5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > イベント案内の最近のブログ記事

社長ブログ お墓の情報満載!! イベント案内の最近のブログ記事

『先祖の話』解説講演会/平成26年9月23日(参加無料)

「先祖の話」解説講演会/日本石材産業協会・兵庫県支部主催

18.jpg

 

お盆が終わると、すぐにお彼岸の時期がやってきます。


亡きものを手厚く祀るという行為は、地球上で、唯一人間だけが行う行動です。


大切な家族が亡くなれば、お葬式を挙げ、日々お仏壇に手を合わせ、
ご遺骨はお墓に納め、事あるごとにお墓参りを行う。

日本では、ごく普通の出来事であったはずのことが、
最近では、亡き人の扱い方に大きく変化が表れています。


「葬儀は費用がかかるので行わない」


「仏壇は邪魔になるので買わない」


「残されたものに迷惑が掛かるので、お墓は要らない」…などなど。


こうした、現代社会で見失われた「生と死の尊厳」について、
今一度、見つめ直して欲しいとの想いを込めて、
一般社団法人 日本石材産業協会・兵庫県支部では、
平成26年9月23日(火・祝)に、『先祖の話』解説講演会を開催いたします。
 



柳田國男著「先祖の話」を小畠宏允氏が解説

画像2「先祖の話」.JPG

 

兵庫県出身の民族学者、柳田國男の名著「先祖の話」(初版1946年)の、
仮名遣いや漢字を読みやすく改めた改訂版の監修を務めた、
小畠宏允氏が分かりやすく解説する講演会です(参加無料)。


「ご先祖様」とはどんな存在?


「ご先祖様」とは誰のこと?


ご先祖様は「神様」?「仏様」?


お墓参り・何か良いことがあるの?


こんな素朴な疑問や、本当は聞いてみたかったお墓とご先祖の話を、
この機会に、ぜひ大切な人と一緒に聞いてください。


 

「先祖の話」解説講演会(無料)/参加申し込み方法

 

■開催日時:平成26年9月23日(火・祝)

■場   所:神戸国際会館 大会場(9階)

■時   間:13:30(開演:13:00)~15:30

■定   員:250名(抽選)…事前申し込み

■講   師:小畠宏允(おばた・ひろのぶ)氏


【お申し込みはハガキまたはFAXで】

住所・氏名・電話番号・参加人数(2名まで)と、
「第一石材ホームページ」を見たとご記入の上、
以下に、ハガキまたはFAXにてお申し込みください。

★抽選の上、当選者の方には「聴講券」の発送をもってお知らせいたします。


【住所】
〒662-0857 西宮市中前田町3-14
一般社団法人 日本石材産業協会・兵庫県支部
         「先祖の話」解説講演会係

【FAX】0798-38-0345(24時間受付中)


この講演会で、日本固有の祖霊信仰や命の大切さを理解していただきたいと考えております。
https://www.youtube.com/watch?v=PVtzojFakIc



top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

大晦日は大倉山「楠寺」の"年越しそば振る舞い(無料)"で新年を!

 

年越しそば.jpg  

 

いよいよ2011年も今日一日となりました。

自然災害や深刻な円高など暗いニュースが多かったこの一年。

大晦日には来る年の幸運を願いながら「年越しそば」を楽しみたいものです。

「年越しそば」の由来としては色々ありますが、
「人生はそばのように細く長く生きられるように」がよく知られています。

年越しそばの風習が広まったのは、江戸時代中頃と言われています。

その他の「年越しそば」の由来としての説は以下のようなものがあります。


年越しは、楠光さんゆかりのお寺「楠寺」で!

 

廣嚴寺・楠寺.jpg

「除夜の鐘」と「年越しそば」で新年を! 23時30分頃から。


神戸の大倉山にある「楠寺(くすのきでら)」。

神戸市営地下鉄「大倉山」駅から徒歩約2分という街なかにあるのが
ウソのような閑静な佇まいの庭園が静かに時を刻んでいます。

この界隈は天下の名将、楠木正成公にゆかりが深い土地柄で、
「楠光さん」の愛称で親しまれている「湊川神社」が有名ですが、
このお寺も楠木正成公とゆかりが深い。

開山は元徳元年(1329年)、明極楚俊(みんきそしゅん)禅師が
後醍醐天皇の命を受けて創建したというから、700年近くの歴史があります。

その後、湊川合戦で敗れた楠木正成公とその一族の
菩提寺となったことから「楠寺」の通称名が付いたのです。


正式には「醫王山 廣嚴寺(いおうざん こうごんじ)」といいます。


「楠寺」では、茶会や落語会など年間行事を随時開催しておりますが、
年越しは無病息災と家内安全を祈願して、除夜の鐘をつくことができます。

煩悩を払ったあとは、本堂の座敷や境内で年越しそばの振る舞い(無料)も。

良き一年の始まりにあたたかいお蕎麦で身体を温めて、
初詣に出かけてみてはいかがですか。


【除夜の鐘・そば振る舞い】

12月31日(土)23:30分頃から(無料)


 


入場無料!61社が出展する石材ビッグイベント開催!

石フェス神戸・案内リーフ.jpgのサムネール画像



JAPAN石フェス2011inKOBE



兵庫県・神戸を舞台とする業界展示会
「JAPAN石フェス2011inKOBE」(略称:石フェス神戸)が、
来る11月23日・24日の二日間にわたって開催されます。

会場は神戸国際展示場(神戸市中央区・ポートアイランド内)。

この展示会では、全国各地の石材採掘・加工メーカー、石材商社、
石材関連企業ら計61社(団体も含む)が出展することになっており、
業界最先端の製品・情報・サービスが一堂に集結。

様々な企画やセミナーも充実しており、
業界の最新情報をゲットできる絶好の機会になるでしょう。

 

石フェス神戸・会場風景イメージ.jpgのサムネール画像

   

【注目のイベント!】

今回の「石フェス神戸」では、業界関係者だけではなく、
一般消費者の方々も来場の対象としており、
"エンドユーザー"の視点を意識した企画や
イベントを用意しているのも特徴の一つです。
 

1.石フェスラウンドツアー

展示会ガイド隊を結成し、会場内の出展業者を回りながら、
石の採掘から加工、製品に仕上がるまでの加工プロセスを紹介する、
というこれまでの展示会にはない、
新しい切り口の取り組みとして注目の企画です。

一般来場者の方々に石を身近に感じていただきます。

 

石フェス神戸・お墓なんでも相談会.jpgのサムネール画像


2.お墓なんでも相談室

一般来場者の方々向けに、お墓に関する
悩みや相談にお応えする「お墓なんでも相談室」。

お墓の引越し(改葬)、宗派別のお墓の建て方など、
お墓に関するあらゆる質問に、「お墓ディレクター」取得者が対応してくれます。


3.「日本の銘石サンプル」、「採石~加工工程パネル」展示

全国各地で採掘されている「日本の銘石」を展示するほか、
採掘から加工、墓石になるまでの製造工程を紹介するパネルを展示いたします。

一般消費者の方々へ向けての情報提供の一つです。


石フェス神戸・石あかり.jpg


4.癒しの空間「石あかりのこみち」

展示会場内の特設コーナーに、全国の若手石材人が制作した
「石あかり」約40点を展示し、幻想的な癒し空間を演出いたします。

"石屋"ならではの技術と感性を活かした
希望の「灯」の数々を堪能していただけるでしょう。


5.東日本支援コーナー

東北石材産地の現状と共に、㈳日本石材産業協会が
被災地支援の取り組みとして行っている墓地復旧活動を紹介いたします。

石材人としてそれぞれが出来る復興支援について考える「場」でもあり、
「神戸」から日本を、そして石材業界を元気にしたいという
「石フェス神戸」開催への想いが込められたコーナーです。


6.石の「絆」モニュメント

来場者、スタッフ、出展社など、会場にいる全員で
復興祈願モニュメントを制作いたします。

東北産の石材を使用し、
「想いをひとつに、ノミとツチを手に繋いでいこう」という企画です。

完成品は被災地に設置されることになっています。

ぜひ、皆様も一緒に参加しましょう!


7.「列島十三重の塔」展示

全国各地の採石業者が素材を提供し、
愛知県・岡崎産地の加工職人の技術をマッチング。

日本の銘石17種類を使って制作した
世界で唯一の「十三重の塔」が展示されます。

10月に行われた「第20回岡崎ストーンフェア」会場でも
注目を集めた逸品、神戸に再登場!

 

石フェス神戸・レムジア.jpgのサムネール画像


8.石匠庵神(せきしょうあじん)「レムジアショー」
▶11月23日 ①12:00~/②14:30~


今年6月の"あじストーンフェア"で登場した、
業界初の石工ヒーロー「レムジア」が会場特設ステージに登場。

「人との絆、感謝の心を伝えるストーリー」は
業界人ならずとも共感できると評価が高いものであり、
ぜひチェックしておきたいイベントです。

 


1

« セミナー・相談会案内 | メインページ | アーカイブ | ニュース・報道情報 »

このページのトップへ