HOME > 営業マン「ゼロ」、産地直接仕入れの第一石材のお墓の値段

営業マン「ゼロ」、産地直接仕入れの第一石材のお墓の値段

1.「お値打ち価格店」と「激安店」、どちらを選びますか?

いざ、お墓を建てるとなるとやはり気になるのは値段でしょう。


「お墓はどこの石材店で建てても同じ!
値段もたいして変わらないだろう?」



一般消費者の中には、このように思っておられる方が意外に多いのです。

お墓は決して安い買い物ではないし、買い替えのきく商品でもありません。

また、他の商品と違って情報も少なく、どんなものが良いのか?
どんなものが悪いのかも、一般消費者にはよく分からない商品です。


それだけに、先ず知りたいのが値段です。


当社では、数十万円から1,000万円を超える墓石まで取り扱っておりますが、
「どこよりも安く!」という激安をウリにしている店ではありません。


その理由は、激安にすると良い墓石が提供できないからです。


良いお墓づくりには、良い石、良い加工、耐久性に優れた構造、
しっかりとした基礎工事、地震に対する免震施工などが不可欠です。


catch03_150406.png

しかし、激安となれば、これらの条件にかなった墓石はつくれません。
かと言って、他社と比べて特別高い値段を頂いているわけでもありません。

営業マンを雇っていない、石材商社を介さず産地からの直接仕入れなど、
企業努力により、できる限りの良心価格で対応させていただいております。


2.先ずは「墓石ショールーム」をご覧ください。

お墓のことは分からないからといって、日用品の様にポンと買うわけにはいきません。

ましてや高価なものだけに、パンフレットや図面、見積書だけでは、
実際に使用する石や墓石の構造、工事工程の詳細などは分かりません。


値段だけは安いがそれなりのものもあります。


先ずは、当社墓石ショールームにお越しください。


161023_1.JPG

ショールームには、伝統的な和型墓石から、シンプルな洋型墓石からデザイン墓石まで、
さまざまなカタチの墓石や、世界中の石材サンプルを取り揃えております。


駐車場完備、完全バリアフリータイプの屋内展示場です。


墓石の価格やさまざまな石の特質、製造過程・流通経路など、
消費者の方が知りたい情報をすべてガラス張りで公開しております。


「ひやかし!」「見るだけ」大歓迎です。


私、代表の能島孝志が、他の石材店では絶対教えてくれない、
中国の石材加工事情や「ごまかし加工」の実態など、業界最新情報をお伝えします。


高いか、安いかは、その後にご判断頂ければ結構です!


当社「墓石ショールーム」を映像で紹介しております。

○映像はコチラをクリック!

03.jpg

なお、当社では、墓石ショールームのご見学やお墓の相談につきましては、
すべてのお客様に対し、私、能島孝志が対応させていただいております関係上、
(...というより、当社には営業マンがおりませんので全て私が対応しております)

ご面倒ですが、以下より「予約カレンダー」をご確認の上、
お電話にて事前にご予約
いただけますようお願い申し上げます。



○「予約カレンダー」はコチラ!


3.しつこい売り込みや後追い営業一切なし!

石材店へ行ったらしつこく売り込まれるのではないかが心配でしょう。


一般的には全くその通りです!


見積りを依頼したとたん、その後に営業電話は掛かってきたり、
営業マンが頻繁に家にやってきたりということになるでしょう。



04.jpg

なぜなら、営業マンにはノルマがあるからです!


しかし、当社には営業マンが1人も居ませんのでご安心ください。


さすがに、経営者である私には営業ノルマはありません。


御見積り後の催促電話も一切しておりません。



お電話を掛けるとすれば、設計上や御見積もり上で、
お尋ねしたいことやご確認したいことがある場合だけです。

あまりにも、こちらから何の連絡もしないものですから、
以前、あるお客様から「おたくの会社は注文が欲しくないのか?」、

とお叱りを受けたほど、しつこい営業行為は一切しておりません。


どうぞ、ご遠慮なくお問い合わせの上、ご来社ください。



4.全て自社設計、産地直接仕入れだから安心!

石材店のほとんどは石材商社を介して墓石を仕入れ、
それを営業マンが販売するというのが一般的な流通経路です。


それは、国産墓石も中国産墓石も同様です。



中には、自社で墓石の加工をしている石材店もありますが、
その数は少なく、都心部ではほとんど見られませんし、
自社でつくるとしても、限られた石種と決まった形の墓石だけでしょう。



05.JPG

ただ、石材商社を介して墓石製品を仕入れるとなると、
どこの工場で誰が加工したのかが分からないのが最も不安な点です。



近年は人件費の高騰で、中国産墓石も値上がりしています。


石材商社によっては、石材店に出来るだけ安く墓石を卸したいという想いで、
少しでも加工賃の安い中国の工場を使って製品をつくっているところもあります。



そうなると、製品のあきらかな品質低下に直結します。


しかし、そのように品質が悪い製品であると石材店も分かっていても、
消費者からより一層の値引きを迫られた場合などには、
他社との相見積もりでの競合に勝つために取り扱わざるを得ないのです。


当社が激安店でない理由は、国産、中国産に関わらず、
製品レベルの低い工場は、いくら値段が安くとも使わないからです。



06.JPG

当社は、他社様と比べると原価率はかなり高い方だと思いますが、
営業マンに係る経費がない分、お客様には良心価格で提供できるのです。


仮に、どこかのお店に食事に行って、少々値段が高くて不味かったとしても、
もう二度と行かなければ済むことですが、お墓はそうはいきません。


ここ数十年の間に住宅や家電製品など、あらゆるものが進化してきたのと同じく、
お墓の構造や施工方法についても変わってきて当然なはずです。


161023_2.jpg

いつどこで地震が起こっても不思議でない地震大国日本という環境を考え、
建築レベルの頑強な基礎工事や、「震度7」の揺れに対応した免震施工、
納骨室の中に水が入らない特殊構造の墓石(当社特許出願構造)など、
外見的には、ひと昔前のお墓と見た目はそう変わらないとしても、
見えない部分の構造や施工方法は進化させていく必要があります。

しかし、そうするには創意工夫とコストが掛かるのと、一番の原因は、
「そこまでしなくても、どうせ一般消費者には分からない」という、
現代社会における利益優先の悪しき社会構造に原因があります。

これは、なにも墓石業界だけに限ったことではなく、
マンションの杭打ち偽装や免震ゴムのデータ改ざんで問題になった建設業界や、
賞味期限切れ食品の不正販売が頻繁に起こる食品業界、
さらには、大手自動車メーカーに至るまでが平気で不正を行う時代です。


どこの石材店も自社の製品を悪く言うところはありません。


しかし、実際にお墓が完成してみたら、思っていたものと違うなど、
お墓に関する石材店とのトラブル事例は後を絶たず、
国民生活センターには、2015年に1192件のトラブル相談が寄せられています。


ちなみに、葬儀のトラブル相談件数は617件、同じく仏壇は608件です。


トラブルに巻き込まれないためには、先ずは消費者の方々が、
お墓に関する知識を事前に持たれることが必要不可欠です。

親戚が建てた石材店だから、テレビのCMでよく見る石材店だから、
地元の老舗の石材店だから安心、などという安易な石材店選びは危険です。

ご面倒かも分かりませんが、石のこと、お墓の構造のこと、国産墓石の加工、
外国産墓石の流通経路、施行のことなど、ありとあらゆる観点から、
じっくりとお調べになられることが良いお墓づくりの近道なのです。


もちろん、当社にご相談いただけるのなら大歓迎です。


訪問や電話による、しつこい売り込み営業は一切いたしておりませんので、
どんなことでもご遠慮なくご相談ください。(相談無料・要予約)

本当に満足のいくお墓ができるかどうかは、
「石材店選び」で決まるといっても過言ではありません。



どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

このページのトップへ