HOME > 鵯越墓園の墓石 > こだわりの和型デザイン墓石(5・最終話)お墓・墓石本体工事編【神戸市立鵯越墓園:TK様】

鵯越墓園の墓石

< こだわりの和型デザイン墓石(4)外柵(巻石)工事編【神戸市立鵯越墓園:TK様】  |  一覧へ戻る

こだわりの和型デザイン墓石(5・最終話)お墓・墓石本体工事編【神戸市立鵯越墓園:TK様】

以下のブログからの続きです。最初からご覧ください。

(1)基礎工事編
(2)下地基礎石工事、及び製品検品編
(3)おしゃれな模様を彫刻したお墓編
(4)外柵(巻石)工事編


お墓・墓石本体据付工事

外柵工事も終わり、最後のお墓本体の据え付け工事です。


0826_1.JPG

0826_2.JPG

カロート(納骨室)の上部に石材用ボンド(接着剤)を付け、
クレーンで吊り上げた墓石最下部の台をゆっくり下していきます。

                              
0826_3.JPG

0826_4.JPG

阪神・淡路大震災クラスの"震度7"に対応した墓石免震ゲル、
「安震はかもり®」を装着し、次の部材を組み上げていきます。
この際に使用する接着剤は、弾力性・対候性・接着力に優れ、
変形追従性の特徴を持つ専用接着剤「安震アイバ」を使用します。


0826_5.jpg

0826_6.jpg

慎重にスリンを下し、棹石(竿石)を設置します。


0826_7.jpg

0826_8.jpg

最後に、霊標(墓誌)や水鉢などの付属品を配置して、
こだわりの和型デザイン墓石「和・モダン」の完成です。


こだわりの和型デザイン墓石の全容



0826_9.jpg

墓石の正面文字は、神戸の書家、千葉正幸氏直筆の文字を、
日本三大石材加工地の一つである香川県「庵治・牟礼」の、
宮本力夫石彫石材様の匠の技にて彫刻させて頂きました。

白や黒のペイントを施さなくてもくっきり見えるよう、
深く力強く彫り上げられた文字は、コンピュータ文字を使用し、
全自動字彫りロボットで彫刻したものとは一線を画しています。


0826_10.jpg

柔らかな曲線を活かしたデザインが特徴のオリジナル花立てと水鉢。


0826_11.JPG

随所にオリジナルデザインの彫刻を施したベンチ付き外柵(巻石)です。


0826_12.jpg

メインに中国・黒龍江省のの高級青みかげ石「G1704-K12」、
アクセントにインド産の黒みかげ石「Y1」を使用しております。


このお墓は、神戸市立鵯越墓園きりしま11区(3.0㎡墓所)に建っています。


平成28年度の鵯越墓園新規墓地の募集地区でもありますので、
お墓建立をお考えの方は是非ともご覧になって頂きたい作品です。


なお、当社墓石ショールームにも同デザインの墓石を展示しております。


ちょっとした工夫で、お墓のイメージは大きく変わるのです。


私ども第一石材では、お客様の想いをカタチや構造に表した、
"こだわりのお墓づくり"をモットーにご提案させて頂いております。



                ~おわり~

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

< こだわりの和型デザイン墓石(4)外柵(巻石)工事編【神戸市立鵯越墓園:TK様】  |  一覧へ戻る

このページのトップへ