5つの約束 about_bnr.jpg アクセス 営業エリア 第一石材CM映像「お墓参りと就職編」
  • お墓のQ&A
  • お墓が出来るまで
  • 第一石材のこだわり
  • はじめての方へ
  • お墓を建てる

  • 原産地から選ぶ
  • 色から選ぶ
  • 価格で選ぶ

HOME > 社長ブログ お墓の情報満載!! > アーカイブ > 2018年6月アーカイブ

社長ブログ お墓の情報満載!! 2018年6月アーカイブ

お墓なんて、どの石材店で建てても同じ?... 「いいえ、違うのです!」 当社のお墓には選ばれる理由があるのです。(その3)

目次

[(その1)"防水構造を供えたお墓"「信頼棺®」の三つの大きな特徴]

[(その2)「信頼棺®」が産んだ次の課題...]

(その3)石材店として一番言いたくない言葉

石材店でなくとも、この言葉は言いたくないと思います。


それは...、「できません」という言葉です。


180627_1.jpg


もちろん、お客様がとんでもない低価格を要望される時や、
どう考えても無理な短納期を要望される時は、
お伝えすべき言葉として「できません」と言うことが必要な時もあります。

また、お客様の墓地が、最初から石材店が決まっている場合も同様で、
残念ながら当社としてご協力できることは皆無に近いので、
大変申し訳ないのですが「できません」とお伝えします。

しかし、技術的な問題や、当社の商品の仕入れの事情等で、
お客様の要望にお応えできない時の「できません」は、
私にとっては、本当に言いたくない言葉の筆頭に挙げられます。

可能な限りお客様の要望をお伺いして、お客様のお墓の問題解決を、
やりがいの一つとしている私にとっては、ある意味で敗北宣言と同じなのです。


180627_2.jpg

本当に自信を持って世に送り出した「信頼棺®」が理由となってしまい、
お客様に「できません」とお伝えする時は本当に複雑な気分です。

「残念ながら、お客様の墓地で信頼棺の仕様はできません...。」
これをお伝えする時が、一番辛い言葉になりつつありました。

実は、「信頼棺®」は、お墓の中に水が入らないだけでなく、
頑丈で念入りな仕様のために、お墓の土台となる芝台が通常より大きく、
一定の墓地の長さ(奥行)が必要となってきます。

開発当初よりさまざまな工夫を重ね続けまして、
ある程度のサイズに抑えることはできたのですが、
それでも収まらない墓地のお客様が時々おられます。

そして、当社の営業範囲が徐々に広まれば広まるほど、
「信頼棺®」が適用できないお客様が増える印象さえありました。

当社の現場監督が、お客様の墓地を下見に行く際には、
何とか「信頼棺®」が建てられる広さがあってほしい...と送り出している、
少し消極的になっている自分もいました。

しかし、私が「できません」という言葉を言いたくない以上に、
お客様の方が「できません」が聞きたくない言葉なのは間違いありません。


180627_3.jpg

お客様に大変申し訳ないですが...と、事情を説明させていただくと、
ほとんどのお客様は「仕方がないですね...」とは言っていただけます。


それは納得や満足とは程遠い、あきらめであるのは紛れもない事実でした。


「信頼棺®」の仕様ではない、従来の仕様でお墓を建てさせていただくと、
結果的には、お客様は「立派な良いお墓が建った!」と喜んでいただけます。

当社の従来の仕様も、しっかりと必要なコストを掛けた良いお墓ですし、
自信を持って販売させていただいていた仕様ですから、
喜んでいただいているお客様の反応は本物で間違いないのでしょう。

お墓の販売だけに限らず、一般的には他の商売でも同じだと思いますが、
契約が成立し、お客様が満足され、代金を頂戴できれば問題はありません。


「何の問題があるのか?」と考えることもできるでしょう。


しかし、私は、そういう風に考えることができないタイプの人間の様で、
より良い仕様があるのに、お客様に技術的な事情で、
ご提供できていない事実が、もう私には我慢できなくなりつつあったのです。

お客様の満足と引き換えに頂戴するのが代金なのですが、
仮にお客様が満足していても、代金を頂戴するのが心苦しい気分なのです。

全体の一割にも満たないお客様ですが、残念な思いをさせてしまっている。
それは九割以上のお客様に喜んでいただいている以上に気になるのです。




お墓なんて、どの石材店で建てても同じ?... 「いいえ、違うのです!」 当社のお墓には選ばれる理由があるのです。(その4)へ続く




「信頼棺®」は登録商標、特許出願・実用新案登録の技術につき、
限られた正規加盟店だけが取扱いできる新構造の墓石です。


類似品・粗悪品にはくれぐれもご注意ください!



「信頼棺®」は、和墓・洋墓・デザイン墓石など、
あらゆるカタチのお墓に対応しております。



"納骨室に水が入らないお墓"に関心がある方は当社にご相談ください。


180627_4.jpg

(一社)日本石材産業協会認定「お墓ディレクター1級」資格を有する、
私、能島孝志が「お墓・墓石の無料相談」をさせていただいております。


お墓のことで悩みを抱えておられませんか?


180627_5.jpg

なお、「お墓・墓石の無料相談」のご対応につきましては、
個別相談につき、完全予約制とさせていただいております。


ご予約は、コチラの「予約カレンダー」をご参照ください。

相談は何回でも全て無料でございます。


また、当社では、しつこい売り込みや後追い営業や、
電話によるセールスも一切いたしませんので、
どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。


第一石材はこんな会社→「3分間・会社紹介映像」

たくさんの方から頂いた「お客様の声・口コミ」

さまざまなメディアに取り上げていただきました。

お墓選びは、まずは墓石ショールームを見てから!

納骨室に水が入らない特許出願墓石「信頼棺®」

官公庁、大手企業様など計24団体様と指定店・特約店契約

お墓・墓石の無料相談のご予約はコチラから!


top_img_1604_520x265.png


お墓なんて、どの石材店で建てても同じ?... 「いいえ、違うのです!」 当社のお墓には選ばれる理由があるのです。(その2)

目次

[(その1)"防水構造を供えたお墓"「信頼棺®」の三つの大きな特徴]

(その2)「信頼棺®」が産んだ次の課題...

当社、㈱第一石材は兵庫県の神戸市にあるのですが、
来られるお客様は徐々に関西を中心に広がっていき、
関東にまで、神戸市の石材店がお墓の契約を頂戴するという、
インターネットが今ほど発展していなかった当社の開業時からは、
想像もできなかった嬉しい話もございます。


しかし、同時に新たな課題が出てきていることに気づいていました。


お墓は地域の風習や考え方が色々とあります。


当社は神戸市を中心に営業をしておりますが、
比較的広い都道府県である兵庫県内だけでも色々と地域の違いがあります。

有り難いことに、お隣の大阪府のお客様も増えましたし、
関西だけでもいろんな地域のお客様とご縁が繋がりまして、
営業範囲が広まるほど、さまざまな地域のお墓事情を知ることになります。

驚くほど広い墓地の地域もあれば、都市部では地価も高いので、
その影響もあり、かなりコンパクトな墓地が中心となる傾向があります。


180621_1.JPG

当社は、神戸市の公営墓地のお客様が多く、
ある程度の広さがある墓地が中心なので、あまり問題なかったのですが、
このコンパクトな墓地で、新たな「信頼棺®」の課題が出てきたのです。

前のブログに掲載の、三つの「信頼棺®」の大きな特徴によって生まれた課題で、
大きな壁となり、解決には想像以上に苦戦をすることになりました...。


お墓の基本はオーダーメイドです
お客様は御存知ないことが多いですが、お墓は基本的にオーダーメイドです。


墓地を拝見して、お客様の希望や意見を盛り込み、
具体的な形にしていくのは、石材店の腕の見せ所でもあります。


180621_2.JPG

しかし、「信頼棺®」に付け加えた大きな三つの機能は、
大変メリットのある素晴らしい機能なのですが、
従来では、石の専用接着剤や金具で別々の石を固定していた部分を、
敢えて一つの大きな石で設計しているので、
さまざまな制限を新たに設計上で作ることになりました。

その制限があるために、コンパクトな墓地では、
「信頼棺®」の仕様で、お墓を建てられないお客様が出始めていたのです。


お墓なんて、どの石材店で建てても同じ?... 「いいえ、違うのです!」 当社のお墓には選ばれる理由があるのです。(その3)へ続く



「信頼棺®」は登録商標、特許出願・実用新案登録の技術につき、
限られた正規加盟店だけが取扱いできる新構造の墓石です。

類似品・粗悪品にはくれぐれもご注意ください!



「信頼棺®」は、和墓・洋墓・デザイン墓石など、
あらゆるカタチのお墓に対応しております。



"納骨室に水が入らないお墓"に関心がある方は当社にご相談ください。


180621_3.jpg

(一社)日本石材産業協会認定「お墓ディレクター1級」資格を有する、
私、能島孝志が「お墓・墓石の無料相談」をさせていただいております。


お墓のことで悩みを抱えておられませんか?


180621_4.jpg

なお、「お墓・墓石の無料相談」のご対応につきましては、
個別相談につき、完全予約制とさせていただいております。


ご予約は、コチラの「予約カレンダー」をご参照ください。

相談は何回でも全て無料でございます。


また、当社では、しつこい売り込みや後追い営業や、
電話によるセールスも一切いたしませんので、
どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。


第一石材はこんな会社→「3分間・会社紹介映像」

たくさんの方から頂いた「お客様の声・口コミ」

さまざまなメディアに取り上げていただきました。

お墓選びは、まずは墓石ショールームを見てから!

納骨室に水が入らない特許出願墓石「信頼棺®」

官公庁、大手企業様など計24団体様と指定店・特約店契約

お墓・墓石の無料相談のご予約はコチラから!


top_img_1604_520x265.png

 

 


お墓なんて、どの石材店で建てても同じ?... 「いいえ、違うのです!」 当社のお墓には選ばれる理由があるのです。(その1)

(その1)"防水構造を供えたお墓"「信頼棺®」の三つの大きな特徴

ご親戚のお墓の中が水浸しとなっていて、
「絶対にお墓の中に水を入れたくない!」


180617_1.jpg

180617_2.jpg

...と、大変強い気持ちを持って来られた、
ある一人のお客様のご要望に応えるかたちで、
"防水構造を備えたお墓"「信頼棺®」は誕生しました。


180617_3.jpg

"防水構造を供えたお墓"「信頼棺®」について詳しくはコチラまで!
└ https://www.daiichisekizai.com/shinraikan/

お陰様で想像をはるかに上回る反応と多くのお問い合わせを頂き、
三年ほどで、当社に来られるお客様のほとんどが「信頼棺®」の仕様を、
もう迷わずに選択されるようにまでになりました。


本当に有り難く、お客様には感謝の気持ちでいっぱいです。


以下に挙げる「信頼棺®」の三つの大きな特徴は、
大きなメリットをお客様に感じていただけています。


1.お墓の中の納骨室(カロート)に水が入らない。

大切なご先祖様や、ご家族のお骨を雨だけでなく、
虫などの侵入などのトラブルからも「信頼棺®」はお守りします。

2.段違いの強度で震度7でも耐える耐震性。

お墓は重心が高く基本的に倒れやすい構造なのですが、
従来の構造とは全く違うだけでなく、免震ゲル「安震はかもり®」を採用。
地震対策においても、段違いの安心をお約束します。

3.長期間修理も不要な耐久性。

お墓の修理は不要と思われているお客様が多いのですが、
念入りな仕様でないと、わずか10年ぐらいで修理が必要な時もあります。

「信頼棺®」は、石を合わせて金具での補強箇所を敢えて減らして、
贅沢に一つの石で設計しており、更に修理の発生自体が考えにくいです。


この様に、お客様のメリットも多いのですが、
より多くの石が必要となるだけでなく、精度の高い石の加工技術や、
全体の重量が増えるので、更に念入りな工事も必要となります。


全体の重量が増えるので、更に念入りな工事も必要となります。


従来のお墓の構造より、少々価格は高くなるのですが、
その最大のデメリットがあっても、お客様には大変喜んでいただけております。


私は石材店として、今までにない手応えを感じていました。



お墓なんて、どの石材店で建てても同じ?... 「いいえ、違うのです!」 当社のお墓には選ばれる理由があるのです。(その2) へ続く




「信頼棺®」は登録商標、特許出願・実用新案登録の技術につき、
限られた正規加盟店だけが取扱いできる新構造の墓石です。

類似品・粗悪品にはくれぐれもご注意ください!


「信頼棺®」は、和墓・洋墓・デザイン墓石など、
あらゆるカタチのお墓に対応しております。


"納骨室に水が入らないお墓"に関心がある方は当社にご相談ください。


180617_4.jpg

(一社)日本石材産業協会認定「お墓ディレクター1級」資格を有する、
私、能島孝志が「お墓・墓石の無料相談」をさせていただいております。


お墓のことで悩みを抱えておられませんか?


180617_5.jpg

なお、「お墓・墓石の無料相談」のご対応につきましては、
個別相談につき、完全予約制とさせていただいております。


ご予約は、コチラの「予約カレンダー」をご参照ください。

相談は何回でも全て無料でございます。


また、当社では、しつこい売り込みや後追い営業や、
電話によるセールスも一切いたしませんので、
どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。



第一石材はこんな会社→「3分間・会社紹介映像」

たくさんの方から頂いた「お客様の声・口コミ」

さまざまなメディアに取り上げていただきました。

お墓選びは、まずは墓石ショールームを見てから!

納骨室に水が入らない特許出願墓石「信頼棺®」

官公庁、大手企業様など計24団体様と指定店・特約店契約

お墓・墓石の無料相談のご予約はコチラから!


top_img_1604_520x265.png


お墓・墓石選びの重要なポイントの一つに、「水を吸いにくい石を選ぶ!」が挙げられますが...

石の「吸水率」と墓石への影響

近年、一般消費者が墓石に使用する石材を選ぶ際に、
多くの方が気にされるのが、石の「吸水率」です。


いわゆる、「水を吸いにくい」かどうかを表す数値です。


石は天然素材のため、人間に毛穴があるように、
石にも細かい穴や隙間が数多くあるのです。

これらの穴や隙間の程度により、「水を吸いやすい」、
「水を吸いにくい」、「水を吸うが抜けやすい」、
「水を吸って抜けない」などの差が生じます。


180613_1.jpg

吸水率の高い石でつくった墓石は、水シミができ、
見栄えが悪いだけではなく、含んだ水が抜けきれず、
墓石内に蓄積されると、変色やツヤの劣化につながり、
冬場に、内部の水分の凍結から、ひび割れの恐れがあるなど、
長期間の使用において、耐久性にも影響してきます。

このような理由から、吸水率の低い石、もしくは、
若干吸水率は高いが、水が抜けやすい石を選ばれる傾向にあります。

「水を吸いにくい石」の墓石でも、お墓の中は水浸し?

「見た目が悪い」、「変色やツヤがなくなるのはイヤ!」、
などの理由で、水を吸いにくい石を選んでお墓を建てたとしても、
大切な方のお骨を納める、お墓の中で最も大切な場所である、
カロート(納骨室)に水が入ることをご存じですか?


水を吸いにくい石を選んでも、お墓の中は水浸しかも... 


これまでに何度もブログに書かせていただいておりますが、
富山県の一部の地方など、ごくわずかの地域の墓石を除いて、
全国のほぼ全ての墓石は水が入ってしまう構造なのです。


180613_2.jpg
また、水だけではなく、ムカデやクモのすみかになり、
ハチが巣を作ったりすることもあるのです。


180613_3.jpg

見た目や、さまざまなリスクを回避するために、
水を吸いにくい石種を選んで建てたのに、お墓のカロートの中が、
まさか、水や虫が入り込む状態になっていることを、
一般消費者のほとんどは知る由もありません。


私ども㈱第一石材は、このお墓の水問題を解決いたしました。



180613_4.jpg

それが、特許出願・実用新案登録の独自構造墓石、
"納骨室に水が入らないお墓"「信頼棺®」です。
「信頼棺®」の墓石は、カロート(納骨室)に水が入らず、
大切なご先祖様や、ご家族のお骨を雨だけではなく、
虫などの侵入によるトラブルからもお守りいたします。

また、従来構造の墓石と比べて段違いの耐震性と、
長期間修理不要の耐久性も兼ね備えております。

「信頼棺®」は登録商標、特許出願・実用新案登録の技術につき、
限られた正規加盟店だけが取扱いできる新構造の墓石です。

類似品・粗悪品にはくれぐれもご注意ください!


「水を吸いにくい石」を選ばれることも重要でしょうが、
「お墓の中に水が入る」ことも考えてみてはいかがでしょう!



「信頼棺®」は、和墓・洋墓・デザイン墓石など、
あらゆるカタチのお墓に対応しております。



"納骨室に水が入らないお墓"に関心がある方は当社にご相談ください。


180613_5.jpg

(一社)日本石材産業協会認定「お墓ディレクター1級」資格を有する、
私、能島孝志が「お墓・墓石の無料相談」をさせていただいております。


お墓の水問題で悩みを抱えておられませんか?


180613_6.jpg

なお、「お墓・墓石の無料相談」のご対応につきましては、
個別相談につき、完全予約制とさせていただいております。


ご予約は、コチラの「予約カレンダー」をご参照ください。

相談は何回でも全て無料でございます。


また、当社では、しつこい売り込みや後追い営業や、
電話によるセールスも一切いたしませんので、
どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。



第一石材はこんな会社→「3分間・会社紹介映像」

たくさんの方から頂いた「お客様の声・口コミ」

さまざまなメディアに取り上げていただきました。

お墓選びは、まずは墓石ショールームを見てから!

納骨室に水が入らない特許出願墓石「信頼棺®」

官公庁、大手企業様など計24団体様と指定店・特約店契約

お墓・墓石の無料相談のご予約はコチラから!


top_img_1604_520x265.png


理想のコラボ!「究極のデザイン墓石」×「納骨室に水が入らないお墓」

おしゃれな街、神戸にふさわしいデザイン墓石

「四角い石を3~4段積み上げた、一般的な和型墓石
はイヤ!近年よく聞くおしゃれなデザインのお墓にしたい」

...とは言っても、どんなデザインが良いか分からないし、
墓地や霊園内を見回ってみても、ピンと来るデザインがない!

思い切って、近所の石材店に飛び込んで相談したものの、
気に入ったデザインを提案してもらえなかった。


180604_1.jpg


こんな方々にご紹介するのが、北海道を拠点に活躍しておられる、
新進気鋭の墓石デザイナー・福田和哉氏が手掛ける墓石ブランド、
「casa memoria カーサメモリア®」の究極のデザイン墓石です。

カーサメモリアが、祈りの対象であることを根底に考えるコンセプトは、
「モダンでありながらも何処か懐かしさを感じる、和の心を持つお墓」。

単に奇抜なだけの墓石ではなく、派手になりすぎないよう、
シンプルモダンを基調に、主張しすぎないデザインが特徴です。

霊園ガイド主催の「墓石大賞」受賞5度の実績を誇る㈱第一石材では、
「カーサメモリアを豊富な94種類のデザインにて展開しており、
ご予算やご希望に合わせて使用石種の変更やアレンジも可能で、
墓地の広さに合わせてサイズ変更の上、デザイン修正をいたします。

神戸市立鵯越墓園・舞子墓園・西神墓園に当選された方には、
おしゃれな街、神戸にふさわしいデザイン墓石です。 

「casa memoria カーサメモリア®」×「信頼棺®」

富山県の一部など、全国のごく一部の地域を除き、
ほぼ全ての地域の墓石は、水が入ってしまう構造なのです。


「そんなことはない」と思われるかも分かりませんが事実なのです。


もちろん、関西地方のほとんどのお墓も水が入ります。


180604_2.jpg

それも、大切な方のお骨を納めるところに水が入るのです。


水はけの悪い墓地では溜まった水が抜けず、
お骨が水の中でプカプカと浮いていることもあります。


これは、お墓の構造自体に問題があるのです。


180604_3.jpg

また、水が入るだけではなく、クモやハチが巣を作ったり、
ムカデやゲジゲジなどが住み着いたりすることもあります。

しかし、この事実を知っている消費者はほとんどいませんし、
業界としても、「構造上仕方がない」と済ませてきました。


180604_4.jpg


「納骨室に水が入るのは絶対にイヤ!」という、一人のお客様の声を受け、
私ども、㈱第一石材では、これまでのお墓の構造を根本的に見直し、
特許出願・実用新案登録済みの当社独自構造である、
"納骨室に水が入らないお墓"「信頼棺®」を開発しました。


もちろん、「カーサメモリア」も「信頼棺®」仕様でのご提供です。


シンプルモダンの洗練されたデザイン墓石「カーサメモリア」と、
新開発の"納骨室に水が入らないお墓"「信頼棺®」の組み合わせ。


180604_5.jpg

"究極の美しさ"と"安心の構造"を併せ持った、
理想のコラボの「オリジナルデザイン墓石」が誕生しました。


当社「墓石ショールーム」でぜひ実物をご覧ください。(要予約)


「casa memoria カーサメモリア®」は、兵庫県内では、
唯一、私ども、㈱第一石材だけの取り扱いです。
└ http://www.casa-memoria.jp/lineup.html


"納骨室に水が入らないお墓"「信頼棺®」の取り扱い石材店はコチラ!
└ https://www.daiichisekizai.com/shinraikan_shop/



シンプルモダンでおしゃれなオリジナルデザイン墓石を、
水が入らない構造で建立を考えている方は当社にご相談ください。


180604_6.jpg

(一社)日本石材産業協会認定「お墓ディレクター1級」資格を有する、
私、能島孝志が「お墓・墓石の無料相談」をさせていただいております。


お墓のあらゆる悩みを抱えておられませんか?


180604_7.jpg

なお、「お墓・墓石の無料相談」のご対応につきましては、
個別相談につき、完全予約制とさせていただいております。


ご予約は、コチラの「予約カレンダー」をご参照ください。

相談は何回でも全て無料でございます。


また、当社では、しつこい売り込みや後追い営業や、
電話によるセールスも一切いたしませんので、
どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。




第一石材はこんな会社→「3分間・会社紹介映像」

たくさんの方から頂いた「お客様の声・口コミ」

さまざまなメディアに取り上げていただきました。

お墓選びは、まずは墓石ショールームを見てから!

納骨室に水が入らない特許出願墓石「信頼棺®」

官公庁、大手企業様など計24団体様と指定店・特約店契約

お墓・墓石の無料相談のご予約はコチラから!


top_img_1604_520x265.png


1

« 2018年5月 | メインページ | アーカイブ | 2018年7月 »

このページのトップへ