HOME > スタッフブログ > 和歌山県でも基礎工事を行うお墓もあるのです!

スタッフブログ

< 姫路市立名古山霊苑にて、S様のお墓の開眼・納骨法要  |  一覧へ戻る

和歌山県でも基礎工事を行うお墓もあるのです!

以下のブログからの続きです。
和歌山県日高郡みなべ町の寺院境内墓地にて墓所調査


「和歌山県でも基礎工事を行うお墓もあるのです!」って不思議なタイトルですが、
実は和歌山県ではお墓を建てる際に基礎工事を行わないのです。

中には、基礎工事を行っている石材店もあるかも知れませんが、
一般的には地面の上に墓石をポンと置くだけなのが和歌山の墓碑工事です。

ずいぶん前になりますが、和歌山ではなぜ基礎工事をしないのか、
その理由を地元の石材店様に尋ねたことがあります。


その答えは…


基礎工事をすると値段が高くなりお施主様に負担が掛かるから!


…と何とも摩訶不思議な回答がかえってきたのを思い出します。


今回、墓碑建立工事のご注文を頂いております和歌山県みなべ町のT様も、
当初は地元の石材店様との間で商談をされていたようですが、
完全国内加工の国産墓石をご希望なのと、そう遠くない将来において、
東南海地震が起こるのではないかと言われている地域だけに、
やはりしっかりとした基礎工事と免震施工は不可欠と判断され、
あえて遠く離れた兵庫県神戸市の私どもにご依頼を頂いた次第です。


0719_1.JPG

0719_2.JPG

基礎工事を行うにあたり、先ずは墓所内を30㎝ほど掘り下げます。


0719_3.JPG

そして、割栗石を敷き詰め「たこ」という道具を用いて地面を突き、
何度も繰り返しながら地面を押し固めていきます。

最近ではジャンピングランマーという建設機械を使うことが多いのですが、
今回の墓所は隣地墓所との境界石が共用となっております関係上、
強い振動による隣地墓碑への影響を考え「たこ」を使用いたしました。


0719_4.JPG

0719_5.JPG

十分に転圧をした上に砕石を入れ、カロート(納骨室)設置位置の下部に、
D10(直径10㎜)の鉄筋を配筋してコンクリートで固めていきます。


0719_6.JPG

ご遺骨を納めるカロートの中には綺麗な真砂土を入れ、
周囲には再び割り栗石を入れ、たこで突き固めていきます。


0719_7.JPG

0719_8.JPG

さらに細かなピッチで鉄筋を組み、水抜き穴確用のパイプを設置し、
すべての鉄筋配筋作業が終わり、後は生コン車の到着を待つだけです。

カロートの設置位置が墓地の中央ではなく左に寄っているので、
おかしく思われるかも分かりませんが下の図面をご覧ください。


0719_9.jpg

今回は、7.5寸神戸型3重台サイズの墓石に加え、
墓石の右側に霊標(墓誌)の設置をご希望されましたので、
墓所のスペース上、中央に墓石を配置することが出来ないため、
全体のバランスを考慮してこのようなレイアウトにて設計させて頂きました。


0719_10.jpg

地元の業者さんに依頼しておりました生コン車が到着し、
いよいよ、これから基礎工事生コン打設工事の開始です。


0719_11.JPG

和歌山では珍しい、生コンを使用した基礎工事の完成です。


ここから先は、コンクリートが十分に固まるまで、
1カ月ほどの養生期間をおいてから次の工事工程に取り掛かます。


家もお墓も突貫工事は厳禁なのです!


top_img_1604_520x265.png

top_bnr_inquiry_site_520x85.png

< 姫路市立名古山霊苑にて、S様のお墓の開眼・納骨法要  |  一覧へ戻る

このページのトップへ