペリアルレッド(インド・カルナタカ州産)

 

■外柵:幅150cm×奥行200cm×高さ30cm

使用石種

M-1H(インド・アンドラプラディッシュ産)

アーバングレー(インド・カルナタカ州産)

 

■墓所:神戸市立鵯越墓園

 

■設計・製作:株式会社 第一石材



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

「庵治石極上細目(こまめ)」を使用した豪華オリジナルデザイン墓石 [兵庫県たつの市]

庵治石細目デザイン墓-1-thumb-500x226.jpg

 

亡きお母様を祀るため、O家のご長男様・ご長女様からご依頼のもと、

兵庫県たつの市内の共同墓地に建立させていただいた一際目を引くデザイン墓石です。

亡きお母様が生前に、一般墓所4区画分の広さの墓地を確保されておられました。

十分過ぎるほどの広さなので、単に墓所の周囲を石で囲んだ外柵にしてしまうのではなく、

墓所全体をお城のイメージを基本コンセプトとして、デザイン・設計をさせていただきました。

外柵は、植栽に囲まれた外堀、ベンチを配した内堀、そして、天守閣にあたる中央部は、

須弥壇に見たてたイメージにて設計し、庵治石極上細目のオリジナルデザイン墓石を設置いたしました。

外堀の外柵には、柔らかなアイボリー系の御影石「G623(中国・福建省産)」と、

世界一赤い御影石である、「ニューインペリアル(インド・カルナタカ州産)」を使用しております。

 


庵治石細目デザイン墓石-2-thumb-500x332-thumb-500x332.jpg

墓所全体を、お参りがしやすく段差の少ない、バリアフリータイプにて設計し、

外柵(外堀)の左右には、「ニューインペリアル(インド・カルナタカ州産)」と、

「G623(中国・福建省産)」を使用した、特徴ある形状の墓前燈籠を配置いたしました。

外柵(内堀)には、淡いライトグレーが特徴の御影石「213(中国・湖南省産)」と、

ツートンカラーでありながらも、優しいコントラストを演出したかったので、

あえて黒御影石は使用せず、濃いブルーグレーが特徴の御影石「551(中国・黒龍江省産」を選びました。

 

 

庵治石細目デザイン墓石-3-thumb-500x332-thumb-500x332.jpg

 

 

外柵(内堀)には、ゆっくりとお参りをしていただき、心行くまで亡きお母様と語り合っていただくために、
下部にお掃除用具などを収納できる、扉付き収納庫を設けたロングベンチを左右にご用意させていただきました。

外柵(内堀)右側に設置した、故人の名を刻んだ霊標(墓誌)の横には、
飲み物などを置いていただくための、だ円柱形の御影石製ミニテーブルをご用意いたしました。


墓参時にゆっくりお弁当でも食べながら、故人を偲んでいただきたいとの願いを込めてのものです。

 

 

庵治石細目デザイン墓石-4-thumb-500x332.jpg

 

 

外柵(内堀)左側には、オリジナルデザイン墓石にイメージを合わせてデザインを施した御影石製塔婆立と、
O家墓所専用の水桶とひしゃくをご用意し、強風の際にも飛ばされない工夫を施した収納スペースを設けました。

 

 

庵治石細目デザイン墓石-5-thumb-500x291-thumb-500x291.jpg

 

 

入口フロア部のアプローチ部分の拝石には、滑り止め加工として、バーナー仕上げを施し、
墓石前部の拝石には、京友禅デザイナー・小野雅男氏デザインの図案、「唐草」を中央に配し、
左右には「葡萄」と「木蓮」の図案を、サンドブラスト加工にて滑り止め加工を施すことにより、
単に、「滑り止め」という機能性だけにとどまらず、見た目の「美観性」をも考慮しての設計です。

 

 

庵治石細目デザイン墓石-6-thumb-500x332-thumb-500x332.jpg

 

 

墓所内中央に配置された墓石本体の形状は、庵治石細目だけが持つ独特の石目を生かすため、
奇をてらわず、シャープなラインを基調とし、シンプルな中にも独自性を持たせた形状にて設計いたしました。

墓石本体の石種は、世界で最も高価な御影石と言われる、日本の銘石、香川県産の「庵治石」の中でも、
最高品質と評される、大丁場・田淵石材産の「庵治石細目極上細目(こまめ)」を使用しております。

採掘される庵治石全体の中でも、ほんのごくわずかの庵治石にだけ見られる庵治石最大の特徴である、
「斑(ふ)」と呼ばれる、湿り気を与えた二重がすりのように見える模様が墓石全体に浮き出た最高級品です。

墓石の正面には、パッケージデザイン等を数多く手がける、
グラフィックデザイナー・深田利幸氏揮毫の「絆」の文字を、
香川県「庵治・牟礼」の碑銘彫刻師・宮本力夫氏の匠の技にて彫り上げました。

また、墓石の左右には、外柵(外堀)左右に設けた墓前燈籠とは別に、
風が吹いても消えない、ステンレス製防風カバーを取り付けた小型燈明立を設置いたしました。

さらに、墓石本体への地震に対する対策といたしましては、
国土交通省所管の独立行政法人である、UR都市再生機構の実験施設において、
阪神・淡路大震災クラスの「震度7」での倒壊試験にクリアした墓石免震システム、
『安震はかもり®』を装着し、ご先祖様を地震からお守りいたします。


広い墓所に、ふんだんに石を使用した、ただ単に大きいだけのお墓ではなく、
美観性、耐久性、機能性、利便性、安全性など、すべての観点から捉えた設計にこだわり、
トータルバランスのとれたオリジナルデザインの墓石が完成したと自負しております。

 

 

庵治石細目デザイン墓石-7-thumb-500x251.jpg

 

 

■墓石:幅104㎝×奥行91㎝×高さ110㎝

・使用石材:庵治石極上細目(香川県産、大丁場・田淵石材産)


■外柵:幅682㎝×奥行370㎝×高さ40㎝

・使用石種:213(中国・湖南省産)
      551(中国・黒竜江省産)
      ニューインペリアル(インド・カルナタカ州産) 
      

■設計・製作:株式会社 第一石材 


■墓所:兵庫県・たつの市内共同墓所



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

「心をカタチに...」本物だけを追い求めてとことんこだわりたい。[神戸・兵庫のお墓・墓石]

能島孝志「心をカタチに」.jpgのサムネール画像

阪神・淡路大震災の年、平成7年に神戸のこの地に産声を上げ、
今日まで「心をカタチに...」をモットーに、
お客様の感性に響くお墓を造り続けてきました。

売り込みの電話や、自宅への押し掛け営業等をせず、
お問い合わせやご来社いただけるお客様だけで、
ここまでやってこれたのは、当社の確かな技術力に対して、
お客様が高い評価をくださったからではないかと自負しております。

おかげさまで、現在では神戸市内をはじめ、
中国、四国地方や関東方面にいたるまで、
多くのお墓づくりをさせていただきました。


故人の人生を振り返り、思い出の場所・言葉・趣味・仕事・生き方など、
自分らしさを形に残す、記念碑的な意味合いを表現できる「デザイン墓石」は、
私が、独立開業前の勤務時代の約20年前に始めたものです。

今でこそ多くの石材店が「デザイン墓石」に取り組むようになってきましたが、
その当時は、洋型墓石といっても"オルガン型"と呼ばれる、
単純な直方体の画一的なデザインのものが大半で、
「デザイン墓石」なんて呼び方すら存在しませんでした。

 

「デザイン墓石写真集Ⅱ」.JPGのサムネール画像

当社の墓石は、全国書店で発売中の『デザイン墓石写真集Ⅱ』、
『美しい墓』(六月書房発行)に50基以上掲載されました。

 

庵治ストーンフェア「高松市長賞」受賞.jpg

さらに、日本三大石材加工地の一つ、四国・香川県の庵治(あじ)で行われた、
「庵治ストーンフェア2008」では"高松市長賞"をいただきました。

 

 

                                                                                                                                    

「墓石大賞」受賞3度の実績.jpgのサムネール画像

他にも、『仏事ガイド』(六月書房発行)主催の「墓石大賞」を、
2007年、2008年、2011年と、3度受賞し、作品としても高い評価をいただきました。



「お客様に正直」であること......。

 

社会のルールとして当然と思われていたことが、
今、どれだけ実践されているでしょうか?

ニュースなどで様々な偽装事件や情報の隠匿が問題になる度に、
商いを営む一人としては本当に悲しくなりますが、
そんな時だからこそ、本物の技術、本物の製品へのこだわりを、
持ち続けなければならないと思っております。

そして、当社が新たに取り組むのは、和みの心を持ち、
モダンでありながらも何処か懐かしさを感じさせる
デザイナーズブランド墓石『カーサ メモリア』です。


一生に一度買うかどうかの大切なお墓づくり。
 

是非とも、ご自身の目でお確かめいただきますようお願い申し上げます。


【墓石建立可能地域】

・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方全域
・中国・四国地方の一部

 


他人のお墓・墓石のデザインを真似したらどうなるの?最終話④類似商品であることを知らずに使用している場合 [神戸市・第一石材]

カーサメモリア・やすらぎ.JPGのサムネール画像

デザイナーズブランド墓石「カーサ メモリア」シリーズ『YASURAGI』


■他人のお墓のデザインを真似したらどうなるの?①特許権・意匠権の内容
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27763/

※上記のコラムからのつづきです

 

使用者が類似製品を知らずに使っていた場合、
特許権者などがこれらの請求をすることができるでしょうか?

実際上の紛争事例でも、侵害者が意匠権を侵害しているとは
思っていなかったなどと主張することもあります。

この場合、権利侵害につき過失がないのではないかという点が問題になります。

しかし、特許法、意匠法ともに、法律上、
権利侵害者には過失が推定される規定が存在します。

特許権や意匠権は公開される(特許庁の特許電子図書館で誰でも検索可能)ので、
侵害者には過失があるものと推定されているのです。

したがって、よほどの理由があって、
過失はなかったという反証(事実上、難しいといえます)ができない限り、
侵害につき過失があったものと判断されるのです。

なお、差止請求については、侵害者に故意または過失が
要求されるものではありませんので、これに関係なく請求が可能です。


【墓石建立可能地域】

・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方全域
・中国・四国地方の一部

 


他人のお墓・墓石のデザインを真似したらどうなるの?③特許権・意匠権の侵害があった場合にとりうる手段 [神戸市・第一石材]

お墓のデザイン盗用.JPGのサムネール画像

デザイナーズブランド墓石「カーサ メモリア」シリーズ『NAGOMI』


■他人のお墓のデザインを真似したらどうなるの?①特許権・意匠権の内容
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27690/

※上記のコラムからのつづきです

 

特許権侵害・意匠権侵害があった場合には、
どういった対応を取ることができるのでしょうか?

侵害行為があった際に取り得る手段は、
①損害賠償、②差止請求、③信用回復措置請求、の3つです。

損害賠償請求は、故意または過失により権利侵害した者に対して、
権利者が被った損害、つまり自らがその権利に基づいた石材製品を販売していれば
その分の利益を得られたわけですし、最低でもライセンス料を取得できたはずですから、
そうした損害について賠償するよう請求するものです。

特許法と意匠法では損害額を推定する規程を設けていますので、
損害額を証明しやすいということができます。

また、差止請求とは、その特許権や意匠権を侵害する者または
侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止または予防を請求することです。

その場合には、侵害行為を組成した物の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却、
その他侵害の予防に必要な行為を請求することができます。

つまり、権利侵害する石材そのものの廃棄やその石材を製作するにあたって
使用する型等の設備の除却を求めることができます。

さらに、信用回復措置請求として、裁判所は、故意または過失により、
権利者の業務上の信用を害した者に対して、
その信用を回復するのに必要な措置を命ずることができます。

例えば、謝罪広告等が考えられます。

いずれの請求も、裁判所の判決に従わない場合には強制執行をすることになります。


【墓石建立可能地域】

・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方全域
・中国・四国地方の一部

 


他人のお墓・墓石のデザインを真似したらどうなるの?②特許権・意匠権の侵害がある場合とは... [神戸市・第一石材]

デザイン墓石・意匠権2.JPGのサムネール画像

デザイナーズブランド墓石「カーサ メモリア」シリーズ『禅』


■他人のお墓のデザインを真似したらどうなるの?①特許権・意匠権の内容
http://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27666/

※上記のコラムからのつづきです

 

他家のお墓のデザインが気に入ったからといって、
安易に真似をすると特許権・意匠権等の侵害により、
損害賠償請求等の法的問題に発展するおそれがあることは、
前回のコラムにてお話しさせていただきました。

では、具体的にどのような場合に、特許権や意匠権を
侵害したといえるのかを法律の専門家に解説していただきます。


2.特許権・意匠権の侵害がある場合とは

石材製品という、「物の特許」の場合、
その特許の内容(これを特許請求の範囲、通称クレームといいます)は、
「AとBとCからなる石材」といったように、
A・B・Cという構成要件を有することになります。

そして、この特許権を侵害したというためには、
原則として、A・B・Cという構成要件からなるクレームを
そのまま使用したといえなければなりません。

仮に、A・B・Dという構成要件からなる石材を使用したとしても、
それでは原則として特許権を侵害したということにはならないのです。
(ただし、均等論という考え方がありますがここでは省略します)

これに対し、意匠権の場合は、対象となっている意匠そのものを
勝手に使用するような場合に加え、類似する意匠を使用するときも
意匠権の侵害となる可能性があります。

もっとも、類似の範囲というのは、
どこまでが類似の範囲内といえるのかという
極めて難しい問題があります。

具体的な行為が特許権・意匠権を侵害するかは、
専門の弁護士や弁理士にご相談されることをお薦めします。



どこまでの範囲が特許権や意匠権の侵害の範囲になるかは別として、
いずれにしても他家のお墓のデザインや機能を無断で盗用することは
かなりのリスクがつきまとうということを理解しておく必要があります。



※参考文献:「日本石材工業新聞」(日本石材工業新聞社発行)第1932号より引用



             ~つづく~



【墓石建立可能地域】
・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方全域
・中国・四国地方の一部


 


他人のお墓・墓石のデザインを真似したらどうなるの?①特許権・意匠権の内容 [神戸市・第一石材]

デザイン墓石・意匠権1.JPGのサムネール画像

 デザイナーズブランド墓石「カーサ メモリア」シリーズ『蕾・Ⅰ』


近年においてはお墓のカタチも様々で、
従来からの伝統的和型墓石だけにとどまりません。


従来からある「オルガン型」と呼ばれるシンプルな洋型墓石。


石材商社や石材店がデザインした「デザイン墓石」。


お施主様のご要望に基づき設計した「オリジナルデザイン墓石」。


プロのデザイナーがデザイン・設計した「デザイナーズブランド墓石」。


...と、そのカタチや種類は多岐多様にわたります。


多くの方は、墓地や霊園を購入し、お墓を建てる際には、
近隣の方々がどんなお墓を建てているかを見て回ることでしょう。

そして、ふと目にしたよそ様のお墓がとても気に入り、
後日、石材店に行って、そのお墓と同じカタチで、
自身の家のお墓を注文する、といったケースも少なくありません。

また、石材店側もお客様の要望と自社の商売優先のため、
平気で他家のお墓のデザインを盗用しているケースも数多く見られます。

こういったケースで、安易に他家のお墓のカタチをそのまま真似て、
お墓を建てると法律的に問題が生じる場合があります。


【石材店からの質問】

当社で開発した石材関連製品で、
デザイン・機能ともによく似た商品が出回っています。

当社製品は特許もあり、意匠登録も済ませていますが、
特許や意匠登録に抵触している場合、
どのような法的措置をとることができるのでしょうか?

また、類似商品であることを知らずに使っている石材店にも
法的措置を取ることはできないのでしょうか?


【法律家の回答】

侵害した者に対し、損害賠償の請求、使用の差止請求、
信用回復措置の請求を求めることができます。

類似商品であることを知らないで使用している
石材店に対しても同様の請求をすることができるでしょう。


【法律家による解説】

1.特許権・意匠権の内容

特許が登録され、特許を所得した場合、特許権者は特許出願から20年間は、
その特許発明を実施する権利を専有できます。

同様に、意匠が登録され、意匠権を取得した場合、
その意匠権者は意匠登録の日から20年間は、
その意匠及び、これに類似する意匠の実施をする権利を専有できます。

従って、これらの権利が存続している期間に、権利者以外の第三者が、
特許権の対象となっている石材や意匠権の対象となっている
石材及びその類似製品を使用する場合には、権利者の許諾が必要となり、
その許諾に当たっては、通常はライセンス料が発生することになります。


【墓石建立可能地域】

・兵庫県・神戸市及び関西地方
・東京周辺の首都圏
・近畿地方全域
・中国・四国地方の一部

 


2011年度「墓石大賞」にて"大賞"に選ばれました! [神戸市立鵯越墓園]

 

妹尾家墓碑1.JPGのサムネール画像 

【和らぎと斬新の融合】

~デザイン墓石に秘められた家族の絆~


ご家族のご希望は、斬新の中に和らぎを感じられる、
「亡き父への感謝の想いを込めたお墓」でした。

製作過程では、何度もお話を伺い、イメージを描き出します。

そして、グラフィックデザイナー、書道アーティスト、
設計部門とのコラボレーションによる、
オリジナルデザイン墓石をご提案させていただくことが出来ました。

そして、完成品は高い評価を得、2011年8月に行なわれた、
『仏事ガイド』(株式会社六月書房発行)主催の
「第23回墓石大賞」において、"墓石大賞"を受賞いたしました。

2007、2008年度と、過去にも二度の"墓石大賞"を頂き、
ナチュラルで美しいデザインが評価されました。

 

妹尾家墓碑2.JPGのサムネール画像


■施主:妹尾家
■霊園:神戸市立鵯越墓園
■仕様:6.0㎡(間口2.0m×奥行3.0m×高さ1.2m)
■使用石材
・石碑:山西黒(中国・山西省産)、213(中国・湖南省産)
・外柵:山西黒(中国・山西省産)、213(中国・湖南省産)

■設計・製作・施工:株式会社第一石材

【審査員からの選評】


斬新なデザインの中にも、安らぎを感じる墓である。

直線が持つ鋭さと、曲線が表現する柔らかさが同居する
墓石全体の意匠は、非常にデザイン性が高い。

竿石の天の大胆なカッティングと、
庵治の石工がノミを入れたという「絆」の文字が、
相乗効果で味わいと迫力を感じさせる。

2011年度「墓石大賞」受賞作品を映像で紹介しています
http://www.youtube.com/watch?v=1hIRIGRBTN4


2007年度「墓石大賞」受賞作品について詳しくはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/case/cat_de_stone/entry_715/
2008年度「墓石大賞」受賞作品について詳しくはこちらまで
http://www.daiichisekizai.com/case/cat_de_stone/entry_714/


第一石材では、只今『デザイン墓石写真集Ⅱ』を無料貸し出し中です。
(営業エリア内の方に限る)
詳しくは"セミナー・イベント情報"まで。
http://pro.mbp-kobe.com/daiichisekizai/seminar/#295

 


1234

« 石材情報 | メインページ | アーカイブ | 「墓石大賞」受賞作品 »

このページのトップへ