HOME > お墓のリフォーム

お墓のリフォーム

雑草が生えない施工をしたお墓【神戸市立鵯越墓園内・H家墓所】

以下のブログからの続きです。
神戸市立鵯越墓園内、H家墓所解体工事


0811_1.JPG

昭和43年(1968年)にH様の亡き夫の両親が建てた墓石と、
その右側にある建立年月不詳の古墓の撤去が終わり、
新しい墓石のカロート(納骨室)を設置するために、
墓所の中央部分を掘り下げ転圧をし、地面を突き固めます。


0811_2.JPG

0811_3.jpg

砕石を入れ、鉄筋を組み、コンクリートを流し込み、
水平器でレベルを取りながらカロートを設置します。


0811_4.JPG

カロートの設置が完了したら周囲に砕石を入れていきます。
以前は、この部分に真砂土を使う工法が一般的でしたが、
雑草が生えやすいため、当社では真砂土を使用せず砕石を入れます。


0811_5.JPG

外柵(巻石)は既存のものをそのまま使用するため、
内側のデコボコ部分を削り、四隅をステンレス製L字金具で固定します。


これで、内側からの圧で巻石が外に開くのを防ぐことが出来ます。


0811_6.JPG

下台、上台、供物台などの墓石部材を組み上げていきます。


0811_7.JPG

"震度7"に対応した墓石用免震ゲル「安震はかもり®」を装着します。


0811_8.jpg

霊標(墓誌)は以前からあったものを使用しますが、
そのままの状態で墓所の砕石の上に設置しますと、
霊標自体の自重で傾くおそれがありますので、
下部にコンクリートブロックを敷き、その上に設置します。


0811_9.JPG

0811_10.JPG

墓石及び、霊標、物置石等の付属品の設置が終わると、
墓所内全体に雑草の生えにくい土「防草マサ」を入れます。

                            
0811_11.jpg

「防草マサ」を墓所全体に敷き詰めたら玉砂利を入れて、
H家墓所のリフォーム工事が完成いたしました。


img_beforeafter01.jpg

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

神戸市立鵯越墓園内、H家墓所解体工事

0525_1.jpg

昭和43年(1968年)にH様の亡き夫の両親が建てた墓石と、
その右側にある建立年月不詳の古墓を撤去し、
巻石と霊標(墓誌)のみを残し、その他を新調リフォームの工事です。


0525_2.jpg

建立後50ほど経過しているとはいえ、墓石に問題はないのですが、
墓石棹石正面にキリスト教の象徴である十字架が彫刻してあるため、
宗教色がないものにされたいというご意向から建て替えとなりました。


0525_3.JPG

0525_4.JPG

墓石の解体を進めていくと、ご遺骨がでてきました。

墓石解体工事の際には、お施主様立ち会いのもと事前に出骨しておくか、
工事の日にお施主様に来て頂き、ご遺骨の状態を確認して頂きます。


0525_4_2.JPG

納められているご遺骨の数を確認して頂くことも大切です。
そして、工事期間中は一旦ご遺骨をご自宅にお持ち帰り頂きます。


ご遺骨だけは、私たちが弁償できないものですから。


0525_5.JPG

H家墓所と後ろの方の墓所との隙間にイタドリが大量に根を張り、
巻石が押し出され後ろ側に外れていましたのでイタドリを除去します。


0525_6.JPG

手作業で、根っこまで抜きます。

外れた巻石は、後日、ステンレス製L字金具を使用して、
内側からアンカーボルトで固定し、外れないようにいたします。


0525_7.JPG

先ずは、既存墓碑解体工事の完了です。

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

このページのトップへ