HOME > 墓地を探す

墓地を探す

墓地・霊園の一覧を見る 墓地・霊園の種類について

公営墓地(霊園)

都道府県、市町村などの自治体が管理・運営している墓地です。
※所有自体は自治体ですが、実際の管理・運営は、財団法人などが代行している場合もあります。

公営墓地は、永続性が保証されており、民営墓地や寺院墓地よりも永代使用量や管理料が安く、自治体ということで費用も安く人気も高いです。また、宗教・宗派などの制限が無いのも特徴と言えるでしょう。

注意点

自治体によっては生前に購入することができません。
現住所がその自治体にあることや、居住年数など購入条件が付く場合があります。

民営墓地(霊園)

財団法人や社団法人などの公益法人が運営している墓地です。
※永続性、公共性などが損なわれるため、基本的に墓地の経営は、一般企業に対しては許可がなされません。
※1968年の法改正以前からの経営されている墓地・霊園はそのままです。

前述の公営墓地と比べると、永代使用料や管理費等は多少割高になります。
しかし、公営墓地と比べ購入条件(お申し込みの制限)がかけられることが、殆どありません。

ポイント

霊園によって、設備や規定は様々です。お墓のデザインや大きさなども自由に選べる場合もあります。
また、生前に購入(お墓の準備)することも可能な点は特徴の一つと言えます。

寺院墓地(霊園)

運営者が寺院の墓地の事です。これまでは主として「檀家」になることが条件でした。 ※昨今は、それでは墓地使用者を集めにくいと言うことで、在来仏教に限って募集している場合もあります。

良い点としては、管理や運営面で人間的であることが挙げられます。
悪い点としては、民営墓地などと比べるとサービスの質が低い場合があります。

檀家とは

仏教用語で【お布施をする】の意味で、護持会費や寄付などによってお寺の維持に協力する俗家のことです。
住職との交流や寺院の行事などにも参加して、普段からの親しい関係作りが大切です。

その他の墓地(村落墓地・個人墓地)

「墓地、埋葬に関する法律(墓埋法)」が制定される以前につくられた墓地です。

村落墓地・・・村落の住民が共有していた墓地
個人墓地・・・個人の私有地に造られた個人の墓地

※現在、新しく墓地を造るには都道府県知事の許可が必要であるため、こうした墓地を造ることは難しいと考えられます。


墓地・霊園を選ぶポイント

POINT1 宗教・宗派

あなたの宗教・宗派は何?

墓地を申し込まれる際に宗教・宗派に条件が定められている、墓地(霊園)は数多くあります。
あなたが属する宗教・宗派は何か、予め確認をしておきましょう。

※在来仏教に限ってどの宗派でも構わないという墓地などもあります。

POINT2 立地条件

お墓までの交通手段や移動時間

自宅からお参りに行くのに、どのような交通手段で行けばよいのでしょうか?
車やバス、電車など様々な交通手段があります。

  • 最寄の駅から墓地(霊園)までの所要時間
  • 電車やバスなどの運行時間
  • タクシーの有無
  • 送迎の有無
  • 周辺の地形や道路状況

等を調べておく必要があります。
お参りにきていただくことなども考慮した方がよいでしょう。

POINT3 費用面

墓石を求めるのに必要な費用

墓石を求めるには、

  • 永代使用料
  • 管理費
  • 墓石代

が、必要です。
また、その他に開眼供養や、納骨がある場合は諸費用がかかります。
予めどのくらいかかるのか、管理事務所や石材店に聞いておいた方がよいでしょう。

POINT4 環境面

日当たりや水はけのよいところを

墓地(霊園)の環境としては、

  • 日当たりがよい
  • 風通しがよい
  • 水はけがよい

などの場所がよいとされております。
また、山間部などにある墓地(霊園)では、大雨などのときの地盤についても調べておくとよいでしょう。

POINT5 設備面

細部まで心の行き届いた設備

管理事務所や休憩所だけではなく、遠方よりお参りに来ていただいた方を考えると駐車場の完備や法要設備の有無や規模は重要なポイントです。
また最近では、お年寄りや車椅子の方などが無理無くお参りできるように配慮された、「バリアフリー」を取り入れられた墓地(霊園)も増えてきております。
墓地(霊園)は、永くお付き合いをするところです。是非、実際に足を運ばれることをオススメ致します。

POINT6 管理面

管理体制を予め調べておきましょう

墓地(霊園)では、管理者が定期的な清掃や見回ります。
しかし、管理事務所が無かったり、管理人もいない墓地では清掃や備品等の管理が行き届かない墓地もあります。
やはり綺麗な墓地(霊園)を皆様はお探しになられると思いますが、このポイントはしっかり抑えましょう。


このページのトップへ