HOME > スタッフブログ

スタッフブログ

和歌山県でも基礎工事を行うお墓もあるのです!

以下のブログからの続きです。
和歌山県日高郡みなべ町の寺院境内墓地にて墓所調査


「和歌山県でも基礎工事を行うお墓もあるのです!」って不思議なタイトルですが、
実は和歌山県ではお墓を建てる際に基礎工事を行わないのです。

中には、基礎工事を行っている石材店もあるかも知れませんが、
一般的には地面の上に墓石をポンと置くだけなのが和歌山の墓碑工事です。

ずいぶん前になりますが、和歌山ではなぜ基礎工事をしないのか、
その理由を地元の石材店様に尋ねたことがあります。


その答えは…


基礎工事をすると値段が高くなりお施主様に負担が掛かるから!


…と何とも摩訶不思議な回答がかえってきたのを思い出します。


今回、墓碑建立工事のご注文を頂いております和歌山県みなべ町のT様も、
当初は地元の石材店様との間で商談をされていたようですが、
完全国内加工の国産墓石をご希望なのと、そう遠くない将来において、
東南海地震が起こるのではないかと言われている地域だけに、
やはりしっかりとした基礎工事と免震施工は不可欠と判断され、
あえて遠く離れた兵庫県神戸市の私どもにご依頼を頂いた次第です。


0719_1.JPG

0719_2.JPG

基礎工事を行うにあたり、先ずは墓所内を30㎝ほど掘り下げます。


0719_3.JPG

そして、割栗石を敷き詰め「たこ」という道具を用いて地面を突き、
何度も繰り返しながら地面を押し固めていきます。

最近ではジャンピングランマーという建設機械を使うことが多いのですが、
今回の墓所は隣地墓所との境界石が共用となっております関係上、
強い振動による隣地墓碑への影響を考え「たこ」を使用いたしました。


0719_4.JPG

0719_5.JPG

十分に転圧をした上に砕石を入れ、カロート(納骨室)設置位置の下部に、
D10(直径10㎜)の鉄筋を配筋してコンクリートで固めていきます。


0719_6.JPG

ご遺骨を納めるカロートの中には綺麗な真砂土を入れ、
周囲には再び割り栗石を入れ、たこで突き固めていきます。


0719_7.JPG

0719_8.JPG

さらに細かなピッチで鉄筋を組み、水抜き穴確用のパイプを設置し、
すべての鉄筋配筋作業が終わり、後は生コン車の到着を待つだけです。

カロートの設置位置が墓地の中央ではなく左に寄っているので、
おかしく思われるかも分かりませんが下の図面をご覧ください。


0719_9.jpg

今回は、7.5寸神戸型3重台サイズの墓石に加え、
墓石の右側に霊標(墓誌)の設置をご希望されましたので、
墓所のスペース上、中央に墓石を配置することが出来ないため、
全体のバランスを考慮してこのようなレイアウトにて設計させて頂きました。


0719_10.jpg

地元の業者さんに依頼しておりました生コン車が到着し、
いよいよ、これから基礎工事生コン打設工事の開始です。


0719_11.JPG

和歌山では珍しい、生コンを使用した基礎工事の完成です。


ここから先は、コンクリートが十分に固まるまで、
1カ月ほどの養生期間をおいてから次の工事工程に取り掛かます。


家もお墓も突貫工事は厳禁なのです!


top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

姫路市立名古山霊苑にて、S様のお墓の開眼・納骨法要


0706_a.jpg

以下のブログからの続きです。
S家墓所での霊標、防風灯、塔婆立、設置工事【姫路市立名古山霊苑】


つい先日、天山石にておつくりさせて頂きましたS家のお墓です。

佐賀県、田中直実石材産の天山石を日本三大石材加工地の一つである、
香川県「庵治・牟礼(あじ・むれ)」の卓越した技術を誇る石職人が手掛けた、
完全国内加工の"9寸神戸型2重台墓石"にてご提供させて頂きました。

天山石も、最近では大量に原石が中国に送られており、
中国の石材加工工場で製品加工された墓石が大半を占めます。

「日本の石なのに、どうして中国で加工されるの?」
と、不思議に思われる消費者の方もおられるかと思いますが、
今や天山石に限らず、大島石を筆頭にあらゆる日本の石が中国に送られ、
墓石として出来上がった製品が日本に送られているのです。

日本国内で「国産墓石」として販売されているお墓の8割以上が、
中国の石材加工工場で製品加工された逆輸入品なのです。


詳しくは「国産墓石なら本当に安心?」をご参照ください。

当社では、中国で加工された国産墓石は一切取り扱っておらず、
「日本の石はすべて日本の職人の手で!」という方針を貫いています。



S家墓所は、オーソドックスな形状ながらも外柵(巻石)にアール加工を施し、
全体を優しいイメージでまとめた、シンプルな和型墓石です。


0706_b.jpg

開眼法要が始まる前に、私たちお世話係のスタッフはお施主様墓所に行き、
お掃除や法要道具の設営、そして墓前には数々のお供え物をご用意いたします。


0706_c.jpg

0706_d.JPG

寺院僧侶のご指示により、開眼法要の前に納骨をさせて頂きます。


骨壺のままカロート(納骨室)に納めるのではなく、
晒の布で作った納骨袋にご遺骨を移し替えて納骨します。

この納骨方法は関西方面で近年多くみられる方法で、
カロート内下部に敷き詰めたお土の上にご遺骨を安置いたします。


「人間、大地の自然から生まれ大地の自然に還す」という考え方です。


0706_5.jpg

お墓への納骨が終わると僧侶の読経とともに開眼法要が始まり、
親族代表の方に墓石竿石(棹石)に巻いた晒を除幕して頂きます。


今回はお二人のご子息に除幕をして頂きました。


0706_6.jpg

除幕式が終わると、僧侶の読経に合わせてお焼香をして頂きます。


0706_7.jpg

すべてのご参列者の方にお焼香をして頂くのです。


0706_8.jpg

開眼法要が終わり、ご親族の皆様方で墓前にて記念撮影です。


top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

隣りの墓がなくなると、手抜き工事のボロが出る!【神戸市立鵯越墓園】

「墓じまい」につき、Y家墓所の解体・撤去・処分工事です。

それぞれのお家には様々なご事情があるかと思いますが、
こうして、一つのお墓がなくなるのはとても残念なことです。

東京や大阪、神戸など都市部の公営墓地は敷地に余裕がなく、
ほとんどの霊園・墓園では、隣りや後ろの墓所との間隔がありません。


神戸市営墓地である鵯越墓園も例外ではありません。


神戸市立鵯越墓園の造成が始まった昭和40年代の頃は、
墓地の申し込み者が多く、一区画でも多く確保する必要がありました。

今日のように「墓じまい」の時代が来るなんて予想もしませんでした。


61_1.jpg

悲しいかな、Y家墓所の右隣の墓所もすでに更地となっています。


この辺りのお墓はみんな昭和40年代に建てられたものが多く、
その当時は、隣りや後ろのお墓がなくなるなんて考えもしません。


施工を請け負った石材店もそう思っていたでしょう。


前述の通り、神戸市営墓地は両隣りと後ろの墓地とがひっついています。


両隣りと後ろに、すでにお墓が建っている墓地を選んだら、
自分のお墓は、外柵(巻石)の前側部分の石しか見えないのです。


そのため、見えない左右・後ろ側部分に手抜き工事が多いのです。


昔ほどではないにしても、今でも多少はその傾向にあります。


61_2.JPG

Y家墓所の解体工事が進んでいくにつれ、これまで見えなかった、
左側の墓所と後ろの墓所の隠れていた外柵(巻石)の下部が姿を現します。


61_3.JPG

後ろ側の墓所はモルタルを塗っていましたが中までは分かりません。


61_4.JPG

左側の墓所の施工はひどいものです。


石のガラ(処分の対象)を詰め込んだだけの状態です。


いわゆる、手抜き工事です!


この手抜き工事をした石材店も、まさか隣のお墓がなくなって、
こんなところでボロが出るなんて思っても見なかったでしょう!


61_5.jpg

通常の工法ならば「間知石(けんちいし)」という割石を四方に積んで、
その上に、延石を設置して外柵(巻石)工事を行うのですが、
既に左右、後ろにお墓が建っていて見えないので手抜きをしたのでしょう。


61_6.JPG

崩れてくる恐れがありますので、とりあえずの応急処置を施します。


61_7.JPG

掘り起こした部分に真砂土を入れ埋め戻して解体工事の終了です。


この様に、隣りの墓がなくなると手抜き工事のボロが出るのです!


しかし、それに気が付くのはいつのことになるやら...
隣りや後ろのお墓がある限りは分からないのですから。


今も昔も手抜き工事は、すべて人災です。

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

S家墓所での霊標、防風灯、塔婆立、設置工事【姫路市立名古山霊苑】

墓石本体への地震対策は、石材用ボンドだけでは不安なため、
「震度7」に対応した墓石用免震ゲル「安震はかもり®」を用います。


0530_1.jpg

墓石本体の据付工事も終わり、最終の付属品設置工事です。


付属品とは「霊標(墓誌)」「防風灯」「塔婆立」などです。


付属品と言えども、石製品なので結構な重量があります。
霊標(墓誌)ならば、100㎏程度の重さでしょう。

墓石を据付する際には、下部にカロート(納骨室)があり、
さらにその下には、鉄筋コンクリートの基礎工事があり、
これらで、墓石全体の重量を支えているのですが、
付属品の設置となると、下部にモルタルを敷く程度の施工が一般的です。

しかし、墓石に比べると確かに軽いかも知れませんが、
100kgの重さと言えば、かなりの重量物となりますので、
長い年月と共に自重で下部のモルタルが下がり、
付属品自体が傾いてしまう原因に繋がる恐れがあります。

そのため、付属品の設置と言えども、各設置位置の下部に、
基礎の役割をするためのブロックを敷いていきます。



0530_2.JPG

防風灯(小型燈明立)設置用の基礎ブロックの設置です。


0530_3.JPG

奥側が、塔婆立用、手前が物置石設置用の基礎ブロックです。


0530_4.JPG

そして、最後に霊標(墓誌)設置用の基礎ブロックです。


0530_5.jpg

0530_6.jpg

これらの基礎用ブロックの上に、石材用ボンドを用いて、
霊標(墓誌)、塔婆立、防風灯等の付属品を設置いたします。

墓所内全体に、天然化粧玉砂利を敷き詰めますので、
基礎用ブロックは隠れて見えませんので美観上も問題ありません。


0530_7.jpg

これにて、S家墓碑建立工事がすべて終了いたしました。


中国・黒龍江省産の高級青みかげ石「G1704・K12」を使用した、
オーソドックスな「くり階段式巻石」の外柵デザインですが、
前部分の部材すべてをアール加工仕上げにさせて頂きました。


アーチ状になっている墓地に上手く納まりました。


墓石本体と霊標には、佐賀県・田中直実石材産の天山石を使用し、
香川県、庵治・牟礼の石職人が手掛けた完全国内加工製品です。

墓石、霊標に彫刻された文字は、もちろん書家直筆の文字です。
モザイクがかかって、お見せできないのが残念です。

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

MO家霊標(墓誌)への追加文字彫刻の下準備【神戸市立鵯越墓園】

8年前の平成20年(2008年)にお墓を建てられたMO様。


0528_1.jpg

世界一赤いみかげ石と言われる、インド産の「ニューインペリアル」と、
中国・福建省で産出される淡いピンクの色目が特徴の「G663」を使用した、
明るい色目が特徴の、ツートンカラーのオリジナルデザイン墓石です。
  

0528_2.jpg

建墓時には、平成19年にお父様を亡くされておられたため、
墓石右側の霊標(墓誌)には、亡き父のお戒名等が刻まれました。

そして、この度お母様がお亡くなりになられたとの事で、
霊標(墓誌)への追加文字彫刻のご依頼を賜りました。

霊標に文字を彫刻するためには、先ずは彫刻原稿の作成が必要です。
亡くなられたお母様のお戒名、没年月日等の原稿が必要なのです。

最近では、パソコンのフォントを使用する業者が多い中、
弊社では書家直筆の文字を使用している関係上、
書家の先生に文字を書いて頂く必要があります。

しかし、文字を書いて頂くと言っても、今現在彫刻されている、
亡きお父様のお戒名等の文字の大きさや行間などと合わせて、
新たに亡きお母様の文字を書いて頂く必要があります。

そのためには、今現在彫刻されている霊標の文字を、
拓本を取って写し取ってくる作業から始めないといけません。


0528_3.JPG

先ずは、霊標に白い無地の紙を当ててセロハンテープで固定します。

この作業ですが、風が強い日にはなかなかうまく貼れないのです。


0528_4.jpg

霊標に貼り付けた紙の上から、彫刻を施してある文字辺りを、
カーボン紙や鉛筆などでこすり、文字を写し取ります。


これで、拓本の完成です。


この拓本の文字の大きさに合わせて、書家に文字を書いてもらいます。


0528_5.jpg

書家直筆によるお戒名等の文字が書き上がりましたので、
コピーをお施主様に送り、間違いがないかを確認して頂きます。

実際には、お名前の文字は旧漢字であったり、
没年齢が違っていたり等、間違いは結構あるものです。


この段階では、いくらでも修正が可能ですが、
彫刻後に分かったところで、きれいに修正は出来ません。



そのためには、ご位牌や過去帳はもちろんのこと、除籍謄本などを見て、
一文字一文字、ゆっくりと時間をかけて確認をして頂くことが大切です。


納骨式の際に、親戚やご住職が彫刻した文字を見られて、
間違いにはじめて気づかれるという例もあります。


皆さま、墓石等への文字彫刻には十分に気をつけてください。


top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

和歌山県日高郡みなべ町の寺院境内墓地にて墓所調査

私ども第一石材から170㎞ほど離れた和歌山県日高郡みなべ町のT様から、
墓碑建立のご依頼を受け、先日墓地の測量等現地調査に行ってまいりました。


和歌山地方の墓石建立建立工事では一般的に基礎工事を行いません。


地面の上に墓石をポンと置いただけなのです。
もちろん、カロート(納骨室)もありません。


staff_0517.jpg

よく見ると、傾いているお墓がたくさんあります。

お墓のカタチや施工方法は、その地域によって大きく異なりますし、
同じ地域であっても、石材店ごとに構造や工法が違います。

お墓の工事には建築基準法の様な規定法律がありませんので、
全国統一工法的な基準工法がないというのも原因の一つです。

この度の熊本地震でも数多くの墓石が倒壊しました。
地震国日本に於いては、いつどこで地震が起こっても不思議ではありません。

それだけに、これまでの慣習的な部分もあるでしょうが、
新しい工法等を取り入れることも必要ではないかと思います。

弊社では、直径10㎜の鉄筋を15㎝ピッチで組み上げ、
生コンを使用させて頂く「べた基礎」にて基礎工事をさせて頂きます。

T様が、わざわざ遠く離れた弊社をお選びになられた理由の一つが、
この基礎工事を含む、頑強な耐震工法なのです。


staff0517b.jpg

地震に強いお墓をおつくりさせて頂くことは当然のことですが、
やはり、見た目のデザインやバランスも大切な要件です。


どの部材をとこに、どの様に配置するかで大きく変わります。


そのためには、きちんと現地を測量することが先ずは第一歩なのです。

top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

鵯越墓園4㎡もくせい地区

鵯越墓園もくせい4㎡.JPG

鵯越墓園もくせい4㎡ (2).JPG

鵯越墓園3㎡もくせい地区

鵯越墓園もくせい3㎡.JPG

鵯越墓園もくせい3㎡ (2).JPG

鵯越墓園3㎡はくちょうげ地区

鵯越墓園はくちょうげ3㎡.JPG

鵯越墓園はくちょうげ3㎡ (2).JPG

鵯越墓園3㎡ねむのき地区

鵯越墓園ねむのき3㎡.JPG

鵯越墓園ねむのき3㎡ (2).JPG

12

アーカイブ

このページのトップへ